Rail20とPursuer、Muirwoodsで行く Kanさんの旅路

ヤフーブログから移転しました もともとオートバイ主体のブログでしたが ミニベロのRail20が楽し過ぎて 自転車ブログになりました さらには 折り畳みミニベロ Pursuer クロモリグラベルクロスバイク Muirwoods 29SEが増車 3台の自転車のサイクルライフを 記すブログになりました よろしくお願いします ほか、音楽も好きです。心動かされた音楽について https://rail20rsc.blog.fc2.com/ でも書くようにしています。宜しくお願いします。

タグ:未舗装路

どうもこんにちは。
本年2024年もGWになりましたね。
日々あわただしく過ごしていますが
せっかくの休日
ちょっとお出かけしてみました。


KIMG20240428_081101170

とりあえず、横浜から国府津まで輪行。
3号機Muirwoods登場です。


KIMG20240428_081515132

最初、小田原まで輪行するつもりでしたが
車窓からの海がきれいで
ふと早めに降りてしまいました😏


KIMG20240428_081713990

この日は快晴そのもの。
富士山、見えるかな。



R1を西へ箱根に向かいます。
湯元手前から旧道に抜け、徐々に登っていきます。

KIMG20240428_091234625

やはり快晴。
さすがGW、っていうかもはや夏日。
(関東でも今年初の真夏日になったとか)
途中のコンビニで充分な水分を補給し
道を進めます。



旧道から箱根の湯のところの交差点を左折
小田原湯本カントリークラブまで約1㎞のなかなかな登り坂を上っていくと

KIMG20240428_092916666

今回の目的林道の入り口がありました。

KIMG20240428_093148143


過去、W650BrevaV750Focus Maresでも走った
箱根の林道。

Focusで来たときは、入り口の坂は登れないわ、林道を走り切ったものの
その後大雨で勇気ある撤退に至ったなど結構きつい思い出となった場所ですが
いま走ったらどうなのか?
行けるときに行ってみる!ということで6年ぶりの再訪となりました。



なお、入り口手前に


KIMG20240428_092814389

でかい倒木がありました。
気をつけねばなりませんね。


KIMG20240428_094601519

しばらくは登り主体の舗装路が続きます。
路面には苔やら枝葉やらいろいろ落ちておりますので、
気を付けて登っていかねばなりません。


KIMG20240428_095446477

途中、ターンパイク上を陸橋でわたります。
シングルエンジンの音が聞こえてきたので、
もしかしたら林道を走っているバイクかな?と思いましたが、
ターンパイクを走っているバイクの音でした。

残念。

KIMG20240428_100342674


さあ、ダートの入り口です。
私がオフロードバイクで走っていた90年代よりは
だいぶダートは減りましたが、それでもまだまだ残っているようです。




KIMG20240428_101248842



基本的には木々の中を走っていき
眺望の良さはあまりありませんが
ところどころ視界が開け

KIMG20240428_101449097

左手には相模湾が見下ろせます。


KIMG20240428_102921680


路面も多彩で
フラットな土の路面、玉砂利、デカい石ゴロゴロのがれ場など
いろいろなシチュエーションがみられます。
ほか、林道中には急坂はないと思います。


途中、星が丘公園があります。
ここまでダートは4km程度。

KIMG20240428_110553425

真鶴半島など見渡せ、
大変眺望の素晴らしいところです。

KIMG20240428_110502449


友達の鐘、
大きくひもを引いてならしたら
大轟音になってしまい
慌てて止めました。




さあ、すすんでいきます。


KIMG20240428_113934324


星が丘公園よりゴールのしとどの窟のあいだのダートは
概ね6km程度。
(星が丘公園から先、ゲートがあります。自転車は横から入れますが、自己責任でどうぞ。)

KIMG20240428_115543105

こちらのほうはゲート閉鎖されていることも多く
路面が荒れている傾向です。

KIMG20240428_115903917

でかい石ころがごろごろしているところもあり
気をつけて走っていく必要があります。
同じ自転車で走る、でも
オフロードのほうがやはり技術を要します。
一生懸命バランスをとって、頑張って進みます。


もちろん無理しない、ことも大切な気がします。



途中、オートバイのオフ車3台組に出会いました。
数は減ってもまだまだ走っている方はいらっしゃるのですね。


KIMG20240428_121732408



ここの林道には
いつも、大きな水たまりがあるように思います。
オートバイの轍がみえますね。
先の人たちでしょうか。


KIMG20240428_122410934


さあ、汗汗かいた
林道走行もおしまい。
(ここにもゲートがあります。自転車は横から通れますが、自己責任でどうぞ。)

