Rail20とPursuerで行く Kanさんの旅路

ヤフーブログから移転しました もともとオートバイ主体のブログでしたが ミニベロのRail20が楽し過ぎて 自転車ブログになりました さらには 折り畳みミニベロ Pursuerが増車 二台の自転車のサイクルライフを 記すブログになりました よろしくお願いします

タグ:ディレイラー

どうもこんにちは。
年末、いかがお過ごしでしょうか。
お体に気を付けてよい年末をお過ごしくださいね。

ところで、皆様は、microSHIFTのサムシフターを使ったことがありますか?



…たぶん、使ったことない人多いですよね。
私もそうでした。

そんな私ですが、先日初めてこれを操作してみたんです。

KHSの試乗会がありまして、そこで

に試乗してみたのですが
これが素晴らしかったんですよ。
Reynolds500のクロモリフレームって、こんなにいいんだ
しなやかでしっとりしていて、どこまでも走っていけそう。
うわすげえ…

なーんて思って、感動していたんですけどね。

このバイクが、microSHIFTのサムシフターを装着していたんですよ。
インデックスモードだったのですが、
その操作感の良さ!
カチカチって動く。
インデックスだけど、でも何速も一気に操作することも可能。
このシフター、凄くいい!


って思ってですね…
私の1号機、Rail20くんにつけたい!って思ってしまって…

買っちゃったんですよ…



MTB、10速用。
Circlesで右のみ購入。

KIMG9503

KIMG9505


いや、インデックスモードで動かしてみると
カチカチ動く~‼
気持ちいい!

ただ、フリクションモードで動かすと、本当にフリクションで動く感じ。
フリクション式であればDia-Compeのサムシフターのほうが気持ちいいのかも。



このシフターは、インデックスモードで用いて
真価を発揮する…

そう思いました。


私のRail20は9速…
このシフターは10速…

すでにリアディレイラーはRD-M640-SS”ZEE”に変更しており
このシフターであればWolftooth"tanpan"を用いずして
操作可能です。
フリクションで用いれば9速のままで問題ないけど
インデックスモードで動かすなら、
10速にする必要がある…



やるか。






10速化、決意。


通勤車でありチェーンの寿命や日常の使い勝手を考えると
9速で十分‼とずっと思っていましたが
あの、シフトのフィールを味わうには、10速化しかない…

(9速用もあるんですが、本当入手困難)



当初、SunRACEの11-40T スプロケットを用いようと思っていましたが
AliExpressでもなかなかいい値段するんですよ。
おまけに、いつ入荷するんだかわからない感じだし。

どうしようかな~、と思っていたある日
知ってしまったんです。



実は、RD-M640-SSは11-42Tを動かしてしまえることに…

公称ロー32-36Tですので、自己責任だと思いますが
きっと、動くぞこれ!
ってことで


KIMG9601~2

Shimano HG-500 11-42T購入。

11-13-15-18-21-24-28-32-37-42T。
いったい、こんなスプロケット、どこのミニベロが必要とするのか…

現状の9速 11-40T(11-13-15-18- -21-24-28-34-40)であっても、
40Tを使用する機会は99%ない(笑)
っていうか、ほとんど3速以下を使っていない、日常では。

しかし、葉山教会や武山など
心折れそうな激坂登頂には、メガスプロケットが、必要なのですよ…たぶん。
ヒルクライムで心折れそうなとき、最後の切り札が必要ということを
あの箱根旧道が教えてくれた…と思う。

私がやらずして
誰がこんなミニベロを作るのか…






KIMG9600~2

KIMG9602~2

チェーンはHG-X.
Shimano CN-HG95。
ミッシングリンクを介して装着。

KIMG9598
つどいしパーツたち。




さあ、やりますか…
KIMG9604コピー
現在のDia-Compeのサムシフター。


KIMG9605

現在のシステム。
SunRACE CSM990 11-40T。
Wolftooth"tanpan"
RD-M640-SS”ZEE”



KIMG9609

Dyna-Sys対応MTB10速シフター装着に伴い
Tanpanが不要に。
ただ、このディレイラーには、ケーブルのアジャスターがないため
Ritcheyのロードバレルアジャスターを併用しました。


KIMG9610

スプロケットも

KIMG9611

変更。


KIMG9612

406のミニベロに11-42T…
なんていうか、破廉恥というかお下劣というか…

すげえ気に入った(笑)

こう、無敵な感じがするね。
ハッタリが99%ぐらいかもしれないけれど、
でも、こういうのたまらない。


KIMG9613

出来た!


