イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

どうも、「いろんなバイク」、
前回に引き続き今回もHONDA、
かつ中間排気量車の名車です!

お題は「CB550F-Ⅱ」




私は、バイクはシングル&ツイン信者なのですが、
そんな私でも、直列4気筒で憧れるマシンがあるのです。



それは、HONDAのOHC2バルブ、70年代の直4です。
1969年、OHC直列4気筒の750ccを積んだ当時のモンスター、
CB750fourにて世界に大衝撃を与えたHONDA
(本田宗一郎をして、「誰が乗るんだ、こんなバイク!」と言わしめたのはとても有名な話ですね)
は、以後OHC直4のファミリーを形成していきます。
71年CB500four,72年CB350four,そして74年CB550four,CB400four。

CB500は巨大すぎた750に対して、コンパクトな弟分として誕生、
日本人向けとして作られ,ハンドリングのよさで好評を博します。
さらには、フルスケールダウンの350,それをスポーティーに仕立て直した400。
そして、500の排気量up版、550。





このなかでは、特にCB400fourが有名で、一番人気でしょう。
漫画でも、「ホットロード」「湘南爆走族」などに登場、
4into1集合マフラー、バックステップを装着したカフェレーサースタイルで
ずっと愛され続けております。いまでもすごいプレミアが付いていますね。

一度は、雑誌で、街でその姿を見て「かっこいい!」と
思われたことがあるのではないでしょうか?



今回紹介する、CB550F-Ⅱは、そんな400fourの人気を受けて、
兄貴分の550fourにもカフェレーサースタイルを!ということで作られた
550版カフェレーサーです!

75年デビュー。
550fourと比較して、スタイリッシュなロングタンク、400fourゆずりのサイドカバーなど、
カフェレーサーヴァージョンとして遜色ない仕上がりとなりました。
もちろん、4into1集合マフラーも装着しております。


このマシンの、どこが私はそんなに好きなのか?
それはその

「佇まい」

です!


CB400fourは、赤や青、黄色の原色系で彩られ、
華やかさ、スポーティーさをアピールしているのですが、
この兄貴分は一転してシックな黒の装い。
(他に、水色などもあったようですが、私の中ではこのマシンは、「黒」というイメージで出来上がっております。海外仕様ではさまざまな塗色もあったようで、写真に載せたワインレッドもなかなかステキですね)

この記事にも、当時のカタログを一部掲載しておりますが、
シックなオトナのための550カフェ…
そんな印象です。




しかも、走れば550、十分パワフルで速い!そうです。
(乗ったことがないのですよ、だから妄想です。余談ですが、ミスターバイクBGに良く出てくる国際A級ライダー、市川仁さんがCB550を以前、何かの記事でべた褒めしていました)
音色もHONDAミュージック、素晴らしい!
(400fourの音の素晴らしさを考えれば、きっと素晴らしいに違いない!)


こう、目立たないけれど、実力は一番!みたいな感じですか?
格好いいですよね~そういうのって。





そして、なんといっても、

初めて少年kanを「こっち側」につれてきたバイクがこのCB550F-Ⅱなのです!




昔、中学1年の頃、本屋さんに自転車で行ったら、
その前にこのバイクが止まっていたのですよ。
おもわず、見とれてしまったのです。
「綺麗なバイクだなあ…」って。

すごく格好良くて、しばらく離れられなくなりました。
それからです!バイク雑誌を読み漁り、バイクのお勉強をするようになったのは。
あれが、「CB550F-Ⅱ」だと気づくのはもっと後のことでしたが、
あの黒い、綺麗な集合マフラーのピカピカの直列4気筒は、そうだったのですよ!



なかなか見る機会のないバイクではありますが、
見ると、今でも見とれてしまいます。

確かに、400fourの方がデザインは優れているのかもしれない。
しかし、私にとっては、こっちの方が好き。



これから、秋がやってきますね。
そんな季節には、こんな、渋い大人のバイクで街を流したいなあ…
と思います。そういうシチュエーションに、とても映えるマシンでしょう!






日本の常で、スポーティーな400でも、はったり効きまくりの750でもない、
中間排気量の550はその両者ほどの支持を得られませんでしたが、
ウェルバランスさではこれが一番!ではないでしょうか。

(そう、私は中間排気量車大好き人間でもあります)


ああ、一台欲しいなあ。
前、赤男爵で売っていたけれど、
買う度胸はなかったものなあ…



一度、どんな味わいなのか、乗ってみたいです、
OHC2バルブの550cc直列4気筒。
今のDOHC16バルブにはない魅力が、きっといっぱいあるはず!。

…妄想だけでも、十分楽しいのですが。




参考記事:「clubman」誌 1991.12 第69号「CB550F-Ⅱ」