イメージ 1


ブレヴァ750、無事退院しました




いや~、代車のXL-ディグリーも面白かったんですけれどね~(笑)
さすが規制前、速い速い☆
しかし、いつまでも乗っているわけにも行きません。
お返ししてきました。






で、今回の入院理由、

リアアクスルのオイルシールが吹いた

ですが、
原因として
①アクスルシャフトが錆びていた
②シール自体が斜めに入っていた
③シールを固定するために塗ってあったシール剤も噛み込んでいた
などが確認されました…



錆を軽く研磨して落として、
シールそのものも適正に取り付け
修理完了!



イメージ 2


その模様はこちらに…



わが主治医は修理の様子も写真撮影しておいてくれました。
ありがとうございます~!



なんでも、グッツイはこういうシャフト類も
メッキとかしないでありのままにしてあるので、
錆とか出るとシールが逝き易いとか…












で、聞いてみたんですよ神○寺さんに。

「雨の日に乗っちゃいけないとか、やっちゃいけないことってありますか?」

と。


そしたら、痺れるお返事が!

「そんなの、オートバイじゃないよね」



「がんがん走らせてください」との事。


くあっこいい(爆)!





そうこなくっちゃいけないぜ!






ということで
再び走り始めました、ブレヴァ750!





いや~、いい感じ♪













余談ですが、
規制前のバイクって、排ガスが匂いますね…
ディグリーに乗って気づきました。
ブレヴァと違って、
着ている服が匂ってくる…
排ガス規制にによって、
こういうことも変わってきているのですね。
(注:私のブレヴァ750はユーロ2適合モデルです)