どうも、いつもお世話になっております。
「いろんなバイク」のコーナーです。




今回は、

「いろんなスズキ」

です♪


私、今まで所有したのは、ほとんどホンダ車です。現在はカワサキです(笑)
残念ながらヤマハにはあまりいい思い出がなく(ヤマハユーザーの方ごめんなさい!)、
そしてスズキに対しては…
なんといいますか、



熱いメーカー!




と思っております。


他のメーカーには作れない、ちょっととんがりすぎちゃった(爆)マシンたち!





もちろん、GSX-R,RG-γ,刀などなど、歴史に残る名車たちもおりますが、
その影で…
いろんなバイクが存在していたわけです♪

そして、そのアグレッシブな作り込みゆえに
当ブログ「恐るべき○△×のバイク!」
http://blogs.yahoo.co.jp/w650rsc/12153866.html

みたいな事もあるわけで…




マシン代はただで、且つその後の維持費用を負担していただけるなら欲しい!

と思っているバイク達についてご紹介させていただきます(爆)
よろしくお願いします。






①LS650 サベージ

イメージ 1


650ccのビッグシングルを積んだアメリカン。400cc版も存在。
私が高校生(当時中免)の頃、近所の叔父さんが乗っていて、貸してもらいました。
私のバイクライフ初の大型二輪体験です(笑)
いや、すごく良かったですよ!
コンパクトな車体にビッグシングルの組み合わせ。
砂利道での試乗でしたが、
とことこ石ころを蹴っ飛ばして走っていく感じが非常に快感でした。
気がつけば絶版になりましたが、
「オレはシングルでいいんだ!」って人にはすごくいいと思うのですが。
シートも低くて楽ですし、のんびり旅するには最高のマシンです、きっと。
「もう何も気にせず、あての無い放浪の旅をしてもいいよ」って言われたら、
私はこのマシンを相棒とするかも…しれません。


②GSX750S 刀

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4




これはメジャーですよね。スズキの大傑作。ハンス・ムートデザイン。
私は、バイクの排気量だと「500cc~750cc」が好きなのですよ。
どうも、リッターバイクは性に合わなくて…
で、750刀(笑)
バリバリ伝説の秀吉、かっこよかったですよね!
「かめ!」といって峠を走ったことがある人は世にごまんといるはずですし、
彼の無情の最後に涙した人はきっと多いに違いない!

重厚な1100もいいのでしょうが軽快な750、もっと見直されてもよいのでは?
あ、Ⅰ型がフロント19インチ、Ⅱ型が16インチ、
そしてあのニューカタナに繋がっていくわけですね。



③ GS650G

イメージ 5

イメージ 6







いや、これもかっこいいじゃないですか!通称ロッパンジー。
カタナの弟分。シャフトドライブ!
西部警察にも出ていたそうですが、見ていないので知りません(爆)
いや、前に実車を見て、
「なんかかっこいい!」って思いまして。


④ GSX400X インパルス


イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9



やはり、スズキの名車といえばこれは外せないでしょう!
巨匠、ハンス・ムートが「六本木」をイメージしてデザインした、通称「東京タワー」。
ヘッドライト周りのデザインが非常に特徴的です。
GSX-Rのエンジンを積み、動力性能も高く、軽量で運動性能も高いマシンですね。
レプリカ全盛時代、これを市場に投入したスズキはえらいと思います。
商業的には大玉砕でした(爆)

友人が買いかけて、そのとき一緒に試乗させてもらったんですよ☆
軽くてよかったですよ!
その友人にかなり勧めたのですが、なぜか買ってくれませんでした。
非常に残念な思い出です。


⑤RG200γ


イメージ 10


スズキって、チャレンジャーですよね。
何故?って、こういうのを市場に投入するのですから(笑)
125ccクラスのレーサーレプリカに一大革命をもたらしたマシン,
RG125γの兄貴分として作られた200cc版。
TS200Rのエンジンを搭載、200ccで軽量コンパクトで扱いやすく、
扱いきれない250ccレプリカをバックミラーの彼方に!といった感じのコンセプトだった気がします。
ただの、妄想でしょうね(笑)
兄弟分のネイキッドヴァージョン、ウルフ200とともに、
カタログから消えていくのは早かったですね~☆

ただ、装備も充実していて、オールレッドのカラーリングも美しく、
派手なレプリカとは違った、大人のボーイズレーサーみたいな感じでよかったですね。


ちなみに、私の友人の女の子で、
ウルフ200の新車を半額で買った子がいて、
私も試乗させてもらいました。
チャンバーの音がレーシーで、かっこよかったです!
ただ、動力性能的には、
当時私が乗っていたCRM250Rには遠く及ばないものがありました(苦笑)

しかも、そのウルフ、
彼女の初マスツーリングにて転倒、大破してしまいました(爆)
そういうもんなのかな~?本人は懲りずにホンダRVFを買っちゃっていましたが。



⑥ TS200R


イメージ 11


2stオフローダー、オフロード市販車初の倒立フォーク採用。
結構売れたのでは?
昔FX400Rを全損廃車にした後に
大学の先輩たちに「2stオフに乗れ~!」と徹夜で説教され、
見に行ったバイク屋さんにね、いたんですよ、このバイク。
ザクのようなヘッドライトカウルでかっこいいし、何だか値段も安いし!

なにせ、2stオフなんか、全くその頃知りませんでしたから。
オフ車に関しては「やたら背の高いかっこ悪いバイク」ぐらいに思っていたんですよ(笑)

「これ、どうですか?」って先輩に言ったら、
「お前は、これにしろ!!!」と
その脇のほうにいたCRM250Rを買わされました(爆)
いや、本当、正しかったと思います。

契約してからバイク雑誌をみて、そのハイスペックぶり(オフロード界のNSR!)にぶったまげ、
納車してからしばらくは足がつかないことに悩みましたが、
慣れればそのアナーキストパワーと、無類の乗りやすさに感動することになりました。


ただ、誰が乗ってもたぶん速いCRMもステキなのですが、
こう、ね、TS200Rのような「乗り手を選ぶ」マシンで
速くて上手かったらかっこいいだろうなあって思うのですよ。
友人が所有していましたが、本当、ピーキーみたいですね。
大変そうでした。

しかし、それを乗りこなしてこそ、漢?
のちに作られたRMX250Sのほうがハイスペックですが、なんとなくTSが好きです。






⑦ジェベル200


イメージ 12


スズキって、えらいなって思う一台です。
空冷2バルブ200ccシングルを積んだオフローダー。
大容量タンクと、恐ろしい低燃費で、旅人ライダーの味方!
私も、何回か買いかけました(笑)
低予算で買え、維持費もそんなに掛からない(はず)。


とことこツーリングで走るには十分な性能でしょう…

なんて思っていたのですが、
以前の知人でやたらこのバイクで速い人がいたんですよ。
XRやCRMをぶっちぎるジェベル200(爆)

もっとも、あまりにアグレッシブな乗り方をしていたせいか,
エンジンブローしちゃいましたが(笑)
このバイク、オイル管理には、本当に気を使ったほうがよさそうです♪
彼のマシンは、ドノーマルでしたよ☆


最近、ついに生産終了してしまったようですが、
怒涛のロングセラーだったはず。
えらいなあ。すごいなあ。






以上、「いろんなスズキ」でした!


他、GS250FWとか、GSX1150EFとか、DR800Sとかありますが
字数制限に引っかかっています(笑)
読んだ方で気を悪く成された方、あまり気にしないでくださいね!