Rail20とPursuerで行く Kanさんの旅路

ヤフーブログから移転しました もともとオートバイ主体のブログでしたが ミニベロのRail20が楽し過ぎて 自転車ブログになりました さらには 折り畳みミニベロ Pursuerが増車 二台の自転車のサイクルライフを 記すブログになりました よろしくお願いします

2007年05月

イメージ 1

ゲート前(2007/5/5, 7:50 a.m.)







イメージ 2

のんちゃん







イメージ 3

開門(8:20 a.m.)










イメージ 4

八景島、アクアミュージアムへ








イメージ 5

のんちゃん、肩車で入場

















イメージ 6

アザラシの赤ちゃん


かわいい~!






イメージ 7

イメージ 8

アザラシのパパとママ







イメージ 9

ラッコ









イメージ 10

ホッキョクグマのバトル








イメージ 11

セイウチとのんちゃん

















イメージ 12

ペンギンさん






イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15

のんちゃんとペンギンさん

大喜びで追っかけます(笑)

















イメージ 16

おさかな

目がいい味です♪











イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19

ヒトデで遊ぶのんちゃん


生まれて初めて触れる感触…
お水の外に出しちゃダメよ(笑)














イメージ 20

さめ


イメージ 21

イカ




















イメージ 22

のんちゃん、びっくり!

なんともいえず、シュールな光景です(笑)

















イメージ 23

そして、爆睡(笑)












ミュージアムを後に、イベント会場へ♪


イメージ 24


イメージ 25

シロイルカのシンクロナイズドスイミング


世界でもこれを見れるのはここだけ(知らないけれど)







イメージ 26

ねぼけている















イメージ 27

芸達者なオットセイ




イメージ 28

ややうけ












イメージ 29


イメージ 30

イルカ達の舞


オーバーヘッドキックもかますよ♪


えらいなあ、イルカ達。












そんなこんなで、八景島を十二分に楽しんで帰宅しましたよ♪
いろいろあるんですね~!
初めて行きましたが、面白かったです。
そのうち、また行こうね♪

イメージ 31

以上、kan一家でした











GWも終了!
一家でお出かけ出来てよかった♪
さあ、働くよ~(爆)

GWも半ば、たまには!ってことで4日は妻とふたりでバイクで出かけてきました。

(のんちゃんは、義母が面倒を見に来てくれました)



午前中は私がちょっと用事があったもので
お昼前に横浜で集合。

久々にタンデムです…


港の見える丘公園、根岸森林公園を抜けR16、そして首都高、逗葉新道を走り海へ!


R134に出ると、たぶんツーリングライダーの
100人中99人ぐらいは顔が緩むのでは?と思います。

トンネルの向こうは、海




いつ見ても、ステキですね~
って写真が無いので皆様の想像力で補ってください(笑)






















イメージ 1


稲村ヶ崎へ



最初昼食を予定していたお店があったのですが、
諸事情によりそこでの食事は無理となり急遽別のお店へ。



イメージ 2


イメージ 3


お店のテラスから眺めた風景。
海が気持ちいいです。












イメージ 4


風もすごいです…


妻にはシャンパンをおごります。
普段、のんちゃんの面倒を見ていてくれたり
家事をやっていてくれてありがとう♪




























食後は、ちょっと海へ。



イメージ 5


ママと海と江ノ島



初夏の日差しがまぶしいですね~!

















イメージ 6


海で遊ぶ子供達


のんちゃん連れてきたら喜ぶだろうな~!

うう~ん、楽しみですよ!


















イメージ 7



稲村ケ崎とW650





ほら、ライダーはみんなナルシスですから(笑)













海辺にバイクを止めたら、錆びた♪(by嘉門達夫)
























またR134に出ようとしたら、どっかで見たことのあるバイクの二人組が(笑)

(諸般の事情を考慮し、あえてこちらからは詳細は書きません)





イメージ 8


イメージ 9


お騒がせしました


いや、我々好きなことしか言わないもので…
本当にすみませんです、
二人のラブラブな時間にお邪魔してしまい(爆)

世の中狭いって事がわかりますね!






しかし、セローは知っていたのですが、このXRは?
真相は…































その後は、鎌倉は大渋滞で諦め、葉山の方を回って帰宅しました。


帰り、首都高から見る横浜の街の夕暮れが
美しかったです。


















イメージ 10



夕暮れ。


また一日が過ぎていきますね…

























イメージ 11


帰宅後、夕食をかねて義母(別名チャーちゃん)とのんちゃんとみんなで
近所の居酒屋さんへ!

のんちゃんは、いい子にしていたようです。
先日風邪を引いて心配しておりましたが、
すっかり回復!
チャーちゃんものんちゃんと遊んで満足していただけたかなあ?
面倒を見てくれてどうもありがとうございました!


イメージ 12


焼き鳥を食べるのんちゃん。
アナタ、実はもうチャーちゃん作の夕ご飯食べたんじゃなかったっけ?
よく食べるなあ。









イメージ 13


ばんざーい!