KIMG20240428_122608670

しとどの窟の入り口です。
いつもパスしており
行ったことがありません…

観光客の方がいらしていました。


KIMG20240428_122751331


隧道を抜けて

KIMG20240428_123020229


海を見下ろしちょっと休憩。


KIMG20240428_123034222


以前来たときは
ここで水分不足に泣きました。
ここで飲もうと思って購入した
Red Bullをいただきます。









一休みして
椿ラインを大観山展望台に向かって登っていくのですが
暑さと先の林道ライドでちょっと疲れが…


KIMG20240428_125626121


で一休みした天照山バス停。


KIMG20240428_133209496



このような看板があり、
白雲の滝というものの存在を初めて知りました。

「350mならすぐかな?」と思って向かってみますと

KIMG20240428_132943118


立派な登山道でした。
バス停からかなり下っていきます。

私はクランクブラザーズのSPDシューズを履いていて
(型落ちを半額でget)これは歩くことを前提にしたエンデューロシューズで
十分歩けましたが、SPD-SLのシューズでは無理でしょうね。
KIMG20240428_131925472


ちょっとした鳥居があり
お賽銭を払いました。


KIMG20240428_130820340


滝はなかなか見ごたえのあるものでした。



KIMG20240428_131834652

美男美女の若者たちが
水浴びを楽しんでいました。



KIMG20240428_131448028


彼らにご挨拶して
邪魔にならない程度に滝のそばにより
マイナスイオンを満喫
清流で顔を洗います。


林道ライド&ヒルクライムで火照った顔と心がクールダウンしました。




疲れが取れたところで
急坂を登って自転車に戻ります。
(これでまた疲れたりするわけですが😆)
持っていた飲料水をのみ、
塩タブレットをかじって補給終了。




椿ラインを粛々と登っていきますと
(しとどの窟から約7.4kmだそう)
つきましたよ大観山展望台‼


KIMG20240428_141948662

やったやった。
1号機Rail20、2号機Pursuerに続き
3号機Muirwoodsでも登頂です。


KIMG20240428_141149550


今まで何回か自転車でここにきていますが
初めて富士山をここで見ました。
午後の日差しでちょっとうっすらですが…
でも見れたのでOKでしょう!

富士山 Breva その2


(オートバイでは、何回か見ていますね)


ちなみに私と自転車の写真を撮っていただいたかたは
横浜からロードバイクで自走
椿ラインを登って片道90km走ってきたそう。

いや~、私は輪行で来たので😵‍💫

これから芦ノ湖に下って自走帰宅の途につくそうです。
GWなので道は超混んでいるのではないかと思います。
お気をつけて…




ようやくお昼ご飯。KIMG20240428_143303729






大観山名物
担々大観山らーめん。
ここにくると最近こればっかり😅

でも自転車で喪失した水分と塩分を補給するのには
とても良い食べ物な気がします。
岩海苔やらチャーシューやらトッピングも豪勢で
なかなか美味しい一品なのですよ。

KIMG20240428_145306163

メロンのジェラートも頂きます。





ちょっとお散歩。



大観山はオートバイがたくさん来るので
つい見てしまうのですが


KIMG20240428_150759409

ジレラのサトゥルノすごい久しぶりに見ました。
いいなあ、格好いいな。



KIMG20240428_150627688



そして駐車場で油絵を描いていたご夫婦。


その描かれている風景がなんだかシュールなのが気になりました。

KIMG20240428_150646504~2


一応、私こう見えて高校時代に美術で5を取ったことがあるのですが
このセンスはすごいな、と思いました。
芸術の世界なのかなあ。







さ、そろそろ帰りましょうか。

KIMG20240428_151621022


先述したように
芦ノ湖方面は大渋滞が予測されたため
椿ラインを粛々と下ります。
ちょっと疲れも出ており
ゆっくり行きます。
3号機Muirwoodsは
クロモリフレームとワイドなタイヤで
乗り心地が良く安定感があり
こういう局面ではとてもいいですね。









以前Focusできたとき、
大雨となって大観山登頂をあきらめ下ったのですが
雨と疲弊で止まった路肩に小さなお地蔵さんがあったのを
今でも覚えているのですよ。
それをみて手を合わせたら
気が楽になって無事に下れたといいますか…


