Rail20とPursuerで行く Kanさんの旅路

ヤフーブログから移転しました もともとオートバイ主体のブログでしたが ミニベロのRail20が楽し過ぎて 自転車ブログになりました さらには 折り畳みミニベロ Pursuerが増車 二台の自転車のサイクルライフを 記すブログになりました よろしくお願いします

2020年04月

KIMG7637
朝方仕事でジテツウ

用が済んだ帰り、
鶴見川グラベルよってみました。

未舗装路は楽しいなぁ。

もう少し、元気になったら
もう少し、世の中が落ち着いたら
グラベルツーリング行きたいな。


KIMG7645
菜の花が綺麗に咲いていました。
蝶々が、その周りを
楽しそうに飛んでいます。

世の中に
そんなウイルスがいることなど、
関係ないのでしょうね。


事故後、
各種カスタムを行った
私のRail20ですが、
その中でも
自分的にいい感じなのが
ステム交換。


Sim-Works by Nittoの
Tomboy Stemを奢りました。 

KIMG7386~2
KIMG7388~2
KIMG7389
KIMG7390
KIMG7391
KIMG7392

クロモリの質感、
アルミプレートの高精度の
金属加工が生み出す
えもいわれぬ存在感。


心射ぬく矢の刻印、
Heart and Allowが
出鱈目にカッコいい。






KIMG7395
KIMG7393
KIMG7394

また、スペーサーも
BBBのアルミスペーサーと
Sim-Works by Nittoのチタン製のカクテルとしました。



KIMG7397
KIMG7396
これが、これまでのステム周り。
純正はカーボンスペーサーとアルミのステムの組み合わせ。
これは、これで
とても良かったと思います。


仕様変更にて
KIMG7509
KIMG7510
KIMG7508
このような感じに変わりました。

クロモリステムの美しさ、質感の高さに
心ずっきゅんです(笑)

乗ってみても
剛性感の向上が著しい印象です。
ただ硬い、というより
しっとりした感じ。
直進安定性、ハンドリングなども
安定感が高まり、
とても好印象です。

何て言うか、
走りの質感が高まった…
そんな感じですね。

オートバイの話ですが
以前某カスタムショップの記事で、
「フロントフォークとフレームをつなぐ部品の三ツ又だけは、重量よりも剛性最優先でつくります。ここがしっかりしてないと、走るバイクは作れません」と言う話があったのを思い出しました。

自転車も、
ステムは大切なのだと思います。


足周りの質感が高まって来たため
エンジンに足周りが勝っている感じですが、
乗っての安心感が高まったため
とても嬉しいです。



KIMG7624


少しずつ
楽しく乗っていこう。

KIMG7608
KIMG7616

今日は天気よく、青空。
久しぶりに大黒まで来てみました。

早朝出発のつもりが
朝起きられず普通の朝 出発。

ソーシャルディスタンスを保ちながら
のんびりポタリング⁉️

以前ほどの勢いはないですね~
何となく、まだ怖い(笑)

のんびり、のんびり行きましょうか。

安全運転。

KIMG7593

KIMG7595~2
今日は、事故後初めて自転車通勤しました。
なかなか、いい汗かけました。
気持ち良かったですが、
ちょっと怖い、とも思いました。

少しずつ、気を付けながら
走っていきます。

KIMG7501

Rail20、いろいろ手が入った訳で
少しずつ記事にしていきます。



まずサドルですが、
以前装着した中華サドル
(Amazon購入)
KIMG6913
スペシャ…のレプリカと言えば
そうなのですが、
座り心地よく
ショートノーズでペダリングしやすく
お値段以上🎵と思っていました。
KIMG7367
が、放置期間中にあっさり
レールが錆びました(笑)

やはり、お値段には訳があったか!!

ただ、形状などは気に入っており
ほぼ同寸だったので選んだのが

KIMG7364
KIMG7365
Adept MotiveW。

KIMG7374
KIMG7369
中華サドルとの比較。
二次元的寸法が同様な事がわかる一方
サドル座面はAdept製のほうが
テールに向かって上がり
立体的です。


KIMG7378
組んでみても
なかなか爽やかです。
乗ってみても
座り心地よく、
ペダリングも良好。
こいつはいけそうです。


また、視認性の向上のため
リフレクターを追加しました。

KIMG7380


Blue Lugの
お手製リフレクター


KIMG7382
KIMG7383

何だか可愛い。
頼むから、
夜、目立ってね。

KIMG7384

フロントフォークにも
リフレクター追加。



安全運転♪

↑このページのトップヘ