イメージ 1


平成20年3月15日、5時21分。


イメージ 2


ブレヴァ750,エンジン始動!















何故走る?


…走らなければ、何もわからない。
…走らなければ、何も得られない。















幾つもの経験から、
ただ、楽しいだけじゃないことも知ってしまっている。

それでも、
「バイクじゃなければ、ダメなんだ」

本当は、辞めたほうがいいのかもしれないが、
もう辞めることなど出来やしない・・・ 

(平成19年3月17日開催、「伊豆ロングディスタンス」開催告知より)









このときは、雪が降ってしまって
全く予定と違うツーリングになったのですが…













ずっと、思っていました。




いつか、この企画を、完結させると。





そして、今、刻が来る!






















「伊豆ロングディスタンス」





決行!





メンバー:kan with Moto-Guzzi Breva V750 I.E.



(私のソロツーリングです)





















イメージ 3


夜明け直前のR134。









イメージ 4


西湘バイパス、西湘PAにて夜明け。











イメージ 5


山へ!


in 湯河原パークウェイ。
あの場所です。
















イメージ 6




富士山!!!


大観山にて。
美しい!










イメージ 7


富士山とブレヴァ。
















イメージ 8



霧のスカイラインを


伊豆スカイラインにて。











イメージ 9


木漏れ日の峠を


県道59号、国土越。








前日の大雨で濡れた路面も
徐々にドライに!

ブレヴァ750とともに
駆け抜ける…





















今回のブレヴァは、
まさに絶好調!

ポジション変更グリップ交換なども好を奏したのでしょうか。


今までのツーリングとは一体感が違います…





もっとも、
ブレヴァ750そのものに慣れてきた、
って事もあるのでしょうね。


夫婦や恋人との関係とも同じで、
愛車とも熟成期間が必要なのでしょう(笑)




























イメージ 10


さくらソフトでエナジーを!
(季節限定モデル、浄蓮の滝にて)

























イメージ 11





イメージ 12






イメージ 13





海と、オートバイ




逢ヶ浜にて。






本日のハイライト。



こんなに海って、ステキなものでしたっけ…



その蒼さ、際限ない広大さ。





他には、ほとんど誰もいない、ただあるのは波の音…






静かな、美しい海…









バイクに乗る、
旅をする。



人生を生きること、
そのものが旅であり、
その手段の一つとして
バイクに乗ることを選んだのだとしたなら、

それはきっとステキなことなのだ、


そう確信する、



この邂逅の一時。













しばし、心を奪われて…

































イメージ 14



弓ヶ浜にて。
サザエといえばあのお店(笑)














イメージ 15


ひたすらに、海岸線を。

県道16号、マーガレットライン。





イメージ 16



再び、富士山…


R136,マーガレットラインを北上!














イメージ 17





菜の花が、可憐に咲いていました。
















OHV V-twin 750の奏でとともに、
春のシーサイドラインを流れていきます…











イメージ 18




今の時期、
やはり金目鯛は外せないでしょう♪

お昼ご飯です。



イメージ 19


松崎は「味正」にて。







イメージ 20


春の風景。




















イメージ 21



再び、山へ。
県道59号。












イメージ 22


高原にて。
西伊豆、牧場の家。







イメージ 23


今回は、何処までも富士山がお供しました…

県道411号~西伊豆スカイライン。




















イメージ 24


戸田峠を経て、
再び海へ…



県道17号は
大好きな道です。



第1回ブログツーリング、TBPもここが舞台でしたねえ…
懐かしいです。

漁村の鄙びた味わいが、なんともいえず、
旅情に満ちた道ですね。


適度に荒れたワインディングも、
ちょうど良く
走っていて楽しいです。










海に山に、
駆け抜けた一日でした。


富士山も、ずっと付き合ってくれて
とても嬉しい、
久々に充実したツーリングでしたね。










その後、ちょっと三島の知人宅により
洗車、
潮風にまみれたブレヴァをクリーンナップして
帰宅方向へ…










イメージ 25



R1~箱根新道。

そろそろ日が暮れますね。
















さあ、家族の下へ!










イメージ 26


19時39分、帰宅。

総走行距離、499km。











これをもって、
「伊豆ロングディスタンス」、
完結とします。










次は…

















どこへ?




























走るステージはいずこにせよ、
走り続ける!



今を、走っていくのだ!









恋をしていいのだ。
叫んでいいのだ。
歌を作ってもいいのだ。
恥をかいていいのだ。
答えは、なくてもいい。
答えを出すために生きているのだ。
僕達は生きている最中なんだ。
過去を歌うのではない。
明日を歌うのとも違う。
今を歌っていくのだ。

早川義夫「ひまわりの花」ブックレットより。