Rail20とPursuerで行く Kanさんの旅路

ヤフーブログから移転しました もともとオートバイ主体のブログでしたが ミニベロのRail20が楽し過ぎて 自転車ブログになりました さらには 折り畳みミニベロ Pursuerが増車 二台の自転車のサイクルライフを 記すブログになりました よろしくお願いします

タグ:修善寺

KIMG1819

皆様どうも。

緊急事態宣言、おしまい?ですね。

はまべろ倶楽部にてライド
行って来ました。行き先は伊豆。


以前、一人旅で行ったルートが
風景良く走り応え充分だったので
はまべろの有志をお誘いして
行ってみました。
KIMG1818


三島まで新幹線

台風一過で富士山が綺麗です。

KIMG1820

三島で集合
街を抜け狩野川へ

line_275214180785428~2
富士山をバックに
狩野川CRを皆で快走


ちょっと富士山
この日は雲の向こうに隠れちゃった


KIMG1821
県道17号に出ました。
一気に海の香り


KIMG1822


快晴のもと
風光明媚な海岸線ライド

大瀬崎まで来ました。
KIMG1823


メッカとのことで
たくさんのダイバーの方がいました。

1633254990801-0~2
みんなでゆっくり。

line_275123145167546~2

神社を通っていくと

KIMG1825


そこには淡水の池がございます。
すぐそこは海なのに、
鯉が泳いでいます。


KIMG1826


神池という池です。
何故か淡水。

ここに手を出すと
ろくなことにならないよう。

おかげで何故淡水なのか、
今日においても不明のまま。

1633254945122-0~2

1633255156696-0~2
皆で眺めます。

個人的には、もうちょっと神々しい感じの池かと勝手にイメージしていたので、ある意味普通の池にしか見えなかったことが意外でした。


1633255007801-0~3

さて、大瀬崎で
三島にもどる組と
さらに戸田へと前進する組に別れます。


私は、戸田の魚料理が食べたいので前進。

KIMG1828

沼津から土肥を結ぶ

県道17号は、沼津~大瀬崎は
ほぼ平坦ですが、
大瀬崎以後戸田まではそれなりにアップダウンし始めます。

大瀬崎からしばらく登り。
一気に大瀬崎が眼下に下ります。

本当、富士山の雲がなければねー😅

まあ、仕方ないね。

大瀬崎~戸田間は
登って下って登って下る、
そんな感じです。



KIMG1830


煌めきの丘。



KIMG1832
KIMG1833


出逢い岬。


KIMG1831
Pursuerを担ぐ私。


自転車でここまで来ると
ちょっと、嬉しいですね。
戸田の街、御浜岬、富士山の眺めが出逢う、まさに出逢いの岬。

1633255025069-0~2

戸田組は三台です。
向かって左から
隊長。Caracle-S。坂が好き。鉄人。はまべろを創設した偉い人。
Jさん。F20G。はまべろ創設時よりの古参メンバー。いぶし銀。
そして私Kan。Pursuer。たぶん新参。風景のいいところと温泉が好き。



さあ、ダウンヒル!!


一気に戸田の街へ。


今回は前から気になってた
の一食堂に行って来ました。



最近、駿河湾のトロール漁が始まり、
深海魚がこれから旬だと思います。

深海魚を食べたい‼️
と思いお店に突撃

「今日の深海魚のおすすめはありますか?」と伺ったところ…







「昨日、台風で漁が出来なかったので、今日は深海魚の入荷がないんです」




なんですと~‼️




まーしゃーないね。
台風一過なのでお天気良いわけで
嵐のなか、漁には行けるわけないもんね。


KIMG1836


私は海鮮丼を頼みました。

1633262147598-0~2

これはJさんが頼んだ刺身定食。


海の幸はさすがに美味しかったです。
スーパーとは違う(笑)


いや、満たされたね‼️
確かな満足です。





…さあ、行きますか。



戸田峠。


海辺から出発
約10kmで標高730m登ります😊




前来たときは、8月で暑かったんですよ。で、死ぬかと思ったんですね。


流石に10月なら涼しいだろう…
と思っていたのですが
昨日の台風のため
大変暑い日になってしまった…



とにかく、行くよ‼️

だいたい10kmなんですが
約4kmぐらいから、坂らしくなってきます。





三人でアタック‼️



しこしこ登ります…

…暑い(笑)