今でもここを下るたびに
あのお地蔵さんを探しているのですが
あれから見ていません。
見つけたら、お賽銭を置いていこうと思っています。


KIMG20240428_154218267



湯河原の町まで下ってくると
ほっとします。


KIMG20240428_154729989




さあ、自転車を満喫したら温泉に行きましょう。
今回は「こごめの湯」にしました。

KIMG20240428_171326859

町営の日帰り温泉です。
湯舟が広く露天風呂も趣があっていい感じです。
ついつい長湯してしまいます。

ちなみに、ここへの入り口の坂は
結構激坂です。
お気をつけて。


KIMG20240428_171845492




あー快晴の中
走ってよし眺めてよし
6年前に達成できなかった
林道走って大観山登頂も今回は達成できたし。

気持ちよく休日を過ごせました。


KIMG20240428_175530195




湯河原から輪行の人になって帰宅。


KIMG20240428_180758688



輪行なので
ちょっとワインをたしなんだところ
結構酔ってしまい
最寄りの駅で自転車を組み上げ
とぼとぼ押して帰りましたとさ🥲




なんにしても自転車は楽しいなあ。
また、どっか行こう。


それでは皆様またいつか。


















どうもです。
早いもので、もう3月終わっちゃいましたよ。
日々大車輪😁のように!?生きてます。

ただ、やっぱりたまには自転車でお出かけしたい!!ので、前から空けてましたこの日曜日、行ってくることにしました。

KIMG20240331_062828237
さあ、今日は3号機Muirwoods。

KIMG20240331_075948664


ちょっとワープ。


KIMG20240331_083602579



津久井湖畔、いよいよ桜が
ほんのりと。

春ですね〜





道志道に抜けて行きます。


青野原のセブンにて
NS400R。
KIMG20240331_092008271


いや~カッコいい。
持ち主とも少し話しましたが
たぶんちょい年上のかたと思います。
Jhaのチャンバー
NSRの足回り

貴重なGP500レプリカ
「ただのボロです」
とおっしゃっていましたが
それだけなら、乗らないでしょう😙


富士五湖、それも人の少ない西湖や本栖湖に行くとのこと
「河口湖とか、人が行きたがるところは外国の観光客ばかり」
とおっしゃっていました。

そうなんでしょうね…
お気をつけて。


このバイクをみていたら、
ふと現在のGPの日本車の凋落っぷりを思い出し、ちょっと悲しくなりました😥


KIMG20240331_092304586


この日は大変快晴。




道志みち、車もオートバイもロードバイクもたくさん走ってますね😅
クロスバイクは、うちだけだぜ😁


のんびりきこきこ走っていきます。


皆様お先にどうぞ〜



KIMG20240331_102153308

富士山も見えますね。
結構向かい風がキツイです。



KIMG20240331_103959528

道志川の清流も気持ちいいです。



さあ、そろそろ今回の目的地へ…
タイトル通り、
今日はグラベルな道を走りに来ました😉



KIMG20240331_104759393
道志郵便局の脇あたりから
山に入って行きます。



KIMG20240331_105655589
途中、野生動物ストッパーの冊があります。
開けたら、閉じましょう。


このあと、ボロボロの路面+急坂で
身の危険を感じ
自転車をおりて押して登ります。
最近、体力も落ちており
無理はしません。


KIMG20240331_110518466
しばらくキツイ坂が続きます。

頑張って走っていくと

KIMG20240331_111231365
ついにグラベル
序盤は結構ガレており、無理できません。
まあ、クロスバイクですからね😅


KIMG20240331_112349289
しばらく行くと
フラットダートに。


眺望はよくありませんが
山気分を味わうにはいいですね。


KIMG20240331_112433738
うちのより山に行ってる
Muirwoods、何台あるだろう。
まあ、きっともっとすごい人は
いくらでもいるでしょう☺



未舗装路は約2km程度

KIMG20240331_114121266


道坂峠の道志側に出ます。


以上、林道道坂菜畑線でした。




その後、道坂峠を登ります。
ここはそれなりにキツイと思っていましたが、林道の激坂で感覚がおかしくなっており、オートバイがいい勢いでアクセル開けて登っていく中を淡々と登ります。



