イメージ 1

こんばんわ。
うちのW650号、著変なく地道に通勤快速しております。
スパトラ集合、いいですねえ、いや、本当に。
日々ナルシスト状態です(笑)






先日、本屋さんで「clubman」を立ち読みしていたら、
W650にも触れていまして、
なんでもW650は、結構売れているのだそう。

ただ、コメントを読んでいると、あまり好意的ではないみたいですね。
(特にこの雑誌の編集長は)




「昔のW1やW3の素晴らしいハンドリングが無い、奥深さが無い」
「結局、後ろ向き」
「質感がいまいち」
etc…


この雑誌によると、結局のところ、
「普通に乗れる大型2輪が無いため、W650をチョイスする人が多い」
となるようです。

外車と比較して、手ごろな値段でそこそこの楽しさが味わえるW650を選ぶ、
もしくは昔W1やW3に憧れた中年男性が、旧車を買うリスクを避けて購入する、とか。





現W650乗りとしては、

なるほどなあ~

って思いました。



いやあ、記事の言わんとすること、判らなくもないのですよ。


W1とか、W3に憧れて購入する方って多いみたいですしね、実際。
正直なところ、まったくの別物と考えて買ったほうがいいと思いますが。
(私は、正直なところ旧車に憧れて…ってノリでは選んでいません)





それなりに乗ってきた感想としては、
確かに、ノーマルのW650は、ちょっと…って思うところはあります。



エンジンは、いいでしょう。
確かに味わいって言う意味では、かつての旧車にはかなわないのかもしれません。
しかし、今は2000年代も半ば、各種規制でそうもいっていられない部分もあるでしょうしねえ。
十分魅力的だ、と思います。



質感は、現状でも十分高いんじゃないかなあ?
トライアンフなんかと比べても、そんなに極端に見劣りするとは思わないです。




ただ、少し許せないのは、ハンドリングを含めた足周り。


はっきりいって、ノーマルは、「う~ん!」って思います。
正直、「流す」レベルから上の走りをしようとすると、怖いです。
ゆっくりのんびり走っている分には、
エンジンのトコトコ感と合わせて、のほほんしていていいんですけれど。



納車の日にいきなりステップを擦ってしまったのは、まあ、いいでしょう。
パニアケースをつけて走っていたら、高速域でフロントがふらふらになってしまったとか、
フロント19インチの癖にギャップに弱いとか、
リアショックの収まりが悪いとか、

なんていうか、ペースを上げたり、ギャップなど予測の付かない事態に遭遇すると、
いきなり「怖い!」ことが起こる気がします。




そこらへんは、ハーレーのスポーツスターなんかと比較すると
劣っている部分でしょうね。
(限界が近づくと、ゆっくり破綻していくようですね)


本当に楽しいバイクは、
ゆっくり走っていても、飛ばしていても楽しめるものだと思います。
「速く走りたければ、レーサーレプリカに乗ればいいじゃない」ってご意見もあると思いますが、
私も表現が上手くなくて申し訳ないのだけれど、
少なくとも、公道レベルでスポーツランをしている分には
不安が無い程度にはして欲しい、と感じているわけです。



「W650はのんびり走って楽しいバイク」なのはわかるし、
「雰囲気系バイク」としては、十分いいんですけれど、
「飛ばすとおっかないバイク」なのは、ちょっと、なんとかしたほうがいい、
かなって。



私は、ヘタレライダーなりに手を入れて今に至ってしまっており、
ハンドリングや安定性に関しては、
「これだけ出来れば十分でしょう!」と自分なりに感じるマシンになった、と思っています。
「ゆっくり走っていても、飛ばしていても楽しい」ですね、今は。



ライダーがヘタレである、というのが難点ですが、
ただ、そうであるがゆえに、しっかり走れるマシンのほうが、
安心して日々の友に出来るのですよ。

腕の無さは、バイクでカバー!っていうのが私の美学なので(爆)




出来れば、今後カワサキがこのマシンを熟成させていくに当っては、
コストなど大変かもしれませんけれど、

「ゆっくり走っても、飛ばしても楽しいバイク」を目指して欲しい、と思います。





本当、これはそのバイクを長く乗って行きたい!と思うか否かにおいて、
すごく重要なポイントじゃないのか?って感じるわけで。

これがダメだと、嫌気がさしてくるのですよ。
奥が浅いって言うのですか…ねえ。




先日乗って感動したMOTO GUZZIのBreva750や、昔試乗したハーレーのXL1200Sスポーツスターなんかは、
本当にそのあたりが素晴らしいと思いました。
まあ、お値段も張るわけなんですけれど(笑)




贅沢な願いかもしれないけれど、
より「W650は魅力的なマシンだ!」と思えるように、
頑張っていただければ、ステキですね。


せっかく、魅力的な要素がたっぷりあるバイクなのだから、
もっともっと、楽しく乗りたいじゃないですか♪



がんばれ、カワサキ!