Rail20とPursuer、Muirwoodsで行く Kanさんの旅路

ヤフーブログから移転しました もともとオートバイ主体のブログでしたが ミニベロのRail20が楽し過ぎて 自転車ブログになりました さらには 折り畳みミニベロ Pursuer クロモリグラベルクロスバイク Muirwoods 29SEが増車 3台の自転車のサイクルライフを 記すブログになりました よろしくお願いします ほか、音楽も好きです。心動かされた音楽について https://rail20rsc.blog.fc2.com/ でも書くようにしています。宜しくお願いします。

タグ:バーエンドバー

どうもです。

今朝は雨が降っていますね。
たまの休日、天気よくなると良いのでぬすが。


うちの3号機Muirwoods 29SE
ちょっとライズ&バックスイープ多めの
安定感あり
街乗り重視ハンドルバーの
Adept ST Bend-Back Barで
概ね不満なく走っていたのですが

先日行った
大楠山グラベルヒルクライム
の時に、
下りでは、フラットバーの方が
扱いやすいのではないか?と思うようになり
大弛峠アタック


の前にフラットバー化しました。

KIMG8815

ものはFunn。
flame PGという
青いフラットバーです。

最近、仕事で知り合いになった目上の方で、横浜ベイスターズを溺愛され
常に横浜ブルーな出で立ちをされている方がおりまして、
その横浜愛をリスペクトしているのですが、感化されたのか
なんか、ブルー、かっこいいな、と思い
自転車に青い部品を入れてみたくなったのです。

このハンドルバーがちょうどいい感じでした。

KIMG8816
前のポジションこんな感じ

KIMG8818
重ねてみました。

KIMG8820
自分にあわせてちょっとカット。

ちゃかちゃか組みます。

KIMG8825

KIMG8827

KIMG8823

KIMG8826
出来ました‼️
なんつうか、カッコいいね。
自己満足ですね😆

ちなみに、バーエンドバー
BBBのBBE-07を組みました。

以前Rail20にも組みましたが
いろいろなバーエンドバー試してきたけど、個人的にはこれが一番、と思いました。
リーチが150mmと長く、
根元を持ったり、先端部を持ったり
多彩な持ち方ができます。
マウントもしっかりしていて
安定感があります。

KIMG8817
なお、同じBBBの
BBE-18も試しました。

これはよりスリム、楕円形の断面です。
持ちやすさは好みと思いますが
僕はBBB-07の方が持ちやすい、と思いました。
また、マウントのボルトもBBB-07の方が太く、しっかり固定できます。
(ちょっとオーバートルクで締めてしまい、ハンドルバーのマウント部が少し歪んだのはご愛敬…走るのに支障ないので、トラブルになったら交換ということにしました)


KIMG8828

走ってもこちらの方がよりアクティブにコントロールできる気がします。
まあ、もともとこの自転車にはフラットバーがついていたので、原点回帰なのですが、一回りしてまたフラットバーが楽しくなった、ということにしましょう。
当座はこれでいきます。



KIMG8911
大弛峠も、このハンドルバーのおかげで、楽しく走って来れました☺️





KIMG8984
あと、磨り減っていたフロントブレーキのパッドも変えました。

KIMG8979

外して中性洗剤で洗っています。
(オートバイのブレーキメンテは、中性洗剤で洗うことが推奨されていたので、同様にやっています。)

KIMG8980

キレイにしたら、古いパッドをあててドライバーでこじってブレーキピストンを押し戻します。
そして新品入れてコッターピン戻しておしまい。


KIMG8985
テクトロの純正を入れました。
シマノや、その他社外でも互換性のあるパッドはいろいろあるようですが、純正の効きに不満がないので、そのままにしました。



KIMG9094
秋の向日葵。

どんどん走って、
どんどん新たな世界に向かって行きましょう。

また行きたいところも
思い付くようになりました。

一生懸命働いて😆
趣味タイムも楽しみます😊

ではではまた。

どうもです。

冬の晴れ間ですね‼
今日も自転車通勤です。

早く、温かくなるとよいのですが。

当方、3号機Muirwoods  29 SEですが、
ハンドルバーにAdept ST Arcade Bar
Forceの11cm Bar endバーエンドバー
KIMG6111

を用いてコクピットを形成しておりました。


KIMG6141

KIMG6142

バーエンドバーはグリップ内側に装着していました。
特にForceの11cm Bar endバーエンドバーにおいては
微妙に短い‼と自分は思っているTioga PowerStuds 5と比較し
KIMG6114~2

約2cm長い、絶妙な長さのバーエンドバー
(左がTioga 右がForce)で、結構気に入っていたのです。
KIMG6115

ただ、サムシフターを用いている都合上
この位置にバーエンドバーが入ると、若干シフターを離して装着する必要があり、
結果、ダートでのシフト操作性に若干の支障を感じておりました。

KIMG7034

このため、バーエンドバーをグリップ外側に変更したのですが
(この写真のバーエンドバーはTioga PowerStuds 5)
この再組み立ての時に、
え!ということに気づいてしまったのです。