KIMG20240331_120629127


道坂トンネル到着


KIMG20240331_120653765
さらば道志村。


KIMG20240331_121639478

こちらは都留側。


KIMG20240331_121057370

トンネルを出てすぐわきにゲートがあります。


KIMG20240331_121725741
この林道、まだ完成していないそう。


KIMG20240331_121721208
勉強になります。
今度、調べてみよう。



道坂峠を都留に向かってダウンヒル。
ここは、ヘアピンコーナーが連発する
豪快なダウンヒルですね。


しばらく下って行きますと
枝道があり

KIMG20240331_123139290

川を超えないと進めません。
菅野川という川のようです。



KIMG20240331_123254648
とありゃ〜と超えましたが
自転車は押してわたったほうがいいと思います。
流れが強いので、流されそうになりますよ。


KIMG20240331_123419115
その先に
林道 栩苗代山線の標識があります。


全長2.3km程度。
都留道志線に並走している道で、
また都留道志線に戻れます。


KIMG20240331_124010086
日当たりの良いところは
平和なフラットダート

いや、いい感じ〜

と思っていると

KIMG20240331_124216891
倒木があったりしてヤバいですね。

道坂峠を下ってきてからこの林道に入ると、基本下りになりますが、なかなかの勾配の長い坂がこのあと待っています。
石ころもごろごろしていて、ちょっとスリリングでした😅



KIMG20240331_125529506

頑張って走り道坂峠に戻りました。
ふう~
一気に下って都留市街へ。


そろそろお昼、お腹空きましたね。



道の駅つるに行きましたところ
結構売り切れメニュー多し

KIMG20240331_134834129
つい、チャーシュー麺を頼んでしまいました。チャーシューが美味しかったですよ。
富士湧水ポーク…なのかな?


そして、道の駅つるのそばには

KIMG20240331_141054446
リニア実験線のリニア見学センターがあったりします。
こうやってみると迫力ですね。

KIMG20240331_141144455
リニア、どうなっちゃうんでしょうねえ。
ちゃんと作れれば良いですけど…
このグタグタっぷりが今の日本なのでしょうか。






さて、お昼も過ぎてそろそろ帰りのことも考えはじめます。
先の林道で何気にかなり疲れたので
とっとと近場の温泉行って帰っちゃおうかな、などとも思いましたが、せっかく来たのでもう少し走ろう!と考え直しました。

四日市場上野原線を
都留から秋山に向かって走っていきます。

しばらくはゆるい登りですが、追い風でもありいいペースで進みます。


KIMG20240331_144810177
唯一、都留側からややキツい雛鶴峠。
再び、リニア線が姿をみせます。



雛鶴トンネルを抜けた後は
基本、下りです。

風景も集落と集落をつなぐ
ひなびた田舎道の様相で
走っていて気持ちいいです。

車も少なくて、快適。

道志みちのようにずっとワインディング、という訳ではないのでオートバイ時代はそこまで好きな道ではありませんでしたが、自転車では楽しいですね。
嗜好が変わったのかも。



KIMG20240331_150631659

のんびりした風景。


KIMG20240331_150644349
桜がここでもほんのりと。
春がもう、ですね。


KIMG20240331_152927729
秋山温泉でさっぱり。
ガレたグラベルで、普段と違う力の入り方したみたいで、肩、特に右肩、両足に結構きているものがありましたが、源泉の湯船にのんびり入ったら、かなり楽になりました☺️
源泉はややぬるめで、長湯しても湯当たりしにくくかったです。
気がつけば疲労回復😄


