Rail20とPursuerで行く Kanさんの旅路

ヤフーブログから移転しました もともとオートバイ主体のブログでしたが ミニベロのRail20が楽し過ぎて 自転車ブログになりました さらには 折り畳みミニベロ Pursuerが増車 二台の自転車のサイクルライフを 記すブログになりました よろしくお願いします ほか、音楽も好きです。心動かされた音楽について https://rail20rsc.blog.fc2.com/ でも書くようにしています。宜しくお願いします。

タグ:ミニベロ

こんばんは。
いろんなドラマの挙げ句
なんとか完走した😅
都筑ブルベ200

完走メダルがきました。

KIMG3782~3

ささやかな名誉?
ちょっと嬉しいです。

どうもです。
新年度、はじまりましたね。
僕の職場も人事いろいろあり、
結構多忙でした。

土曜日はフリー、
一息つきたく、
天気もよく自転車でお出かけに。

KIMG3685

Pursuerくん、出動。

KIMG3686

折り畳んで、輪行でGo。


小田原駅まで行きます。
目指すは箱根。

KIMG3687

旧道をちょっと登ったところのファミマに立ち寄り。

この日は天気よく、もはや暑い😆
+強風(爆)

吹き下ろしの風がビュービュー…

って、これから登るんですが…


KIMG3689

上着を脱いで半袖に。

向かい風のなか、出発‼️



…キツイ😁


普段よりギヤ低めで走ってます。
まー焦らず、焦らず。

新道の交差点も過ぎ
箱根大天狗山神社前コーナー
c0c2a03adafdceaf06301c20c2910f39
(拾い物画像)

もクリア。


一生懸命畑宿を目指します。

いや、風キツイ。

ちょっと軽く左のふくらはぎがつりましたが、走りながらストレッチして改善。
徐々に腰痛も出てきましたが、やはり同様に対応。


畑宿の集落まで登り、
一回休憩しようかなーと思いましたが、
何となく素通り😊


箱根旧道名物七曲り、最初のカーブ曲がったところで一瞬左ふくらはぎと腰がヤバくなりましたが、再度走りながらストレッチ、難を逃れます。

馬鹿みたいな勾配ではない(と思っている辺り、なんかおかしいのだろうか)と思っていまして、粛々と1.2km走りクリア。

途中、すれ違った登山客の方に挨拶したら、「車に気をつけてね~」と優しく声かけられました。

七曲り後の直線基調の長い登り、
ここで再度激しい向かい風‼️

キツイ‼️

ついに1速34T投入
(フロントシングル、フロント50T)
ゆっくりゆっくり登りクリア


ダブルヘアピンも登りきり

箱根甘酒茶屋まで来ました‼️

KIMG3690


やったやった😆🎶



KIMG3691

風ビュービューであることをご理解頂けますでしょうか?


KIMG3693
KIMG3694

ちょっと一休み。

甘酒、ところてんがおいしいのです。



KIMG3697

足のストレッチをして、この頃には強風故にむしろ寒くなっており上着を来て出発。


芦ノ湖のほとりのセブンイレブンで再度休憩。


大観山まで一気に登りました。

KIMG3700

もう、風が激風です。

この写真を撮るまでに二回、風で自転車を吹っ飛ばされました😅 

KIMG3703

KIMG3704
ダムトラのカフェで
KIMG3702~2
フジヤマ マグマカレーをいただきました。結構おいしいと思います。


KIMG3705
その後、やはり同様に自転車を吹っ飛ばされていたミニベロの方がいました(ルノーのマッハ8)ので、お互いにこの強風のなか、ミニベロでここまで来たことを称えあい、写真を撮りお別れしました。


椿ラインを下りましたが、
うすうす思っていましたが
強風下のダウンヒルは恐怖でした。

ただでも高所恐怖症(笑)で、雄大な風景のダウンヒルは大変苦手なのですが、そこに挙動を不安定にさせる風がビュービュー吹いてきます。
サドルとペダルで下半身をホールド、
ブレーキをまめにかけ
焦らずゆっくり下りました(^^;