KIMG9614

42Tも動く!!!
やったやった!


サムシフターの操作で一段一段しっかり変速します。
ワイヤーを調整、スムーズにチェンジします。
(ただ、SISのように、外から3段目のギヤで半押ししてうんたら…はこのシフターにはないです)


Bテンションボルトは40Tの時から、
さらにもう少し締めこみ。
もう、ほぼ余裕ない感じ。
自己責任で…




KIMG9625

チェーンリングは引き続き54T。
これには不満なし。





KIMG9620

迫力あるリアビュー。
このでかいスプロケットが、
この自転車のありかたを物語っているかのよう。

痺れる~。

KIMG9626

さっそく試運転。

近所の21-29%の坂(たぶん、激坂)を一気にすいすい登る。
この破壊力、たまらない。

KIMG9627

いやいや、いいねえ。


KIMG9629

サムシフターのフィールもいいね~
最高。
カチカチ動く。
一段一段正確に動くけど、
結構一気に数段シフトすることもできる。

もう、シフトしたくて仕方ない(笑)





KIMG9630

1号機Rail20くん、
さらなる戦いの予感…






どうもこんばんわ。
台風ですね。
もうアラフィフで、また事故にあっても嫌なので
雨の日は公共機関を利用して通勤しています。
しかし、乗れないでいると、それはそれで、いろいろ妄想的改造プランを練ってしまいます。


LF_R5SH_img

こんなのつけたら、走り変わるのかな。



いや、ナローワイドで楕円でシングル対応で…
RIDEAかっこいいし、予算があったら試してみたい。

でも、こんなのつけたら、チェーン落ち易くなるんだろうな。
うちのは11-40Tを9Sのロード用RDで、ロードリンクを介して
頑張ってつけているような状態だから、
こんなチェーンリングには耐えられないかな?
シャドーのクラッチ付きディレイラーがいいんだろうけれど
KIMG7514
現在私が愛用しているエネシクロサムシフターでは
旧シマノ10速(4600系Tiagra、5700系105)までしか対応していないので
今のDyna-SysのMTB用ディレイラーはつけれらないし…
(ワイヤーの引き量が大幅に違うそうで、メーカーが公式に「無理」と回答しています)



…と思っていたら、
良いことに気が付いた。

107019550_o2_800x


これを入れちゃえば、引き量調整出来てワイヤー引ける。
そしたら、

pi-611630_1 (1)
こういうディレイラー(シマノDeore 10S用でGSアームのがありますが、これならなんとか収まるかな?フリクション式レバーのいいところで、totalの引きさえ合えば、あとは何速用だろうと収まるはず)
を付けて、チェーンあばれを減らしたうえで
安心して楕円チェーンリングを付けられる?

なんか、すごい感じ?





とりあえず今のシステムで行こう。
現状で、今のシステムにはそこまで不満ないし。
本当、お金がかかることばっかり考えて、やあねえ…

とりあえず、オートバイの時もそうであったけれど
自転車でも妄想族だなあ。


KIMG6572
KIMG6573

チェーンもスプロケットも汚れてきた
今朝は掃除


KIMG6574
スプロケットを掃除してたら
こんなものもくっついてた

チェーンとスプロケットを
クリーナーつけた
ペーパータオルでふきふき

ディレイラーやプーリーも
掃除

ある程度綺麗になったら
チェーンはクリーナーとブラシでしこしこ

KIMG6578~2
汚れを落として
グリスアップ


KIMG6576
KIMG6575
KIMG6577
こんなもんかな
今週もライドライド


KIMG6111
9Sながら11-40Tのワイドレンジスプロケットを装着、microSHIFT ADVENT コンポで作動していたうちのRail20君でしたが、最近
KIMG6164
以前の11-34T+microSHIFT RD-R51Mに戻しました。

理由としては、
オーバースペック気味になってしまったというのがあげられます。

KIMG6146

11-40T仕様で
13%程度の斜度と言われる横浜某坂に挑んでみたのですが、全然ダメでした。

というのは、
漕ぐのはまだ余裕があるのですが、
こぐのがきつくなる前に
フロントが浮いてビビりが入ってしまう(笑)
坂は、ある程度から先は
ギヤの大きさじゃなくて
ダンシングなどの技術の問題になる、
と何かで読みましたが、
その事を痛感した次第です。