KIMG20240331_163452413

某航空戦記漫画の影響で、
ロッカーは「88」を選んでしまいます。
骨の髄まで戦士の魂が
染み付いているようです😆


さあ、出ようとしたら
駐輪場にこの1台。

KIMG20240331_164200735
ゼルビス。
何気にいいバイクだと思います。
VT系のスポーツツアラー。


だいぶ日も傾いてきました。



上野原に向かいます。


KIMG20240331_170540791

相模川の向こうに夕暮れ。
休日が終わろうとしています。


KIMG20240331_170946834

桜並木も少しずつ咲き始めています。
この春で独立して一年立ちました。
この先、自分たちと世の中にどうか明るいことがたくさんありますように。



KIMG20240331_171407980

上野原駅につきました。
本日の旅のゴールです。

KIMG20240331_174736949
再び輪行袋の人になります。
楽しかったこの一日。
最後まで気持ちのよいお天気でした。
また、走りに行けますように。



KIMG20240331_201141367
近所の駅で復活。


KIMG20240331_203953219
本日の走行距離。
輪行だし
山ありグラベルありだし
クロスバイクだし😆
まあいいっしょ。

距離や速度より大切なことが
自転車旅にはたくさんありますよ~😉
何だそれ?と言われても
困りますけど😅



ではではまた👋

皆様どうもです。

前編はこちらです。

KIMG20231230_072328305
北茨城、平潟の海に夜明けがやって来ました。


KIMG20231230_072730837

さて、初日の夜は鮟鱇万歳だったわけですが、旅立ちの朝食はいかがでしょう☺

KIMG20231230_073618029
しっかり美味しくいただけました。

温泉良し
お食事良しで
大変幸せでした。


KIMG20231230_080701299~2
出発の際にはお見送り。
いや、いい宿でした。



KIMG20231230_081232081
平潟漁港の海を眺めます。

天気も快晴、
行きましょうか。


KIMG20231230_085703724
気がつけば
茨城から福島入り。
勿来から海を離れ
蛭田川沿いに内陸へ。


KIMG20231230_090857619
冬の稲田の向こうに
山が見えてきます。


KIMG20231230_091817476
途中、交通安全祈願の観音様が
いらっしゃったので、拝んで行きました。



集落から離れ、
ツーリングマップル(kanさんは、自転車旅にマップルを持って行きます)、GoogleMapを参考に山に入っていきます。

あっているのかな?
と不安になりながら
しばらく登り坂を登っていきますと

KIMG20231230_095304586
KIMG20231230_095316837
ありましたよ林道看板。

そう、今回は茨城〜福島エリアの
名林道、四時川林道群
(目兼横川、弥太郎、藤ノ木沢、四時川)
を走り抜けようと思い
ここまでやってきたのです。


大昔、オフロードバイクで走って
その雰囲気の良さに感動、
いつかまた走りたい、と思っていました。


あれから20年以上たって、
再度やって来ました。

以前来たときは
山側から下りましたが
今回は、海側から登りでアプローチします。

KIMG20231230_100354278

基本的には緩やかな登り、
森林地帯を川沿いに走っていきます。

ここはグラベルですが
かなり舗装化が進んだようですね。
フラットダートを愛でるように
走っていきます。


KIMG20231230_102816422

途中、目兼林道の看板があります。



さらに登っていくと

KIMG20231230_103032956
仏具山林道の分岐があります。
このあと、仏具山山頂を超えていく峠です。
結構ダートは荒れているようです。
むかし、XRV750アフリカツインで
タンデムでここを超えたのを思い出しました。冷や汗やらなにやらかいた記憶があります…下りのガレ場は怖かった😂

KIMG20231230_103253110
常に清流がお供しているのが嬉しいです。


KIMG20231230_103825512
KIMG20231230_103851219


さて、横川目兼林道を走りきり
弥太郎林道に出ます。

ここも舗装化が進んでますね。


KIMG20231230_111231555

残っているダートはフラットで
走りやすいです。


で、しばらく行きますと
藤ノ木沢林道との分岐があるのですが
KIMG20231230_111626425
ちょっと工事しているようでした。
自転車は行けそう、と思い登っていきますと

KIMG20231230_111646639
この先、重機が入って
舗装の地ならしがされているようでした。

KIMG20231230_112447913
で、地ならしされているものの
キャタピラーのあとで路面が
ぐちゃぐちゃになっていて
かつ急勾配😅

滝汗をかいて登ります。


峠のサミットを過ぎ、
さあ下り、と思ったら
KIMG20231230_113845517
もともとガレガレ、勾配結構あり
+キャタピラーやら様々な乗り物の
ワダチだらけ

で私のような
へなちょこライダーにとっては
かなりキツイダウンヒルとなりました。

いや、恐ろしかった〜
ここまでの、舗装化進行で物足りなさを感じていたことを林道に見透かされているのか(笑)
ビビってちょこちょこ
自転車降りたり止まったりしちゃいましたよ。
安全第一です✨

KIMG20231230_114740575

なんとか藤ノ木沢林道終了。
あ~、怖かった😢。


KIMG20231230_113050374

ふだんは舗装路ばかり走っている
SomaのCazaderoタイヤも
嬉しそうね。
センターリッジパターンで
舗装路良好
周りのブロックで
土の上も良好な
いいタイヤです。


KIMG20231230_115247383

さあ、ついに本日のラスト
四時川林道です。
KIMG20231230_115752640
藤ノ木沢林道分岐から
しばらく西に行くと
林道表示が出ます。


KIMG20231230_115255917
ここは最高に雰囲気が良いのです。

四時川渓谷の渓谷美を満喫しながら
緩やかな登りを駆け抜けます。
ちょこちょこ舗装されてますが
基本はフラットダート。

大変走りやすいです。
土の道を踏みしめながら
加速していきます。


KIMG20231230_120258666

KIMG20231230_120351860
四時川も本当に清流で
見ていて心爽やかになるばかりです。


KIMG20231230_120413289
残りのダートを
一生懸命走っていきます。

こういうダートは
神奈川にはない

いや、来てよかった!

