Rail20とPursuerで行く Kanさんの旅路

ヤフーブログから移転しました もともとオートバイ主体のブログでしたが ミニベロのRail20が楽し過ぎて 自転車ブログになりました さらには 折り畳みミニベロ Pursuerが増車 二台の自転車のサイクルライフを 記すブログになりました よろしくお願いします ほか、音楽も好きです。心動かされた音楽について https://rail20rsc.blog.fc2.com/ でも書くようにしています。宜しくお願いします。

タグ:ブルホーン

KIMG3451~2

最近、仲間にお誘いいただき
ブルベというものに参加してみることにしました。
スタートが近日の予定です😊

都筑~横浜みなとみらい~ミウイチ~平塚~中井~秦野~帰り
という感じ。
200kmですって😅

知っている道が多いのですが、
平塚から先は知らない道ばかりでして
2号機Pursuerくんで下見に行きました。


ミウイチはパス。

引地川という川沿いに海を目指しましたところ、砂利道率が大変高くびっくりでした。
KIMG3460
親水公園にて、梅がきれいでした。

だいぶあちこちで梅が満開ですね‼️




KIMG3467

そんなこんなで海に出まして、
平塚から内陸へ。


KIMG3468
KIMG3469
貨物駅があるなんて知りませんでした😅
奥のほうにDD200がいました。

郊外に行くにつれ
のどかな風景、そして坂道が増えていきます。

途中、ミスコース!
坂道を延々と下ってから気づきました😅仕方ないので、延々と登ります(笑)


中井町まで来ると、かなりのどか。


KIMG3470

東名高速をこのアングルから見るのは新鮮でした。


この後、ちょっとした、体感的にはけっこうしたヒルクライムの後に、フォトポイントの富士見塚。

KIMG3471

富士山は見えなかったですが、眺めよしで癒されました。

KIMG3475
KIMG3479

この一帯、眺望よく楽しめました。


などと気を抜くと、再びミスコース😆
登らなくて良い登り坂を延々と再度登ることになりました。
下見にきておいて良かった❗
と思いましたよ。


KIMG3481
ここからは帰り基調。


指定時間内に走るには
16km/hのペースで走らないといけないのですが、コース確認などに手間取り、後半はこれをキープするのが大変でした😅
バッグにおやつやゼリーを入れ、信号待ちでもぐもぐタイムしたりしてハンガーノックを回避、コンビニでおにぎりを頬張り食事したりしました。

KIMG3486

ゴール予定のセブンイレブンです。

KIMG3487
137.58kmを8時間半で走りました。
16.18km/hですね。
休憩のとりすぎやらなにやら
本番ではもっと時間を効率よく使わないとダメかな…
一番苦手だ😊

200km走ったらどうなることか。
ミニベロ、頑張ります。

たぶん道を覚えたので、本番ではミスコースしない…といいなあ😅
何故かしてしまうミスコース😆



KIMG3494

帰宅後、1号機Rail20とまとめて洗ってグリスアップ。



Rail20は、ブレーキレバーが果たしてこれで良いのか、悩み続けています。
レバータッチが微妙…な感じ。
ドロップハンドル用のレバーを用いているから、仕方ないかな~😓



KIMG3029
KIMG3440
間違い探しです(笑)

Pursuerも、思いきって仕様変更しましたが、これは成功しました。
今日のライドで良さが実感できました。
そのうち記事にします。

それでは皆様おやすみなさい。


たくさんの葛藤の末
我が家にやって来た
クレージーバー
KIMG5190
下は今まで付けてたライズバー。
全然違いますね(笑)



KIMG5191

KIMG5196

KIMG5197


とりあえずつけて試運転。
今までと全然違う

大変面白い!!

ブルホーンとHバーが
合体した気分。


KIMG5202
KIMG5203
リアブレーキワイヤーが
ぱつんぱつんになってしまい
延長工事🚧しました。


KIMG5295
KIMG5294

ギザプロダクツの
カモフラ柄バーテープを巻きました。

KIMG5432
KIMG5433
KIMG5434

各パーツ含め角度の調整を繰り返し
現在に至っています。


先日90km走ったときも
手は全然疲れなかった。

普段はグリップ
休みたいとき、思いきり前傾したいとき
ブルホーン
マルチポジションなので
自在。

もう今までのハンドルには
戻れない…

正直、以前乗っていたバイクの
STI+mountain drop handleより
操作性良くて楽しい。

余ったバーエンドを切ることも
考えましたが、
雨の日、段差に乗って転倒してしまい
その際に、このバーエンドの
突出した部分のおかげで
グリップ類が傷付かなかったので
意味はあると考え
切るのはやめました。

↑このページのトップヘ