KIMG7191

左側のForceのバーエンドバーを組む時に、オーバートルクで絞めてしまったのか
ハンドルバーの組まれていた部分にゆがみが生じていたのです。

で、とりあえずバーエンドバーを外して
グリップ外側に装着してみようとすると
KIMG7190
締め付けていくとめりめりっと
ハンドルバーが歪んでいくではありませんか‼

慌てて外し、自宅にストックされていたTiogaのバーエンドバーを装着すると
トルクをかけても自然に締め付けられ、組み上げることができました。

バーエンドバーが不良品だったのか、
組んだ時にそこまでバカ力で組んだわけではないと思うのですが
自分がおかしかったのか
それはわからないですが、
とりあえずバーエンドバーの交換、および位置変更で走っておりました。
乗っていて別段支障はなかったです。

ただ、アルミのハンドルバーが
このように歪んでしまったことがちょっとショックだったこと
何か、強い外力がかかったときに通常の強度が保たれているのか不安になってしまい
ほかに試してみたいハンドルバーがあったため、試してみることとしました。

KIMG7195

ものはこれ、
同じAdeptのST Bend Back Barです。
Arcade Barがバックスイープ27°、ライズ0に対して
Bend-Back Barはバックスイープ15°、ライズ5mmで
ちょっとアップ、ちょっと遠くなる感じです。
個人的にはArcade Barのほうがより舗装路でのクルーズより、
Bend-Back Barのほうがより未舗装路向けでのライドより、という感じです。
未舗装路の下りで、もう少しこんな感じだったら…と感じて
試してみたかったハンドルバーなのです。

また、この2本のハンドルバーに共通することとして
幅が600mm(笑)
歩道を走行可能な普通自転車の基準を満たすのです。
今のMTB用ハンドルバーは、これよりずっと幅があるものも多く
車道しか走れない車両も多いのですが
なんせ通勤がメインのストリート自転車ですので
こういったところは大事と思います。
もともとついていたフラットバーの幅は580mmですのでOK
さらに言えば、油圧ブレーキですので
取り回しの都合上あまりハンドル形状を変えられない、
という事情もあります。

KIMG7183

KIMG7182

ST Arcade Bar + Tioga PowerStuds5ではこのような感じです。

KIMG7194

ほぼメーカー設定通りの角度で装着してました。

さあ、外して組みましょう。

また、今回バーエンドバー、
前回「長さは十分」と書きましたが、
やはり「もうちょっと長ければ…」になってしまったので
新たにバーエンドバーを変更しました。
KIMG7196 1



Giant Contact Al Bar Endです。
(これはロングのほう。ショートも別にあります)
KIMG7203 1

TiogaのPowerStuds 5と比較して
絶妙な長さなのです。
エルゴデザイン形状で握りやすく、なかなかよいのです。


Amazonでは取り扱いなく、近所の某スポーツ店に在庫されていたものを購入しました。
(前から目をつけていた…ともいいます)

KIMG7219


KIMG7218

KIMG7223~2

組み上げてみるとこんな感じです。

KIMG7205
標準の角度だと、若干鬼ハンに感じたので
少し寝せています。

KIMG7221~2

KIMG7214~2 1

KIMG7217

ルックス的には
ライズがついて、ハンドルバー周りの表情がついた感じがします。
乗ってみると
Arcade Barのほうが、バックスイープ角が大きく手前に来るので
まっすぐクルーズライドしている分には楽な感じ
Bend-Back Barのほうが若干コントロール感が高まった感じがします。
ライドしている手ごたえはこちらのほうが上かな~?

同じメーカーのハンドルで
兄弟的な位置づけの2種のハンドルですが
ちょっと味わいが違うのが面白いです。

どちらが正解、というより
好みでお好きなほうを選ぶのがよいでしょうね。

バーエンドバーの変更もあり
乗り味若干変更になった
3号機Muirwoods 29 SE
より未舗装路、グラベル寄りになったような…気がします。
ちょっとだけワイルド?

また、山に行ってみたいねえ…










どうもです。

にて、ハンドル周りに手が入ったRail20くん。
更なるロングライド適性を求め、
グリップ内側のバーエンドを
BBBのバーエンドバーに変更しました。

KIMG2843
KIMG2844
KIMG2853

いんやあ、これはいいですね‼️
マルチポジションバー、って感じ。
持ち方もいろいろ出来て、多彩なシチュエーションに対応出来ます。
ロングライドでもつかれ知らずになりましたね😊

KIMG2841

とある通勤中の朝

KIMG2427


KIMG2428

通算11111km達成


よく、フレームの寿命っていいますけど
いつ来るんだろう

その日まで、乗り続けてみたいものです😊


KIMG2432
KIMG2437
KIMG2438

ハンドル回り、お色直ししました。


昨年の11月に変更後
大きな不満なくやっていたのですが
少しだけ、マルチポジションバー的な要素をいれたくなり、
Tiogaのバーエンドバーをグリップ内側に追加しました。
これもって伏せて走ると速い😊
ただ、見通しの良い、危なくない道限定(笑)
ブレーキから、手が離れます😅



グリップは
に変更しました。
軽くてちょっと固めでしたが
握っているうちに慣れました😊

KIMG2435


来るべき来年に向かってゴー

↑このページのトップヘ