KIMG20231230_123151319
そんな清流ともお別れ


KIMG20231230_124555720

KIMG20231230_124600633
林道区間終了です。

20数キロ程度(ちゃんと距離を測っていない😅)の山ライドを心ゆくまで楽しみました。いや、よかった!

その後、R289、R349と走り繋いで行きます。


KIMG20231230_131746710

途中、甘酒休憩。

昼食を食べられるお店は
山ライドにてなく
ウィダーインゼリーやスニッカーズなど
カロリー系アイテムを
ちょこちょこもぐもぐして来ました。

ここまで宿から30数キロ
山ライドはかなり登り坂であったため
それなりに疲れました。
ハンガーノックを起こさぬよう
自販機でもカロリー系飲み物を摂取してます。


なかなか良かったのが
R349。
KIMG20231230_140609235

KIMG20231230_140625516

阿武隈高地を縦断する
三桁国道ですが
緩やかなアップダウンと
ローカル色の強い風景は
旅情を引き立てますね。


KIMG20231230_142052386

遠くに山々が見えます。
八溝山などでしょうか?
奥久慈、福島と茨城の県境を行きます。


KIMG20231230_142649906

KIMG20231230_142658380
東北の原風景でしょうか。
どこか懐かしい景色です。

KIMG20231230_143710019


今回の旅の終点、
水郡線 東館駅につきました。


とりあえずまだ時間があるので
KIMG20231230_144618515

東館温泉ユーパル矢祭にて
汗を流します。
とてもさっぱり。

列車の時間までに
何か食べたかったのですが
お店が空いておらず
駅の近くのファミマで食べ物ゲット😁


山々の風景
ローカルの旅は
とても楽しいのですが
いざというとき
コンビニに頼ってしまう
現代人の自分を感じました😅

KIMG20231230_161919448

今日の日よさようなら。
とても楽しかった。
また、走りに行こう。


KIMG20231230_163604064
再び東館駅へ。
KIMG20231230_163913051~2
この2日間の走行距離。


KIMG20231230_171021613
無人の待合室で
輪行準備。

KIMG20231230_171026420

こんなの貼ってありました。
水郡線、自転車に優しいのかな。
どのみち横浜まで帰るので、
輪行袋に入れないと帰れませんが。


KIMG20231230_172113798
ディーゼルカーが
やって来ました。


さあ、帰りましょう。


今回の年末ライドは
遠征もして
ライドも宿も良かったので
かなり大満足です。


また、いつかどこかに行こう。
どこがいいかな~。
いつかの楽しみに、
では皆様
読んでいただき
ありがとうございました。


どうもこんにちは。
日々あわただしく、
ブログがなかなか書けません😅
以前にも少し書きましたが
ネクスト人生に向かって突進中です😊
いろいろ準備でバタバタです。

ただ、そんなときであっても
自転車でお出かけしたくなることありますよね(笑)
だいぶ暖かくなってきて
春の予感ですし。

山とか、行きたいですね。

一丁出掛けてきましょう。
3号機Muirwoods29 SE
出撃です。
どうせなら、
ちょっとだけ遠くへ行きたいです。




ただ、この日は
夜から家族の用事あり
早め撤退が必要。
夕方には帰らなければなりません。

輪行で往復を試みます。


未明、横浜某地出発。

KIMG7582
これが
KIMG7584

こうなった❗
29インチ用の輪行袋に

すっぽり収まりました‼️




そして始発電車でGO

KIMG7588
駿河小山までワープしました。

KIMG7589
さあ
KIMG7592
行くよ!