KIMG3707
しとどの窟入り口の広場で一度休憩。

この辺りまで降りてきたら、
風も落ち着き、快適ダウンヒルを楽しめました。
ブルホーンって、良いですね♪

以前、ここを滝雨のなか、死にそうになって下ったことがあり、その時辛くなって止まった道端に小さなお地蔵様がありまして、何となく手を合わせたのを思いだし、今日見つけたら手を合わせて行こう、と思ったのですが、残念ながら見つからず。

あのときは、幻でもみたのかもしれませんね。

KIMG3712

KIMG3722

この日は、ヒルクライムを登る喜び、そしてよい天気と景色を満喫できれば、自転車はもう満足でしたので、湯河原で温泉に入り最近疲れ気味の心身を癒すことにしました。


ここの日帰り温泉はオススメです。

源泉かけ流しの露天風呂、そして炭酸温泉、水風呂が織り成すハーモニー。

行けばわかります。
ついつい、長湯してしまうのです。


暗くなる前に帰ってワンコの散歩したい…とかいろいろ考えてましたが、やはり久しぶりの温泉はとても気持ちよくて、ちょっと長湯してしまいました(笑)

KIMG3717
KIMG3719



湯上がりにゆず豆腐をいただきました。
大変美味しく、湯葉が好きな長女のためこのお店の湯葉をお土産にしました。

KIMG3724
先の温泉のすぐそばにお店があります。

KIMG3721

千歳川の流れ。
鮎かいるそう。




KIMG3727

KIMG3733


湯河原の駅まで降りてきました。

KIMG3730

電車ですので、
帰る前に一杯(^^;


KIMG3734

箱根の山、湯河原の温泉
今日の日はさようなら。


KIMG3736

ホームから、桜吹雪が見えます。

春、そして新たな日々のはじまりですね。




さあさあ、帰りましょう。




また、走りに行こう。

行きたいところはいろいろあって、行けるときに行ってみようと思います。


Rail20もPursuerも、
ロードバイクには敵いませんが
自分的には良く走るので、
これで充分です。



あと、帰宅後にギヤがトップ(10速)に入らないことに気づきました。
見ると、大観山で強風で吹っ飛ばされ倒れた影響か、ディレイラーが曲がってました😆
用手的に修復(手で曲げ戻す)し、トップ位置をアジャスターで調整し復旧しました。



Pursuerくん

KIMG3617

リアタイヤ、もうちょい持つかな
と思ったけど、
そろそろ寿命の予感
(過去の経験から)
ライド予定あり交換へ

KIMG3622

今までの前輪を
ローテーション

KIMG3615

前輪を新品
および、いつ変えたか忘れたチューブも交換😊
タイヤはいつもの
Continental Contact Speed 20×1.1
結構、いいと思う。


KIMG3616
青空メンテナンス


KIMG3619
KIMG3620
ついでにプーリーも掃除
テンションのみRIDEAです。
ガイドプーリーは、
センタロンを生かしてシマノ純正。


KIMG3623

試運転も良い感じ


KIMG3625
KIMG3624

畳んでみました。
ハンドルもクイックリリースだから、
すぐに倒せます。
畳んでみればそんなにはみ出さない?


ポンチで印つけて
いつでも元の位置に戻せるようにしています。

Mustache Barのときは
ハンドルの角度を変えたくなくて
折り畳みの時もハンドルは畳まず

張り出したままだったのだけど、
何故こういう工夫をしようとしなかったのかは永遠の謎。






で、ライド準備オッケー
と思ったら
天気は下り坂
雨で中止になったのです😆






どうもです。

Rail20においてVeno Metropoint HandleBar装着、
新たな自転車観に目覚めた(笑)私です。
PursuerはNitto RM-016 Mustache Bar装着、ハイブリッドブレーキ導入時にDia-compeのDC204QCレバーを導入、今に至っていました。
結構気に入っていたので変えるつもりはなかったのですが…
Raii20にて「縦にハンドルを握れることがなんとよいことなのか」ということを学んでしまい…

Pursuerでもやったろか!
となってしまったのでした。あーあ。


物はこれです。
NittoのRB-021

KIMG3377

KIMG3378

KIMG3380

これはクランプ径25.4mm、幅420mm。


KIMG3375

ああ、Mustache Bar さようなら?

