Rail20とPursuerで行く Kanさんの旅路

ヤフーブログから移転しました もともとオートバイ主体のブログでしたが ミニベロのRail20が楽し過ぎて 自転車ブログになりました さらには 折り畳みミニベロ Pursuerが増車 二台の自転車のサイクルライフを 記すブログになりました よろしくお願いします

タグ:スプロケット

KIMG5977
先日通勤中にパンクした
Rail20くん

KIMG5990
車に乗って帰宅(笑)

KIMG5995
パンク修理材の効果は
とっくに切れてます

KIMG5991
KIMG5992
でも応急処置には有効でした
再度購入


KIMG5997
リア回り外した


KIMG5999
KIMG6001
チューブに穴がありました

KIMG6002
タイヤにガラスの小片が刺さってました
このせいか。


KIMG6003
ニューチューブに交換

KIMG6004
KIMG6005
KIMG6006
チューブを組むとき
ベビーパウダーを塗っておくと
タイヤにチューブが張り付きにくい
となんかに書いてあったので
いつもやってます
いいのかなあ。

KIMG6008
組み上げて

KIMG6059
KIMG6063

完成!!


なんか、
まえとちがう⁉️


スプロケットとか
ディレイラーとか

何が起こったのか


後日詳細

KIMG5321~2

KIMG5310
私のRail20には
Liteproのナローワイドチェーンリング 56T
(ノーマルは52T)
がインストールされています。
KIMG5323~2
チェーンリング変更に伴い
バッシュガードもDriveline製のものに変更してます。

KIMG5319
これはノーマル

KIMG5338
このようになりました。

さらに
坂道での登坂性能を確保すべく
(近所、坂道多いんです)

KIMG5337

スプロケットも
シマノ CS-HG50 9S 11-30Tから
CS-HG400 9S 11-32Tへ変更しています。
1速のギヤ比は
ノーマルの1.74と比べ1.75でほぼ同じ。
9速はノーマル 4.73に対し5.09。

結果、大変快適に走れる自転車になりました。日々の通勤が楽しく、とにかく乗りたいです。
ナローワイドチェーンリングの恩恵か
チェーン落ちも全くなし。



ただ、組んでしばらくたって気付いたことが。

チェーンリング変更の際に
ノーマルのボルトをなめてしまい
Driveline付属のボルトを使用していたのですが、これがよく錆びる(笑)

まあ、中華パーツだし仕方ないか…

で、スギノのボルトに変更しました。


KIMG5465
KIMG5463~2


これが中華ボルト。
錆びているのがわかりますか?


KIMG5466
スギノのボルトに変更。

これも鉄製なので
錆びるかもしれませんが(笑)
力がかかるパーツに
アルミはあまり使いたくないのです。

少しお高めでしたが、
組んでみてスギノボルトの精度の高さに
驚きました。
軽く回ってピシッ‼️と組めます。

これが名のあるメーカーの品物なのだと感動しました。

錆びませんように。


クランク、スギノの
Mighty Compに変えたいな。
mightyCompSingle-CrankBlack_S
カッコいい‼️



↑このページのトップヘ