KIMG1837


前回同様、沢でクールダウン。
絶妙なところに沢があるのです。

KIMG1838


ちょっと余裕ができました。


KIMG1841


さあ、行きましょう。



KIMG1842



隊長も沢で顔を洗いました。


Jさんは、休むとペースが乱れるためとのこと、先行して登って行きました。



後半戦(沼津方向に向かう真城峠との交差点以後)は、延々と登ります。
暑さが堪えますね…


途中、何かの作業をしに来ていたおばちゃん?に「そんな小さなタイヤの自転車で頑張るね‼️」と声をかけられました。


頑張れ頑張れ✊‼️





マイペースで登り続ける
Jさんに追い付いた‼️

…と思ったら、久しぶりに足がつりました😆
あと2kmぐらい、痛恨の一撃をくらい、一度ストップ😢

足をストレッチして再発進‼️


Jさん、私、隊長で
登って行きます。




もうちょい、もう少し…

頑張れ
頑張れ


1633263539369-0~2


着いた‼️




KIMG1843



戸田を見下ろす見事な眺望。

KIMG1844


やったー😆🎶


KIMG1847



やりました




line_275169461940237~3



戸田組、
戸田峠登頂‼️



今回、てっぺん一番乗りはJさん。
ひたすら安定したペースで走り続けるいぶし銀のヒルクライム。
流石でした‼️

本当、登りきると嬉しいね。
この喜び感動、プライスレス。






さあ、修善寺に向かって下ります。


KIMG1849



約1km下ったところにある
達磨山レストハウス。

またまたいい眺めなんですよ。

富士山が見えなかったのが
やはり残念ですが、でもやはりいい眺め‼️


line_275162754103573~2



みんなで感動です。

ここまでミニベロちゃんで走ってきたから、感動倍増プライスレス😆


KIMG1850


ソフトクリームがうまいねん。


KIMG1851~2


みんなでのんびり。




登ったあとのスイーツは美味しいのです。





さあ、だいぶ日も傾いて来ました。


修善寺まで一気に下り
(ダウンヒル、楽しかったです)


諸事情で帰路に着く
Jさんと別れ


KIMG1853~2


温泉。

リーズナブルなお値段で

大変気持ち良いお湯です。
檜作りの湯船が綺麗で
清潔感があります。

いや、さっぱり‼️



KIMG1857
そして、今回のゴール
修善寺駅。

大変綺麗な駅舎です。


KIMG1859~2


御褒美。





隊長と共に輪行の人となるのでした。


いや、頑張った。
景色、グルメ、そして坂。

大変満足なライドでした。


ただ、毎回坂ライドしていると疲れるから😆、もうちょい緩いライドもしたいな😊


ご一緒して頂きました皆様
ありがとうございました。

また、遊びましょう‼️


1633265584165-0~2


ちなみに、三島リターン組は
鰻など食べられたそうです。

これは、旨そうですね。
ちょっと、うらやましいかも😏


最近思うこと、一言だけ。

出来るうちに、やりたいことはやりましょう。出来なくなってからでは、やりたくても出来ません😅


ではでは皆様さようなら。
また会う日まで(笑)


皆様こんにちは。


オリンピック連休ですね。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

24日、甲州に行ってみようと思っていたのですが、天気予報悪く、以前より、一度自転車で行って見たかった、西伊豆のワインディングロードに行ってみることにしました。


KIMG1310


輪行にて、2号機Pursuer出撃です。


KIMG1312


こだまに乗っちゃいました😅
贅沢〰️🎵



KIMG1314

車窓より、富士山。


KIMG1316


三島駅到着‼️


早速南下。
日差しが暑いです…

コンビニで飲料水やカロリーアイテム補給。


KIMG1317

狩野川にでました。

KIMG1318

鮎とかが有名なんじゃなかったでしたっけ。
清流です。

KIMG1319


その後、狩野川沿いに走り、西海岸を目指します。


KIMG1322


この山の向こうは、海。
潮の香りがします。



KIMG1325


KIMG1327

KIMG1328

県道17号を海沿いに走っていきます。
大瀬崎を経て、戸田の街を目指します。



など、今まで私の旅において、幾度も登場したこの道。


breva 県道17号 その3

オートバイに乗らなくなって久しいけれど、
この海沿いの素敵な道を、今なら自転車で走れるかも…

と思いやってきた次第です。


すでに富士山は雲の向こう。
でも夏空快晴です。


KIMG1331

大瀬崎まではあんまり高低差なく、海辺の鄙びた風景を楽しみながら走れます。
もう、夏だわ(笑)


KIMG1332

この辺りから、徐々にヒルクライムが始まります。

KIMG1333

先の大瀬崎から数分で


KIMG1338

一気に見下ろす感じになります。

いや、いい感じになってきましたね~♪

KIMG1343

高台から眺める海も乙なものです。

KIMG1346

井田トンネルを抜けるとしばらくダウンヒル。

ヒルクライムもありますが、緩やかであんまりきついところはない…かな?