KIMG3384

ブルホーン‼


KIMG3385

ハンドルバーのクランプ、久しく動かしていなかったら
汗で錆びまくりでした…😅
ばらして掃除、グリスアップしました。
KIMG3386

TektroのRX 4.1 ブレーキレバーを使用予定だったのですが、
Dia-compeのENE サムシフターとの取り回しがうまくいかずお蔵入りに…



今まで用いていた

KIMG3387

KIMG3389

DC204QCを再度利用することとしました。

KIMG3390

ブレーキケーブルの取り回しに難が出るかと思いましたが、
Ashimaのフレキシブルリードパイプを用いて解決しました。
個人的にはフレキシブルリードパイプはAshimaのものがお勧めできます。
A△azonおすすめの中華ノンブランド品は、まったくしなやかでないことがありますが
これは非常にしなやかに良く動きます。


KIMG3393

ブレーキケーブルなども無事に調整し
ちょっと試運転。

バーテープは
I liveのecoバーテープを巻きました。
お洒落さんなのですが
まったく伸びないので、巻くのに気合がいりますね。
今回はうまく巻けたと思います。


KIMG3438

KIMG3435


KIMG3436

KIMG3434


KIMG3440

ハンドルやレバーの角度、レバーの遊びなど調整し
いい感じになりました。
(正直、部品を組むよりも、組んだ後にセットアップするほうがよほど大変で難しいと思っています)
ハンドルバーの角度は、ドロップ部が地面と垂直になるようにしました。
ケーブル類の取り回しも、納得いくものとなりました。
前述したフレキシブルリードパイプでの取り回しの感じは
上記写真を見ていただけると理解しやすいかと思います。

ベルは扇工業のバーエンドタイプにしました。


KIMG3417

大黒の海が似合うね(笑、大笑wwww)

今までのMustache Barと比較すると、
同じマルチポジションバーではありますが
横~斜め握りが主体のMustacheと比べ
やはり縦に握ることが主体となります。
RB-021はドロップ60mm、リーチ167mmで前後に長さがあり、
手前を握れば楽な姿勢、遠くを握れば前傾姿勢で
状況に応じて様々に姿勢をとれるのが素敵です。
ドロップハンドルのブラケットポジションに近いですが、でも似て異なると思います。

感動したのはヒルクライム。
手首をひねらずにまっすぐ握れるため、
バーをしっかり握って体幹の発条を用いてペダリングするのがとても楽です。
凄い坂道が楽になりました。

直進に強く、下りもハンドルに楽に手を添えるだけで行けるので
下り坂への苦手意識の軽減に役立ってくれそうです。

KIMG3451~2

KIMG3472


KIMG3479

140kmほど一気走りしましたが
感想は「これは楽だわ‼」ですね。
世間でブルホーンバーが人気があるのがわかる気がしました。
ただ、Mustache Barのような愛嬌はちょっとないかな?
実戦的な印象を受けました。

単純に「走る」という目的に対しては
今まで使ったハンドルの中では(Focus Mares時代を含め)これが最も良い、
そんな気がします。

Rail20のVeno Metropoint Barとはまたちょっと違いますね。
もちろん、先日のブルべで200km走ってもポジション由来の疲労はあまり感じず
Metropoint  Barも「旅する自転車のハンドル」としては優秀だと思いました。


Rail20もPursuerも、
それぞれこれからに向かってセットアップが進みはじめたと思います。
今後のライドが楽しみです。

KIMG3605 1

今年も桜が咲きましたね
花粉とともに春ですね~♪

桜が見頃な時期は短いですから
眺められるうちに眺めておきましょう。

四季は巡って行くので
走れるときには走っていきましょう。




東京地方に青空が広がって 春なのに25度を越えていこうとするような時もあるさ あるさ なんだかそれはデート日和なんだ 風が吹き続けて いつもここにいるよ 何かいいことがあったはずさ 風が吹き続けて いつもここにいるよ だれかがいつもそばにいたはずさあ

fishmans 「Weather Report」より



↑このページのトップヘ