ギヤがでかくなりすぎると
人間の足では踏めなくなる…確かに。


また56Tのチェーンリングとの組み合わせは
どうも無理があるらしく、
シフトが調子悪く
7-8-9速が不安定だったり
ナローワイドチェーンリングにも拘らず
チェーン落ちしたりしていたため、
このシステムでの維持には無理がある…
と思った次第てす。

もちろん、ADVENTに罪はなく
MTBを9Sでワイドレシオ化して
ガンガン走る、という本来の使い方でない仕様にしたことが良くなかったのでしょう。


KIMG6174


シフター、ディレイラー、スプロケットを前仕様に戻して、再びいい感じになりました。

もともと変更した理由が
激坂でヘタレだった、
というだけで
この仕様で実用上は大いに満足していたので、戻して走りやシフトが安定したためほっとしています。
シフトフィールはこちらのほうがずっと良いです(^_^;)

一方、リヤタイヤの大型化(20×1.95)は
そのまま継続しています。
フロントの軽快感(うちのフロントは20×1.35)は維持したまま、451並みにハイギヤード化したので、スピードを維持しやすくなりました。

しかも、エアボリュームが一気に増したので乗り心地も良好です。

KIMG6205
KIMG6206


KIMG6178

カッチョいいし(爆)

どうしてあんまりなされないのか
不思議です、funnybike化。




で、行き場を失ったADVENTのコンポ、SunRACEのスプロケットは
新たな主を求め旅に出たのですが…


KIMG6181

その旅立ちの場に
私が昨年手放したFocus君がまだおった‼️

…ちょっとショック。
もう次のオーナーのもと
走り回っていると思い込んでた。

良い主に出会えることを願って
立ち去りました。

(12/1追記 ADVENTのシフターとディレイラー、SunRACEのスプロケットはあっさり販売リストから消えてましたね‼️次の主の方、是非楽しんでください!!)

そのあと
KIMG6185
KIMG6183
元町の公園や

KIMG6190
山下の夜景を楽しみ

KIMG6200
きらびやかなみなとみらいを眺め
帰宅の途に。


自転車、奥深いなあ…

前回、microSHIFTのADVENTシフター、リアディレイラー、ワイドレシオスプロケットを導入
9速で5.09,1速で1.4というかなりなワイドレシオを達成した私のRail 20君。
しかし、ダートで地面にディレイラーのケージがぶつかるのでは?
という疑念を抱くほどにディレーラーが地面に近づいてしまいました。
KIMG6063


これに対してわたしは考えました。

「リアタイヤ,でかくすればいいじゃん‼」と。

実は、前からリアタイヤのサイズアップに興味はあったのです。
どうも、リアはすんなりETRTO451化できるらしいとか…

フロント406、リア451で
FunnyBikeを気取るのも
いいんじゃないかな~と思って。
(前輪より後輪が大きな自転車をFunnyBikeというそうですね)

前後でタイヤサイズが違うのは
オートバイの世界では普通だし
フロントは乗り心地重視、
リアは駆動力重視で
リアのサイズアップはどうかな?と考えていたんです。

ただ、ミニベロツーリングで
先日未舗装路を走ったところ大変楽しく、
今後も「未舗装路」に行く可能性があるので、
ロードバイクのような細いタイヤが主体の451化は個人的に却下していたのですね。

ETRTO406が私には合っている!はず。


しかし、タイヤサイズをアップしないと
未舗装路でディレーラーが地面とごっつんこしそうな気がする…

そしたら、幅の広いもっとでかいタイヤを履けばよい!
ということに気づきました。

そう思って調べていくと、
リム内幅×1.4~2.4が適正とうたっているロードバイク系サイトがしばしば見受けられます。
うちのRail20はリム内幅が13mm程度。
そしたら、18mm~31.2mmのタイヤしかはけないやん(笑)

っていうか、純正タイヤが32-406(20×1.25)なんですけど、Rail20。
ちなみにHPでは、リムサイズはHE 20×1.5となっています。

現在、若干サイズup,20×1.35のタイヤを履いて(タイヤ表記は32-406)
上記の計算式を逸脱した状態でガンガン走っていますが
全然問題ないですよ?

KIMG6133~2


と思っていたら
こんな記事を見つけました。

これだと、
HE 20×1.5のリムであれば1.0~2.2の幅までいけるじゃん!
と思います。

私が思うに、ロードバイクで多用されるWOリムと
わがRail20君が履いているHEリムでは
扱いが違うんじゃないかな~と。
どうでしょう?



