Rail20とPursuer、Muirwoodsで行く Kanさんの旅路

ヤフーブログから移転しました もともとオートバイ主体のブログでしたが ミニベロのRail20が楽し過ぎて 自転車ブログになりました さらには 折り畳みミニベロ Pursuer クロモリグラベルクロスバイク Muirwoods 29SEが増車 3台の自転車のサイクルライフを 記すブログになりました よろしくお願いします ほか、音楽も好きです。心動かされた音楽について https://rail20rsc.blog.fc2.com/ でも書くようにしています。宜しくお願いします。

カテゴリ: W650

イメージ 1

イメージ 2

間違い探し




上の二枚の写真、どこが違うでしょう?






























出しましたよ、OH.
約28000km使用にて。









とりあえずノーマルに戻しましたが、
感想は
「やはりあれは偉大だった(笑)」
ですかね(爆)












リアタイヤの存在感がだいぶ変わりました…
へたっていても
黄色いサスはやはり違っていたようです…




ついでに、もとはゼファー750/400用の自由長が長めの物を組んでいたのですが
(いや、リザーバータンクが付いているフルアジャスタブルを組みたかったんですよ♪)
ノーマルに戻したら車高が下がって
右コーナーでエキパイから火花が散る確率が
跳ね上がってしまいました(爆)






穴が開く前に
帰ってきて欲しいです…
(半分冗談ですが)














ちなみに、現在OHはかなり混んでしまっており
納期は約一ヶ月だそうで。

その頃には梅雨が明けるかな~?
























嗚呼楽しみ

イメージ 1

イメージ 2

ご無沙汰ですねえ。

最近、とにかく多忙で
記事の更新は久々です…


水面下でいろいろやっていたのですよ(笑)


そのうちの一つ!


「パニアステーがクラックだらけになった」






ある日、なんとなくパニアステーを見ていたら気づいたのですよ(笑)

バキバキにひびが入っていることに



写真は交換したときにとったもので
わかりにくいのですが
ひびだらけだったんですよ、
いや真面目に。




どうりで最近パニアがやたら揺れているわけだ☆
















まあ、3万キロを超え、
雨の日も風の日も雪の日も走ってきたしな…



昨年度は仕事の都合で荷物満載が多かったし…

現状では余裕で過積載です…っていうかさ、カワサキ純正パニアステー&キャリア、
片面3kg,トップキャリア2kgが制限ってどういうことよ!
そんなん、ペットボトル2本、っていうかパニアケースつけたらもうアウトじゃないか(爆)






流石にこれは交換しました…




























値段にぶったまげました(爆)










































いくらなんて、
妻にはいえない…

(前車の保険金+ローンで新車購入した際にまとめてステーも買ったので、
正確なお値段を忘れていましたが、予定の3倍以上のお値段でした(爆))













































ま、いっか



























もう、割れるなよ…

イメージ 1

前回記事 projekct-W「ヘタレ改善を目指して」にて、いろいろ書きましたが、その後も、楽しいW650との日々は続いております。







一つ、お恥ずかしいご報告が…
「ぷっ」とかいいながら読んで頂ければと思います。





















リアサスのセッティングが真逆になっていた
















いや、前回記事で「伸側のダンパーを抜いた」と書いていましたが、
私の勘違いで、実際には逆に思い切り固くなるほうにセッティングしていたことに
先日気づきました…

いくら工具なしでフルアジャストできる
オーリンズとは言えど、通勤中にあわててやると
面白い結果が生まれます(笑)

ダンパーの調節ダイアルを逆方向に回していた(爆)










しかし、その結果として

非常にいい感じ


になったのも事実。







間違いに気づいた後に
当初、頭で考えていたセッティング(ダンパー弱め)も試して見ましたが

ふらふらしておっかない

で終了しました(爆)

逆にダンパーを硬めにすることで
余計な動きが減って安定感が出ているようです…






今のところは、
標準設定よりもかなり伸側ダンパーは固めにしたところで
いい感じになっています。
(もっとも、通勤セッティングなので果たしてツーリングでどうか?はわかりませんが)







