Rail20とPursuerで行く Kanさんの旅路

ヤフーブログから移転しました もともとオートバイ主体のブログでしたが ミニベロのRail20が楽し過ぎて 自転車ブログになりました さらには 折り畳みミニベロ Pursuerが増車 二台の自転車のサイクルライフを 記すブログになりました よろしくお願いします

タグ:メンテナンス

前回掃除したPursuerくんのフロントディスクブレーキ、引き摺りが断続的に続いてます。
再度バラしてみました。

KIMG0592~2


パッドが段つきで磨耗していたので

KIMG0591_01_BURST1010591_COVER~2
ヤスリで面取りしてみました。

KIMG0594~2


キャリパーの位置も調整
ワイヤーやアジャスターもやり直し


試運転してみましたところ、引き摺りはほぼ消滅しました。


KIMG0593
KIMG0595
引き摺りが改善したら、走りが軽くなった気がします。

ぼちぼちやりますが、
いずれはパッド交換だな。

シマノのマニュアルでは、キャリパーは外さず、車輪を外してメンテナンスするように記載されています。
確かに、一度正しい位置で組まれたキャリパーを外すと、あらぬ歪みが出そうな気がしてきました。
リアは、前回に記載したように、キャリパーサポートごと外さないとキャリパー外れず、キャリパーサポートのボルトはワイヤリングされていて、下手なことしない方が良さそうな雰囲気ですので、車輪外してメンテナンスしようと思います。

KIMG0599


うちの犬。
なんとなく。

KIMG0545

最近、引き摺りが気になるブレーキ

KIMG0547
外してパーツクリーナーで洗浄

KIMG0548


ちょっとマシになったような
空転させると
軽く回るようになりました


KIMG0549
KIMG0550


リアはキャリパーのボルト外せないぞ(笑)

KIMG0551~2


キャリパーマウントから外すしかないのかな(ワイヤリングされてて驚いた)


KIMG0553


ちょっと掃除して
多少綺麗になったPursuerくん

諸事情で入院中のRail20くんも
そろそろ帰ってきます
(今後記事にします)

マッタリぼちぼち行きましょう

KIMG6572
KIMG6573

チェーンもスプロケットも汚れてきた
今朝は掃除


KIMG6574
スプロケットを掃除してたら
こんなものもくっついてた

チェーンとスプロケットを
クリーナーつけた
ペーパータオルでふきふき

ディレイラーやプーリーも
掃除

ある程度綺麗になったら
チェーンはクリーナーとブラシでしこしこ

KIMG6578~2
汚れを落として
グリスアップ


KIMG6576
KIMG6575
KIMG6577
こんなもんかな
今週もライドライド

私のRail20、
ハンドルを変更してから
KIMG5213
シフトケーブルの長さに
あまり余裕がありませんでした。

KIMG5460
このため交換。
シマノ純正のステンレスインナーケーブル、アウターケーブルを用いて延長しています。

KIMG5462~2
古いワイヤーはさようなら。
錆びてます。

写真を撮りませんでしたが、
ディレイラーは調整しました。

外側から2→3枚目のギヤのところで
シフターを遊びがなくなるまで押すと
音鳴りがするところがベスト、
というのはやっているとわかってくる気がします。
確かにその状態が一番よくシフトが決まります。


このあと、
ディレイラーに大トラブルを抱えていたことに気付くのですが…

それはまたあとで

たくさんの葛藤の末
我が家にやって来た
クレージーバー
KIMG5190
下は今まで付けてたライズバー。
全然違いますね(笑)



KIMG5191

KIMG5196

KIMG5197


とりあえずつけて試運転。
今までと全然違う

大変面白い!!

ブルホーンとHバーが
合体した気分。


KIMG5202
KIMG5203
リアブレーキワイヤーが
ぱつんぱつんになってしまい
延長工事🚧しました。


KIMG5295
KIMG5294

ギザプロダクツの
カモフラ柄バーテープを巻きました。

KIMG5432
KIMG5433
KIMG5434

各パーツ含め角度の調整を繰り返し
現在に至っています。


先日90km走ったときも
手は全然疲れなかった。

普段はグリップ
休みたいとき、思いきり前傾したいとき
ブルホーン
マルチポジションなので
自在。

もう今までのハンドルには
戻れない…

正直、以前乗っていたバイクの
STI+mountain drop handleより
操作性良くて楽しい。

余ったバーエンドを切ることも
考えましたが、
雨の日、段差に乗って転倒してしまい
その際に、このバーエンドの
突出した部分のおかげで
グリップ類が傷付かなかったので
意味はあると考え
切るのはやめました。

↑このページのトップヘ