KIMG1348

県道17号のいいところは、ところどころ見晴らしの良い駐車場があるところ。
ブロガーとしては、写真を撮りたくなるので足をちょっと休めて(笑)
眺めに行きます。

KIMG1349

先の井田の街と海を眺めます。
西伊豆らしい光景です。




で、またちょっと下って登ってやっていきますと…

KIMG1354

出会い岬にたどり着きました。


ここまでくれば戸田はもうすぐ‼


KIMG1372

戸田の街、御浜岬を眺めます。
結構、絶景かも。

青い空、青い海、そして素晴らしい眺め。



KIMG1373

さあ、この坂を下って行けば戸田の街です。


ゆっくり、気を付けて下っていきましょう。

KIMG1374

街が見えてきましたよ!


KIMG1389

KIMG1386




KIMG1394

戸田の港です。

漁業が盛んな海の街ですね。


釣り人がたくさんいました。
久しぶりに、釣りしてみたくなりましたね


KIMG1377

御浜岬にもちょっと行きましたが
海水浴のかたがたくさんいらしていました。

いいなあ、海水浴。

ちょっと、行きたいかな。


でも、水着ないのでやめときましょう。


KIMG1385

そろそろお昼に。


なぜかいつも、ここにきてしまう丸吉食堂。
美味しいですよ。

KIMG1383

黒ムツの煮魚定食です。
深海魚で、かなり貴重ですが、普通の定食の値段でした。
白身ですが程よく脂がのってて美味しかったです。

戸田に来たら深海魚を食べたくなるのです。

KIMG1395

腹ごしらえしたら、午後のメインイベントに向かいます。


KIMG1396


そう、戸田峠。





結構きつい、ヒルクライム。
今まで、オートバイでは幾度となく登っています。






戸田峠 その3


戸田峠その2




戸田峠 その1

前述したブログツーリングより。

いや本当、懐かしいな…


ただ、あのころ、ここを自転車で登ろうなどとは、夢にも思っていませんでした。


戸田まで来たらさ、ここ登らないと、帰れないよ( ;∀;)


一丁、頑張ってみよう‼

KIMG1402

道の駅で心を整え、覚悟を決めます。


KIMG1399


ここの自販機は




KIMG1400

タイヤチューブも売っています(笑)
20インチ用はさすがに無さそうですが。




時刻は昼下がり。
気温、激アツ(知らないけれど、30℃オーバーは確か)
日差しガンガン。




こんな中、ヒルクライムは無謀かも…と思いましたが
飲料水を補充し、芍薬甘草湯やら塩タブレットやら摂取して出発…!



あちい。
あつい。
日差しキツイ。


わかっちゃいたけれど
やっぱ暑い‼


序盤からペース上がらず苦戦。


KIMG1403

最終自販機で、さらに水分補給します。
なんか、死んじゃうんじゃないか…と思って。




で、しこしこ7%だか10%だかの坂を地道に登っていきますが
登り始めて4kmぐらい?(よく覚えていない?)で
本当に身体がうだるように暑くなり、
熱中症の予感がしてきました。


やばい…と思っていたら沢の音が‼


KIMG1404

うひゃ~❕
清流ですよ清流‼

綺麗な冷たい水で
頭から顔から手足から
じゃぶじゃぶ水かけて一気に冷やします。

身体中水没しましたが復活!


超気持ちいい。





いや、やはり暑いときはクーリングだ!

KIMG1407

日陰でPursuerも一休み?


気を取り直してヒルクライム再開。

その直後に12%の勾配標識があったものの
沢水クーリング効果持続、えいやえいやと登っていきます。





KIMG1408

分岐点。
左に行けば、確かそんなに激坂ではないはず。
県道17号方面に向かう、要は来た道に戻る山道です。

まっすぐ、あと4km?ぐらい行けば、戸田峠登頂。
もう少しだ、頑張れ!

