Rail20とPursuerで行く Kanさんの旅路

ヤフーブログから移転しました もともとオートバイ主体のブログでしたが ミニベロのRail20が楽し過ぎて 自転車ブログになりました さらには 折り畳みミニベロ Pursuerが増車 二台の自転車のサイクルライフを 記すブログになりました よろしくお願いします

カテゴリ: Breva V 750 I.E.

イメージ 1
 
 
どうもみなさまこんばんわ。
わたくしKanですが、
このたび諸事情によりBreva750を手放すことにいたしました。
走行約76200km、
いろいろなことがありましたが
本当によくここまで走ってくれました。
お疲れ様でした。
 
今は、休車状態です。
燃え尽きて走ることが叶わなくなり
長い休息のなかにおります。
我が家から、暫くの後に旅立つ予定です。
 
 
Brevaの後継として
日々の足となる
次期マシンも決定しております。
 
さびしい気持ちの一方、
楽しみの気持ちもいっぱいです。
 
 
 
では。
 

イメージ 1
充電系パンクにて入院された我が愛車 Breva750さんですが、
どうもオルタネーターさんが夭折されてしまったようです。
合掌。
 
上記写真
左が私のBrevaについていたもの、右がお店にあった程度の良い同部品。
銅線が焦げ、ぐらぐらになり固定用の樹脂もあちこち砕けています。
 
イメージ 2
 
最近、私も過労気味で頭がオーヴァーヒートしていたのですが、
バイクも過労気味であったか…
 
なんてご主人似のバイクなんだ。
 
 
ああ、Breva750そのものは
お店の中古オルタネーターを装着し復活しました。
レギュレーターは大丈夫のよう。
バッテリーは一度過放電状態となりましたが、
再充電して様子見中です。
 
走りは調子いい~!
そのうちまた走りに行こう。

走行72850km
エンジンオイル、タペット調整、デフオイル交換。
 
走行73500km
久々にツーリングに行く。
峠道を満喫後、
EFIの警告灯が点灯、以後失速、走行不能。
レッカーにて引き上げ、
モトラボロさんにて充電系のトラブルを指摘。
入院。
 
 

走行71000km
仕事帰りにヘッドライトバルブが切れ
ドンキで新品を購入。
その後、フロントブレーキから異音が出現、
かけると「パキン!」と音がするようになる。
モトラボロさんにて点検、
パッドを抑えているプレートのパッドピンにかけている爪がおれ
不安定になってしまっていることが発覚、
これを交換(お店に合った中古ストック)したところ解決。
神宮司さんも「初めて見るトラブル」と言っていた。
経年変化?
エンジンオイルを交換。
その後再び
ミリテック1を注入。
1万キロ前に入れた時の残り。

イメージ 1
 
イメージ 2
 
 
走行70250km
 
Zeta製ハンドルスタビ装着。
スワローハンドル化に伴い
バーブレースが装着困難になり、
ハンドルのフィールがやや柔らかくなったため、
「カチッ」とした感じを求め装着。
とてもいい感じ。
(純正のこれ、どこかに紛失してしまった・・・)
 
後キジマ製リアフェンダーフラップ追加。
ま、気分すね。
どことなくかわいらしく気に入っております。
 
また最近リアタイヤも交換。
約13000km、
スリップサインも当の昔に出現。
フロントはまだまだ行けそう。
 
神○司さんが手ずから交換してくれたのだが、
ハブダンパーが完全に粉砕してしまっているとのこと。
何とか組み立てられたが、次回は交換。
リアブレーキパッドもだんだん減ってきた…
 
 
 
しかし、どういうことか
走行7万キロを経てbreva750絶好調(笑)
行けるところまで行くよりないか~!
 

↑このページのトップヘ