KIMG7580
輪行において、Muirwoods29SEはキックスタンドが邪魔になるのですが、輪行時は一度外して前後ひっくり返して止める、という業で解決しました。
(これは前後反転固定の写真)
自分、天才⁉️と思いましたね。

KIMG7593
富士山だよー

ちなみに
Muirwoods29SEは
来るべきロングライドに備え
WolfToothのB-RADシステムを導入しました。


KIMG7576

もともとのダボ穴にマウントレールをつけ、ダウンチューブ前方にマウントの増設を行っています。
これは、ミノウラのマルチケージ
をつけてみています。
(フレームバッグとのクリアランスを稼ぐためトピークのX-15アダプターを介しています。)
KIMG7596
KIMG7594
右側に輪行袋を搭載しました。
この位置だと、ペダリングにもほぼ干渉しません。

両側に体積があるものをつけるのは
フレームバッグがあると干渉してしまいます。
左側のマウントの使い方は
今後の検討ですね。



他にもダボ穴がたくさんある
Muirwoods29SEですので、
工夫しがいがありまくりです。





コンビニで飲料水と
小腹好きアイテムゲット
さあ、山に向かいましょう。




なんか変速おかしいな。


KIMG7607
見ると、リアディレイラーのマウントがストッパーを通り越してずれてしまっていました。
びっくりです。
でも、2号機Pursuerでも
こうなったことがあります。

KIMG7608
一度外して再固定
ついでにBテンションボルト、トップ/ロー位置合わせをやり直し。
調子復活です。

KIMG7611

気がつけば
金太郎由来の地ですね。
KIMG7609
金太郎の歴史です。
日本史に出るかな⁉️
新鮮な感動がありました。


不老山という山を目印に
しばらく登っていくと

KIMG7613
林道の入り口がありました。


砂利と簡易舗装が交互にやってきます。
ダート、基本的にフラットですが
ふかふかの砂利がたまに曲者
丁寧にトラクションかけないと
ホイールスピンします😅
ギヤが低ければ
良いと言うもののではありませんね。
グラベルライドのヒルクライムは
舗装路よりも難易度高めです😆

しばらくひたすら登りです。
かなりいい汗かきます…





KIMG7616
富士山が見えたので
ちょっと一休み。
水分補給しながら眺めます。

天気快晴
サイクリング日和です。
何故か山中では
花粉が気にならない…



KIMG7618
まだまだ登りますよ😊


…しばらく登り続けると
不老山への登山道と
林道が分岐します。


登山道を自転車で登る
技術も気持ちもありません。
時間の都合もあり
そのまま林道を進んでいくと
以降ダウンヒルへ。

KIMG7625


ダウンヒルは
気持ちいいですが
転倒するとえらいことになりそうです。
ゆっくり、ゆっくり下りましょう。


途中、
KIMG7619

KIMG7622
途中で林道の名称が変わりました。


KIMG7623

さあ、下りますか。

この先は
体感的には
結構な勾配でした。
概ねダートです。

うちの3台で
ここを走れるのは
3号機Muirwoods29SEだけだな…



KIMG7627

途中、ゲートがありましたが

KIMG7628

心が清い人が祈ると
空いて通してくれるようです。

通行止め系表示もありませんので
通れることに深謝し
通過いたしました。



自分の20代
オフロードバイク野郎だった頃と比べ
アラフィフの今
本当に走れる場所が
減ってしまったことを感じます。

道志の林道なんかも
かなり通行出来なくなったようですし。

通れる場所は
大切に…と思いました。

KIMG7632

散った梅に
春の予感が感じられます。
静寂の中に
季節の変化を感じられる幸せを覚えます。


KIMG7639
林道を下って
駿河小山方面に一度戻ります。
どどーんと富士山が見えるのは
やはり良いですね。


KIMG7640

富士山と御殿場線が出会います。


しばらく、
日本の元風景的な
眺めを楽しみ
KIMG7643
足柄駅前で
金太郎と熊と記念撮影です。

この駅
新しくなったのか
とてもきれいでした。

KIMG7645

駅前の商店でお弁当購入

KIMG7647
天気も良いので
お外で食べます。


さあ、もう一本行きますか。
KIMG7648

しばらく行くと
新たな林道が😊

KIMG7650

さあ、行きますか。



KIMG7651

しばらくひたすら登ります😅

斜度もさることながら
ここもふかふか砂利が
行く手を阻みます。


途中から慣れてきましたが
気を抜くと
タイヤのグリップも抜けるので
真剣です。

(ちなみに、空気圧は下げてません)




KIMG7654

汗かきかき登ると
いわゆるフラットダート
走りやすいです。

KIMG7655

富士山も見えます。

途中、ホンダCRM250RK、プロスキルのサイレンサー装備の方が
抜いていきました。
89_CRM250R

(モーサイのサイトより引用しました)
かつてCRM250RP所有していた私には
くるものがあります(笑)
林道を走るCRM、
っていうか動態のCRM-RK(いわゆる初期型、正立フォーク、RCバルブだけどPGMコントロールじゃない)を何年ぶりに見たことか…
CRMシリーズで一番粗削り、でも一番上が伸びるRK
時々探しているのですが…なかなか


