もう世界中の人が知っていることかと思いますが、
亡くなってしまいましたね、マイケルジャクソン。

この数年は、かなりネタとしての要素が
強くなっていた感がありましたが、
追悼番組で見る彼の映像を見ると、

すげえ、すごすぎる!

と改めて思ってしまいました。

そう、本当に、すごい。
King of Popとしかいい様が無い。
私のようなひん曲がった根性の持ち主をして
素直に「素晴らしい!かっこいい!!!」と思ってしまいます。
80年代音楽シーンを圧倒的なその魅力で席捲したのもよくわかります。



忌野清志郎さんが亡くなったのも衝撃でしたが、
私達の憧れたビッグネームが
少しずつ鬼籍に入っていくのはなんだか寂しいものです。


最後のスーパースター、マイコー、ゆっくりお休みください。
(もうここまでの人は、音楽文化が非常に細分化されてしまった現在、
今後二度と出てこないのではないか?と思います)


私は、「ビリージーン」なんか好きでした。
(稲中でもネタにされておりましたが…)

 

すげえよな、やっぱり。
あちらに行かれても、
そのムーンウォークで闊歩し続けていてください。