ってことでてっぺん目指して出発。


KIMG1409

ところどころ、木陰が気持ちいいです。



が、木陰がないところは直射日光です…

あつい…


KIMG1410

まー、斜度注意な標識でも一枚。

断続的にこの看板は10%強の数値を記載してこのあともお見掛けします。


KIMG1411

こんな感じの道が持続。



KIMG1412

途中、道の安全を期して拝んでいきます。


KIMG1413

さあ、ラストスパート‼





ちょっと曇り空になって
気持涼しくなりました。

僕の記憶の中のてっぺんが近づいてきています。


もう少し、もう少し…


KIMG1414



やった!てっぺんだ!
(この交差点が頂上)


KIMG1423

戸田峠バス停で記念撮影。


KIMG1417

見晴らし台があるのですが
曇ってきたこともありあんまり眺めは良くなかったです。


でも、ここまで自転車で来れたよ‼
いや、信じられない。
すげー頑張ったと思うの、僕。

KIMG1420

滝汗(笑)





KIMG1426


さあ、伊豆市に入って
ここからはダウンヒルです。

KIMG1429

下り途中のだるま山レストハウスで一休み。

水分補給、
KIMG1431

ソフトクリームもね。(美味しかった!)


ダウンヒルは、幸せなのですが、
結構舗装が荒れておりまして、Pursuerともとも衝撃をこらえて下ります。

ロードバイクの人が横からぶっちぎっていきますが
無理はできません。

登りではドラマ、下りでは事故が起こる
という、自転車界の名言を肝に銘じて、無理のないペースで下ります。

KIMG1432

下りも眺め良し‼


いい青空。


KIMG1435

修善寺で温泉、筥湯にて今日の汗を洗い流します。

まだ時間には余裕があったので、熱海まで行っちゃおうか?
なんて思ったりもしたのですが、
この日の夜はオリンピックの開会式でしてこれを見たいのと、
目的であった県道17号および戸田峠ライドを達成したので
腹八分で引き上げることにしました。
もちろん、帰りも輪行です。

いやー、温泉って気持ちいい‼

身体の芯までほんわかして出ました。

KIMG1439

お風呂を出たら、グローブが片方しかなくて、
ちょっと驚きましたが、少し離れたところに落ちていました。

きっと押しているときに落としたんだろうな…
出てきてよかった。




KIMG1438

修善寺の温泉街にも、ぼちぼちと観光客の方々がいました。
こういうところは、家族とかでのんびり来るのがいいのかも。
しっぽりしたいな。




KIMG1441




帰り、修善寺駅を目指して走っていたら
再び狩野川が。
少し眺めていたら
なんだが寂しい気持ちになりました。




Radiohead「KID A」収録の名曲、How to Disappear Completelyを思いうかべてしまいました。



That there, that's not me
I go where I please
I walk through walls
I float down the Liffey

I'm not here
This isn't happening
I'm not here
I'm not here

In a little while
I'll be gone
The moment's already passed
Yeah, it's gone

And I'm not here
This isn't happening
I'm not here
I'm not here

Strobe lights and blown speakers
Fireworks and hurricanes

I'm not here
This isn't happening
I'm not here
I'm not here

 


あそこのあれ
あれはぼくじゃない
ぼくは行く
気の向くままに

壁をどんどん通り抜け
リフィ河を漂い下る
ぼくはここにいない
これは現実じゃない
こんなとこにいない
こんなとこにいない

もう少ししたらぼくは消える
この瞬間は既に過ぎた
そう、過ぎたんだ
だからぼくはここにはいない

こんなとこにはいない
こんなとこにはいない

ストロボの照明と爆発寸前のスピーカー
花火にハリケーン

ここにはいない
これは現実じゃない
ぼくはここにはいない
ぼくはここにいない

レディオヘッド 『キッドA』‟ハウ・トゥ・ディサピア・コンプリートリー” 対訳:山下えりか


生活、仕事、お金…
いろいろなことを抱えて日々疾走していると
ふとした瞬間に立ち止まることがあるのかも。


そんな人間の心とは無関係に、
ただただ河は流れていく。

そんな河をただ眺めているのが、好きだ。


ただ、いつまでも眺めてもいられないので出発。

KIMG1445

修善寺の駅に到着。



KIMG1446

バイバイキーン‼


伊豆箱根鉄道、駿豆線で三島駅、そしてまたまた新幹線のっちゃった(笑)

運賃で言えば、結構贅沢な自転車旅かも。



ま、楽しかったからいっか。
またそのうち、行きたいところと行ける時間ができたら行こう。




帰宅後、オリンピック開会式を見ながら爆睡(爆)
家族に、「寝てる寝てる!」とおしかりを受けるのでした。


お土産はワサビとところてん。
みんな大好きところてん。


ところてんの助


ところ 天の助…



それでは皆様サヨウナラ。
また逢う日まで。

↑このページのトップヘ