ただ、だからといって
ミニベロにぶっといタイヤを履かせる人が
世にたくさんいるわけではないので
某大きなスポーツバイク専門店の店員さんに直球で聞いてみました。
「20×1.5のリムは、いったいどれだけの幅のタイヤがはけるの?」と。

そしたらその店員さんは、
「1.5であれば、1.75や1.95とはまでは大丈夫じゃないですか?」
「ただ、フレームに収まれば、ですけど」
とのお言葉。

「普通のミニベロはいいところ1.5程度の幅のタイヤなので、
それから上はBMXのタイヤだよね~!」
など、いろいろ教えてくれました。



よし!じゃ、やってみよう!
ということで



KIMG6087

KIMG6088

お求めやすい価格で評判が良い
TIOGAのPowerBlockを購入しました。
サイズは20×1.95(49-406)です。

これで直径はほぼ451タイヤとかわらないはず。
451が入るなら、これも入る!
フレームをみても幅は大丈夫そう。
って感じです。




KIMG6089


ただ、タイヤに「推奨リムはリム内幅24mm」とドカンと書いてあります(爆)
まあ、うちはジャンプしたりトリックを決めたり
激しいアクションしたりしないし…
1.5のリムなら大丈夫っていっているひといるし…
と、自己責任で装着することにしました。




家族団らんののち、
こそこそ夜勤を開始します。


KIMG6092

ああ、けなげに良く走るいいタイヤなのに
外されちゃう
Maxxis Overdrive eliteさん。
可哀そう…
持ち主を恨むように。


KIMG6097

PowerBlockと並べてみます。
一回り、でかさが違う。

KIMG6093

ついでに
今まで使っていたリムテープを外して
KIMG6094
Panaracerのリムテープに変えました。
幅は15mmです。


KIMG6095~2
チューブも購入。
仏式バルブがありがたいです。


KIMG6102

夜なのでちまちま写真撮っていません。
でもできた!


試運転の感じは上々。
なんつうか、速い(爆)


朝、出勤前に再度確認。


KIMG6114

KIMG6115

各部のクリアランスはこんな感じ。

フレームは問題なしですね。
Vブレーキも問題なし。


KIMG6113

ただ、1速にしたとき
ディレーラーのケージがタイヤにあたるギリギリ(笑)

数mmのクリアランスがあるので
大丈夫だと思いますが、
シフトチェンジできる範囲で
ディレーラーの1速での位置を
若干外側にずらしました。

なんかあったらいやですし。

ADVENT、即日入手困難だし…
日本で正規輸入してくれないかな…
microSHIFT。
頼みますよKHSさん

KIMG6063
使用前。

KIMG6111
使用後。

ディレーラーと地面の距離が
明らかに開きました。

ちょっと安心です。

KIMG6132~2
32-406 (20×1.35)の前輪

KIMG6130
49-406 (20×1.95)の後輪。

幅が、違いますね(笑)




このようなモディファイを受けてしまった
私のRail 20君。


KIMG6110

なんか、かっこいい!
(私だけかもしれないけれど)

リア周りから
パワーがみなぎっている感じ。




wor-0907-rdstr-02

こんなホットロッドみたい。
リアタイヤがでかいの、かっちょいいね。


フロントは、
今のMaxxis Overdrive Eliteが大変気に入っているので
変えるつもりなしです。
比較的軽いのに
悪条件下でも安定して
すごくいいタイヤだと思います。
当分、前輪はこのままで。







KIMG6125

さあ、出勤!



とりあえず、まだリアタイヤが新品なので
本調子はこれからだと思ってますが、
平坦な直線は結構速いです。
タイヤのサイズアップでハイギヤード化されたので
平坦地ではスピードに乗ります。
なかなかです。



タイヤのエアボリュームが増して
乗り心地もアップしました。

このため低めのギヤで
のんびり流して走るのも気持ちいいです。

もとより
この自転車では
20km台で巡航するのが
気持ちいい気がしますので、
こういうカスタムも
有りな気がします。


ただ、
ちょっと登り坂は重くなったかも。
しょうがないか。


近所の急坂も走ってみましたが
40Tではかなり軽く登れました。

しかし、タイヤが重くなった分
大楠山では厳しいかも(笑)
ちょっと、やな予感。

でも、大変楽しいからオッケー
30km以下のライドの楽しさを探求します。




KIMG6135

仕事帰りに
用事でみなとみらいを回って行きました。



いろいろいじってきたけど
今の仕様がいちばん楽しいかも。


しばらくは
これで走っていこう。

↑このページのトップヘ