イメージ 1

皆様、いつもご来訪いただきまことにありがとうございます。
いつも感謝しております。
そろそろ開設3周年ですが、
思うところあってブログのタイトルを変える事にしました。


ま、もし興味を持っていただければ
しばしお付き合いを…


当初、このブログは
「風邪を引いて仕事を休んで家で寝ていた私が暇つぶしに作ってみた」
ものでした。
当時、妻に「育児ブログ作ろうぜ!」って言っていたのですが、
なかなか作らないので
「じゃ、自分でバイクブログ作る(笑)」と…


勢いで作ってみて、
タイトルも3分で考えました。
「オートバイのある生活」というのは、当時(もちろん今も)私にとって当たり前のことであり、
それをそのままもってきたのですね。


そして、せっかく立ち上げて自分のメディアを持ったのだから、
自分の思っていること、言いたいことも言っていこう!!!
と思い書いたのが「旅するオートバイ」という記事です。(2006/06/13)

どんな状況においても、いろいろなことを考えたり、感じたりすることを大切にしてほしいと思います。それは、とても貴方のことを豊かにすると思います。
「旅」というのは、何もどこか遠くに行くことだけが旅じゃなく、日常生活の中においてもいろいろなことを感じ、心が動くことも「旅」なんじゃないかな。

走れるうちに、走りましょう!たとえバイクに乗って旅に出かけられないとしても、旅に出ているように行きましょう!
「旅するオートバイ」より引用。

この記事は、かつては独り身で自由に日本中を駆け抜けてバイク旅をしていた私が、地に足をつけた仕事をはじめ、結婚し、子供も出来るなど、どんどん自分を取り巻く環境が変わっていく中で当時オートバイに乗るということ、および旅をするという行為に対して抱いていた感情を、必死に自分なりの言葉で書いてみたもので、正直このブログを続ける一つのターニングポイントになったものだと思っています。
(正直、この記事にコメントが入らなかったらブログをやめようと思っていました(爆)。コメントしていただいたOxyodonさんKimyさん、本当にありがとうございました。)



そして、ツーリングを企画してみたり飲酒運転反対運動をやってみたり
ブログを介してさまざまなことをやってみたりしましたね…
ツーリングもいろいろな方に参加していただき、本当にやってよかったと思っています。
飲酒運転反対運動もやはりかなりの反響をいただき、
皆様のご協力を得られたことにとても感謝しております。




そんな中、
時間は流れ
仕事もさらに忙しく充実するようになり、
家族のありがたみや大切さも自分の中でどんどん大きくなってきた、
と感じています。


その分、バイクで旅に出る機会はだいぶ減りましたが、
でも、「旅をしているように生きている」ということも自覚できるようになって来ました。
それだけ、私の生活も充実しているのかもしれません。




そんななか、
このブログも
そんな自分の中の何かをもっと伝えることが出来るようになれたら…
と思うようになってきたのですね。




もちろん、変わらない部分は変わらないのですが。



バイクに乗ることも変わらないし、
他のさまざまなことも変わらない。


バイクに乗ることで、何かを追い求めて生きたい、と思うし
またそれと同じ視線を、何時如何なるときでももち続けて行きたい、と思う。





私が敬愛して止まない詩人、早川義夫さんの作品に音楽という曲がありますが、
そのなかでこのような一節があります。


「音楽が目指すものは、音楽ではない」

この言葉、私は非常に好きで、
座右の銘のように自分のなかに大切にしまっているのですが、
その言葉を他のいろいろなことに当てはめていくと、
今の私のスタンスにつながって行きます。


「バイクに乗ることで目指すのは、バイクに乗ることそのものではない」
「旅をすることで目指すのは、旅をすることそのものではない」

そしてそれは、
私を取り巻くすべての事柄へとつながっていく、
そんな気がしています。




では、何を目指している???


それはきっと、とても大切で大切で、
言葉にはし得ない、でも本当にステキで大切なものに違いない!



そう、言葉で表現しえない、

あえて言えば、

「いつか」

というようなものではないのか…と思いまして。


とにかく、追い求めてみたいのです。
それが何を意味するのか、
私のような凡人にはわかりえませんが…




で、そんな風に喜怒哀楽にまみれながら
日々の生活を生きていくなかで感じえたことを
伝えていければ…と感じ、
今のタイトルに変えよう!と思った次第です。



そう、日常の生活においても
何かを追い求めていく気持ちを持ち続けていくことで
たとえ上手くいかないことや悲しいことがあっても
それをそれとして受け止め、
次の何かを見つけていくことが出来るはず!




もし、この文章をここまで読んで
共感いただけたならば、それは非常にありがたいことです。
嬉しく思います。




そんな、この記事にもBGMを…


 

The Blankey jet City「自由」



どこまでも続く この道をゆけば
きっといつかは綺麗な草原にたどりつく
さあ 早く 目を閉じて 思い浮かべてみなよ
どれほど冷たい 風に吹かれても
どれほど激しい 雨にうたれても 立ち止まらないで
それはきっと美しいことだと思うから
ブロンドリーゼント 気にしながら 階段の真ん中で
眠る君の汚れた服が歌ってる 指を鳴らしながら
たてながの瞳で

だけど太陽が こんなに冷たく 見えるのはなぜ
君のにおいが消えそうさ
乱れた髪の毛に くしを入れなよ

君は一人 街を歩くよ 咲き乱れる 黒い自由
見渡す限り何も無い 真っ白な雪の草原を思い浮かべながら

いつの日か 頭を撃ちぬいてほしい 君の愛で
何も言わず 頭を撃ちぬいてほしい 君の愛で

後ろからそっと どこまでも続く この道の途中で



The Six収録。

いや、この曲好き~!
本当、ステキだよ。

三十路をとうに過ぎても、ブランキーはリアルだ!(笑)











そう、
いつの日か、
いつかを…