ただ、思ったのですが、
これはただ単に

ダンパーがえらくヘタって来た

ってことではないのでしょうか(笑)


へなへなだから、硬めにしたところで落ち着く、と。



思えば、私のオーリンズは購入後約26,000km使用。
メーカー推奨OHは15.000~20,000kmですので、
もう、とうにその時期は過ぎています。
かつ、仕事の都合で荷物満載のことも多く、雨風もあり
結構ハードな使用状況では?と自分でも思っています。


このまま、ヘタったダンパーを補正する方向で
セッティングをすすめるか、
それとも思い切ってOHをするか?


悩み中です








しっかし、Tightropeさんいいこといいますねえ~!
難しい理論も知ってるに越した事無いですが、トライ&エラーをしないと頭デッカチで終わりますよね。。
全く持って仰るとおりです。
勉強になります♪







ね~、その頭でっかちな感じのところを
ブログの記事になんかしているのですから、
私も恥ずかしい野郎だ(爆)

真逆のセッティングを施して、「いい感じになった」と理屈をこねているのですから



穴があったら入りたい…






ああ、恥ずかしい☆














閑話休題。


さらに、フロントフォークもまた手入れしようかと思っています…

前回記事でワッシャーを入れていい感じになったのですが、
そのワッシャーに関してあるパパさんが非常に役に立つコメントを。
ワッシャーは昔FX乗っていた時オイラもよくやりました昔と違いステンレスがあるのでインナーチューブの中でサビサビに成らずに済みますよネ


私が先日買ったワッシャーは、鉄です(笑)








ステンレスのワッシャーを買いました(爆)

そのうち、暇を見て入れ替えます♪
いや、良かった。
錆びだらけになる前に気づいたよ、ありがとう!あるパパさん。





しっかし、今はいい感じな気がするけれど、
やはりもう、OHに出したほうがいいのかな~?
オーリンズ。





悩み中です(笑)

あらすじ


だめだ~コーナーこわ~い!
になってしまったkanさん、
さあ、どうする?






①バイクやめる
②あきらめておとなしく乗る
③バイクをいじって改善を図ってみる



とりあえず、この場合は、③を選んでみるのが得策かと思います(笑)








前回ツーリング(平成19年4月21日)にて、
コーナーがやたら怖くなった理由としては、
以下のものが考えられます。



[1]ライダーがヘタレだ

これはどうにもならないものが考えられますね。
根本的にヘタレなこともありますし、
寝不足だったり精神的にもへばっていたりと
悪条件が重なっていたことが考えられます。



[2]接地感が落ち着かない

タイヤを替えたこと、サスがヘタって来たことなどがその理由でしょうか…
タイヤに関してはピレリの最強スポーツバイアス、
スポーツデーモン(鬼のようにグリップします…)
からIRCのクラシックバイアス、GS-19に変えたので
正直、タイヤのグリップ力が減ったことは否めないでしょう…

しかあし!通勤快速の私のW650にとっては、
グリップ力も大切ですがライフの長さも重要!
いかにこの辺をどうにかするか!大事ですねえ。


また、乗っていて感じることの一つの
「フロントが踏ん張らなくなってきた」
は恐怖感を増強する要因として挙げてもよいか?と思います。
以前の記事でTightropeさんがコメントしてくれた
「サスの硬さとタイヤの硬さのバランスが取れていない」
状態なのかもしれません。
なんだかトラクションも安定してかからない感じがしましたし…


改善の余地がありますねえ♪



[3]マフラーの改善の余地がある

いや、ツーリングに出るまでは
「これでオッケー!」って思っていましたが
低中速で少し濃い感じがするかも。
エンブレが少し利きすぎる感じがします…



これも改善できるかな~?






