Rail20とPursuerで行く Kanさんの旅路

ヤフーブログから移転しました もともとオートバイ主体のブログでしたが ミニベロのRail20が楽し過ぎて 自転車ブログになりました さらには 折り畳みミニベロ Pursuerが増車 二台の自転車のサイクルライフを 記すブログになりました よろしくお願いします

タグ:ブレーキ

あらすじ:Pursuerくん、ワイヤー式機械式ディスクブレーキ、しょっちゅう調整しても、パッドとディスクの擦れる音が消えて行かない…どうにかならないかな?


KIMG0769



で、私は決めました。


改善することを。



そして、やりました。

KIMG0778~3

じゃじゃん!
GORIX G1 ハイブリッドディスクブレーキ
JuinTECH R1のOEMと思われます)
ワイヤー引き油圧ブレーキ導入です!!!

KIMG0781~2

ワイヤーで作動する油圧ブレーキ‼
非分解式、オイルのメンテナンス不要(つうか、できない)


これなら、いけるはずよ!


KIMG0788~2

ブレーキレバーも今までのVブレーキ対応のTektro RL-520から
Dia-Compeのキャリパーブレーキ対応のものに変更。



KIMG0799~2


KIMG0797~2

前後とも装着。

丁寧な取説が付いています。
なお、本キャリパーは160mmディスク対応につき、
140mmディスク車のためのマウントなどもついてきますが
Pursuerはもとより160mmなので使用せず。
今回は、シマノ純正のディスクのままにしました。



KIMG0795~2

また、Pursuerのリアブレーキキャリパーを止めているボルトがフレームの奥に位置しており、
このボルトを回すのに短めのアーレンキーが必要です。
要注意です。


KIMG0796

レバーも変更。
ワイヤーも新調しましたが、私は大ボケなので
ロード用ブレーキケーブルではなくMTB用を準備してしまい
慌てて途中で近所の自転車屋さんにロード用を買いに行く羽目になりました。




KIMG0800~3

ちょっと試運転しましたが、
これはいいですね~!
オートバイのディスクブレーキを思い出しました。

ワイヤー式のOn/Offみたいな利き方ではなく
握った分、ぎゅーと締め付けるような感じです。
さすが油圧です。
ただ、たぶん絶対的な制動力はあまり変わらないと思います。
フィールの改善、および油圧故にブレーキパッドのクリアランス調整が楽!といった
日常使いの自転車だからこそ大事な部分を重視しました。

KIMG0845



バーテープも巻いて
ご機嫌です。


KIMG0842~2


KIMG0834

KIMG0837

横浜、みなとみらい近傍にて。

うん、かっこいいね。僕のチャリ(大笑)


この日は、赤レンガ倉庫で自転車のイベント、およびトライアスロンレースをやっていました。



ブレーキ新生、新たに生まれ変わった(大げさ)気分になったPursuer くん。


ご機嫌で乗っていたところ、
また新たなトラブルがPursuer君を襲います‼( ゚Д゚)
Oh Jesus!!な感じ。



おまけにスマホもトラブった‼
(恐ろしいことに、SDカードがクラッシュ💦)




…何かの呪い?



こうなったらタダでは起きないぞ‼





続く、次回。たぶん。




KIMG0769

とにかく、よく引き摺り音が出るメカニカルディスクブレーキ。
自分でいくらやってもうまく行かず、某ショップで調整。
一緒良くなったがやはりしばらくすると引き摺り音復活。
まあ、ましにはなったけど…

ワイヤー引き片押しキャリパー故、どうしてもクリアランスは安定しないところがあるのかも(って言うか、ある)
某ショップ店長さんも、構造上どうにもならないところがあると言っていたけど…
どーしようかな

KIMG0774~2


あちこちポタリングしましたが
ブレーキ以外はいいね、Pursuer。
どーしようかな😅

↑このページのトップヘ