イメージ 1

突然ですが

良き縁ゆえに

私 kanは

ニューマシンを購入することといたしました!








何を買うのか?



このブログをずっと見に来ている方なら
察しが付くかもしれませんが、
以前より私が際限なくリスペクトして止まぬ
あのメーカーが生んだ、
以前試乗して以来ずっと絶賛し続けている
あのマシンです。






出会ってしまったんです、私。
現在日本に残っている最後の新車。
しかも30%以上オフの持ってけドロボー車。
(注:現在ディーラーには新車は残っておらず、
もしあったとしてもこんな条件のマシンは絶対ありません…)
数ヵ月後に予定されている
次のロットで入ってくる新車と比較すると
実に40%以上オフ…
大バーゲン車両です。







昨年試乗して以来、
ずっと心の中にあったのです、このマシン。

あの快楽の経験は忘れようがありませんでした…
















正直、

出会ってしまった!

と思ってしまいました…


ああ、やっちまった…

って感じですかね(笑)


















ただ、出会ってしまった、
ということは、
必然的に

別れもやってくる

ということになります。

ええ、私が現在所有しているW650のこれからです。


今の私には、
バイクを複数台所有する余裕はございません…










今乗っているW650,
新車購入して早33400km。

自分なりにモディファイを繰り広げ、
正直、かなり魅力的なマシンになっている!
と思っております。
国産4メーカーのほかのマシンはもとより、
HD,BMW,Ducati,トライアンフ、KTMなどの外車勢と比較しても
私のW650のほうがいい!
と比較試乗した上で
思っております。
(あくまで、「私にとっては」ですが)








しかし、それでも、
心のどこかで

こうじゃない

という思いがあったのですね…
(もちろん、それは「良い悪い」とは違いますよ。
あと、ライダーのウデに起因する問題は棚に上げさせていただきます)









そうであるが故に
モディファイを行ってきたのかもしれませんが。







しかし、
気づいてしまったのです…


きっと、もう、
このバイクで何をどうしても、
この「何か」の感じは消えない…
と。



そして、
それを満たしてくれる魅力を持っている可能性が高いのが
今回購入を決めた、やつなんですよ。











もちろん、
返す返すもアレですが、
W650が魅力のないバイクだとは全く思っておりませんよ!
ただ、私がバイクに求めていることとW650の間には
乖離があり、
それを埋めるのは
カスタムとかモディファイとかそういう次元では不可能だ、
とうことです。


ただ、それだけのことなのです。


満たされる人であれば、
全く問題はないバイクだと思います。









でも、それに気づいてしまった以上は
もう引き返せない!
のです…













あと、今回決断した理由がもう一つ。
それは、

時代の流れ

ですね。



正直、10年前だったら
「W650が潰れたら次はアレだな~?」だったと思います。

そう、それぐらいバイクの世界には余裕があった。






しかし、激化する排ガス規制、騒音規制など、
バイクを取り巻く環境は劇的に厳しくなってきていると思います。



いま、売られているバイクの大半は
現状では新車発売できなくなる!

もう、それも目の前ですよね。








国内仕様はもとより、逆輸入車、外車も
どこまで新車発売できるかわからない…
それ位に次の規制はすさまじいものになりますからね。


実際、カワサキのゼファー750/1100,スズキの油冷エンジンのように
もう対応しえず消えていくモデルも出現しております…





それを考えると、
憧れのバイクは

いつか買おう

ではなくて、
もう、

今買うんだ!

って考えた方がいいんじゃないのか?
と思うのですよね。



じゃないといつか、
あの時買って置けばよかった!
と後悔するんじゃないかと思うのです。

また、
たとえ将来買えたとしても
現在のそれとは全く違うものかもしれませんしね…









最も私は、
そんな変化の前に
最高のチャンスがやってきたので

ラッキー!

としか言い様がない…と感じています。







人生、二度三度あれば別ですが、
少なくとも私の人生は一度きりですし。


チャンスは最大限に生かす

のが大切かと思います。







でも、今回は本当にびっくりした…




ずっと心の中に留めていたのですが、
まさか本当にこんなチャンスが来るとは!









結局、
いろいろ考えた結果

W650とはお別れすることとしました





イメージ 2







下取り価格は走行距離を考えると
かなり頑張ってもらったものと思います。







ほぼ現状で下取りに出させていただきます。






ばらしてノーマルに戻して売ることも考えましたが、
もうその手間隙をかける余裕がないこと、
およびもし可能であれば
次のオーナーに
このモディファイを味わってもらいたい!
と思ったからです。


まあ、知らない誰かの元に行くわけで、
手放してしまえば次のオーナーがどうしようと
私は関与のしようがなく、
かつそれが「手放す」ということなのですが。








でも、決断して帰ってくるときは
ちょっと悲しかったですね…
なんだかWに申し訳ない!
と思ってしまいました…


このバイクには
たくさん良い思い出を
作らさせてもらいましたしねえ。

本当、楽しかったのですよ!





もう少しだけ、
頑張って走ってね!W650。













よって、

projekct-Wも終了の運びとなります。


今月後半ですね…




今まで拝見していただきました皆様、
ありがとうございました!





万が一、
あのW650を欲しい方がいらっしゃいましたら、
今後某全国ネットのバイクチェーンの情報をチェックしているといいかもしれませんね。

そこの某店に出しましたので…





















そして、

projekct-B、発動!

します!



購入は某全国チェーンですが、
メンテナンスはそのメーカーに関して世界的に有名な某ショップにお願いしようと思っています♪
っていうか、もう話はつけてきました(笑)
うちのド近所なんです!




ああ、あの世界最速のOHVレーサーを作った
お店で見てもらえる!





夢のようです!












来たれ官能の赤き翼よ!
うわー!






イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5