ってことで、
以後やってみたこと。


イメージ 1

リアショックの伸側ダンパーを少し抜きました

トラクションがかからない感覚を補正するには、
リアの接地感を上げればよいのですが、
それには二通りあるかと。
①プリロードをかける
②伸側ダンパーを抜く。

①は圧を掛けてあげることでよりリアタイヤを接地させる方向となり、
②はリアサスが動きやすくなりよりトルクに応じたリアクションをするようになります。
リアステアの感覚がわかりやすくなるのがいいところですね。

で、①をやってみたら
「硬い」になりました。
そしたら②です…

アクセルとリアタイヤの間に良い関係が生まれた気がします




アクセルでトラクションを掛けて曲げる感じが
復活し始めました…

「硬くしてダメなら、やっこくしよう」ですね☆








イメージ 2

フロントフォークにワッシャーを用いてプリロードを掛けてみました


動くようになったリアに応じて、改善したトラクションのフィール。
では、フロントは?


踏ん張り感が足りない


のですよ(笑)
おかげでコーナーの突っ込みが怖いのです…
下りコーナーでもフロントが落ち着かなくなって
ちょっとした恐怖体験でした…

こっちは、リアとは逆に踏ん張り感を上げたいので
「硬めになる方向に振る」
のが正解でしょう…



W650はもともとフロントフォークには一切の調節機構を持ちません。
油面を上げたりするような調整は出来ますが、
プリロードを掛けたりする機構は付いておりませんですよ。
社外品でプリロードアジャスターも売っておりますが、
ちょっと高い?です…

そげな物は買えません(笑)

幸い、W650のインナーチューブは内径33mm。
ホームセンターで売っている径32mmのワッシャーがぴったりです(笑)
4枚で80円…コストパフォーマンスは非常に高いですね。


こいつをかまして、プリロードを掛けます!


とりあえず、6.4mm掛けました。




結果…

フロントがシャキッ!としました(笑)
これは効果的でしたね~♪
コーナー手前でのブレーキングでもしっかり踏ん張ってくれている気がしますし、
動きもシャープに。
もともと旭風防が付いていることもあり
フロントへの負担が増していると考えられる私のW650ですが、
直進性も改善しました。
おかげでステダンも最弱に振ってもOKに。
(基本的にステダンは利かせない方がハンドリングへの悪影響は出ませんね)






イメージ 3

2次エア導入装置復活


いろいろやってきた私のスパトラ集合ですが、
もう少しリーンでもいいかも?と思ったのですよ。
一番手っ取り早く薄くする手段が、
キャンセルしていた2次エア装置を復活させる(笑)
だったのでやりました。

いい感じです。

地球にまた優しくなりました(爆)




他、ポジションやホールド性の見直しを図って
ニーグリップラバー加工を少々修正したり…
(これもかなり良かったですが、多分私のW650以外に参考になるマシンはいないはず)










などなど、3万キロを走った今も、
ちょこまか小変更を繰り広げております、私のW650。


ささやかですが、
こういうのは楽しいものですねえ♪


ではでは☆

イメージ 1

2-1集合ならではの4500回転からの伸びのよさ

不快な高音が影を潜め、低音の渋い響きに、音量も低減

アフターバーンもかなり消失







…いい感じです。
前回、排気漏れの修理およびグラスウール追加を行った我がW650のスーパーディスク集合。
音量、および音質の劇的改善を見たことは
前回記事にも書きましたが、
やや抜けが悪くなったため
ディスクを1枚追加しました。
(キャタライザー付きバッフル+アクシャルフローディスク9枚)

結果、上記のフィールが得られました☆













良いです!









こんな感じのマフラーに!



と思っていた仕様にかなり近づきました。

乗ってて嬉しくなってしまいます~♪

いや、いいねえ~!!!







もっとも、いつまでこの調子が続くかわかりませんが…

それが改造車の運命(さだめ)。

それに、これからもまた新たな発見が
あるかもしれませんしね。








でも、とりあえずちょっと安心です。

やってみるもんですね!

↑このページのトップヘ