あはは、今度はのんちゃんも一緒にお出かけだね!




















たまには、二人でお出かけもいいものですね~!
楽しい休日の午後でした♪

あらすじ


だめだ~コーナーこわ~い!
になってしまったkanさん、
さあ、どうする?






①バイクやめる
②あきらめておとなしく乗る
③バイクをいじって改善を図ってみる



とりあえず、この場合は、③を選んでみるのが得策かと思います(笑)








前回ツーリング(平成19年4月21日)にて、
コーナーがやたら怖くなった理由としては、
以下のものが考えられます。



[1]ライダーがヘタレだ

これはどうにもならないものが考えられますね。
根本的にヘタレなこともありますし、
寝不足だったり精神的にもへばっていたりと
悪条件が重なっていたことが考えられます。



[2]接地感が落ち着かない

タイヤを替えたこと、サスがヘタって来たことなどがその理由でしょうか…
タイヤに関してはピレリの最強スポーツバイアス、
スポーツデーモン(鬼のようにグリップします…)
からIRCのクラシックバイアス、GS-19に変えたので
正直、タイヤのグリップ力が減ったことは否めないでしょう…

しかあし!通勤快速の私のW650にとっては、
グリップ力も大切ですがライフの長さも重要!
いかにこの辺をどうにかするか!大事ですねえ。


また、乗っていて感じることの一つの
「フロントが踏ん張らなくなってきた」
は恐怖感を増強する要因として挙げてもよいか?と思います。
以前の記事でTightropeさんがコメントしてくれた
「サスの硬さとタイヤの硬さのバランスが取れていない」
状態なのかもしれません。
なんだかトラクションも安定してかからない感じがしましたし…


改善の余地がありますねえ♪



[3]マフラーの改善の余地がある

いや、ツーリングに出るまでは
「これでオッケー!」って思っていましたが
低中速で少し濃い感じがするかも。
エンブレが少し利きすぎる感じがします…



これも改善できるかな~?






ってことで、
以後やってみたこと。


イメージ 1

リアショックの伸側ダンパーを少し抜きました

トラクションがかからない感覚を補正するには、
リアの接地感を上げればよいのですが、
それには二通りあるかと。
①プリロードをかける
②伸側ダンパーを抜く。

①は圧を掛けてあげることでよりリアタイヤを接地させる方向となり、
②はリアサスが動きやすくなりよりトルクに応じたリアクションをするようになります。
リアステアの感覚がわかりやすくなるのがいいところですね。

で、①をやってみたら
「硬い」になりました。
そしたら②です…

アクセルとリアタイヤの間に良い関係が生まれた気がします




アクセルでトラクションを掛けて曲げる感じが
復活し始めました…

「硬くしてダメなら、やっこくしよう」ですね☆








イメージ 2

フロントフォークにワッシャーを用いてプリロードを掛けてみました


動くようになったリアに応じて、改善したトラクションのフィール。
では、フロントは?


踏ん張り感が足りない


のですよ(笑)
おかげでコーナーの突っ込みが怖いのです…
下りコーナーでもフロントが落ち着かなくなって
ちょっとした恐怖体験でした…

こっちは、リアとは逆に踏ん張り感を上げたいので
「硬めになる方向に振る」
のが正解でしょう…



W650はもともとフロントフォークには一切の調節機構を持ちません。
油面を上げたりするような調整は出来ますが、
プリロードを掛けたりする機構は付いておりませんですよ。
社外品でプリロードアジャスターも売っておりますが、
ちょっと高い?です…

そげな物は買えません(笑)

幸い、W650のインナーチューブは内径33mm。
ホームセンターで売っている径32mmのワッシャーがぴったりです(笑)
4枚で80円…コストパフォーマンスは非常に高いですね。


こいつをかまして、プリロードを掛けます!


とりあえず、6.4mm掛けました。




結果…

フロントがシャキッ!としました(笑)
これは効果的でしたね~♪
コーナー手前でのブレーキングでもしっかり踏ん張ってくれている気がしますし、
動きもシャープに。
もともと旭風防が付いていることもあり
フロントへの負担が増していると考えられる私のW650ですが、
直進性も改善しました。
おかげでステダンも最弱に振ってもOKに。
(基本的にステダンは利かせない方がハンドリングへの悪影響は出ませんね)






イメージ 3

2次エア導入装置復活


いろいろやってきた私のスパトラ集合ですが、
もう少しリーンでもいいかも?と思ったのですよ。
一番手っ取り早く薄くする手段が、
キャンセルしていた2次エア装置を復活させる(笑)
だったのでやりました。

いい感じです。

地球にまた優しくなりました(爆)




他、ポジションやホールド性の見直しを図って
ニーグリップラバー加工を少々修正したり…
(これもかなり良かったですが、多分私のW650以外に参考になるマシンはいないはず)










などなど、3万キロを走った今も、
ちょこまか小変更を繰り広げております、私のW650。


ささやかですが、
こういうのは楽しいものですねえ♪


ではでは☆

↑このページのトップヘ