ただ、しあわせな
未舗装路タイムもそろそろおしまい

KIMG7658

途中から
きれいな舗装路に…


KIMG7669
その後は
林道を脱出

足柄峠を東へ下って帰路につきます。


行く前は
乙女峠や金太郎ラインにも行きたいな、
と思っていましたが
そろそろ時間です。
もう少し走りたい、といううちが
撤退のタイミングとして悪くないと思います。


足柄峠は
12-15%の標識が散在する
激坂峠ですが
太いタイヤと
油圧ディスクブレーキで
Muirwoods29SEは安定して下って行きます。
ロードのようなスピードは出ませんが
全く求めていないので大丈夫です。

悪路走破性と
こういう様々な状況でも安定して走ってくれる
Muirwoods 29SEは
旅のお供にはとてもいいですね。




KIMG7672

下って狩川沿いに南下していましたら
桜祭りやってました。


KIMG7678

大にぎわいです。


KIMG7676
だいぶ春ですね‼️




KIMG7680
さらに南下して行くと
ぽつんと咲いた桜の花が。
こういうロケーションのほうが好きですね。
ほか、ちょっとした水路に
菜の花が咲いていたり、
あちこちに季節の変わり目が見え隠れ。

KIMG7682

さあて、そろそろこの日のライドも終わりですね。

小田原に出て輪行帰宅しました。

夕方には帰宅
無事に家族の用事もできました




3号機Muirwoods29SE
輪行も達成
ライドの可能性がさらにたかまりました。
オンオフ問わず
走り回れるのがとても良いです。

また、いけるときに
いけるところに行ってみよう。




静寂の山に
新たな春の予感を感じた一日でした。
こんな日がまたありますように。


どうもです。

先日タイヤをSoma Cazaderoに変更しご機嫌な3号機Muirwoods29 SE。
そんな3号機に試練が降りかかります。

先日ちょっとグラベルライドして帰宅。
帰宅直後は何ともなかったものの翌朝前輪がパンク状態に。

リムうちパンクでもしたかな~?
などと思いあまり深く考えずチューブ交換。

すると…
二日後の朝、出勤は普通にできたものの
帰りの駐輪場で前輪パンク状態に😅

これは、スローパンクってやつか…


仕方なく電車で帰宅し
車を出して回収。

大変な寒さの中
特設夜間ガレージ(玄関前)にて復旧作業を開始しました。
KIMG7341
押せば凹みます
(よく見ると、この写真にパンクの理由が写ってますね😅)

リムテープを見てみますと
KIMG7345~2
縁がちょっとめくれていたり

KIMG7346~2

スポークの穴のところで出っ張っている部分があったりします。

もしかしてこの出っ張りが原因?


KIMG7347~2

大変見えにくいのですが
スポーク穴の縁に金属(アルミでしょうね)の出っ張りが‼
指で触るとわかりやすいです。

切削加工の仕上げの不備なのでしょうか。
こりゃリムテープ出っ張るね。

ってことで

KIMG7353~2

出っ張りをヤスリで削り落としました。

KIMG7362
せっかくなので
リムテープ交換

シマノのがリム幅ぴったり!と思い購入しましたが…

硬くてはめられない!

KIMG7363
先人たちの知恵を検索
お湯につけて温め、
若干柔らかくしてからはめました。

KIMG7368
はめてみると
大変ピシッとしています。

これは強度高そうです。

前輪のみの交換でしたが
今後、間を見て後ろもこれに変えようと思います。

KIMG7364
純正の
ぺなぺなリムテープとは全然雰囲気違いました。







さらに、外したチューブに空気を入れてみてみると
いきなりへこまないものの
かすかに「しゅ~」とエアが漏れる音が‼

KIMG7355~4
小さな穴が開いていました。


先のリムテープの出っ張りの部位とは違う場所。
該当する場所のタイヤの裏を見てみますと


KIMG7356~2

なんか、小さな金属片が刺さっていました

KIMG7358~3
タイヤの表面から見るとこんな感じです。

グラベルライドで土の中に埋まっていた
金属片をもらってきてしまったものと考えられます。

KIMG7360

ラジペンなど駆使して何とか取れました。

あーよかった。

KIMG7341~3
最初の写真では
ここに写っていましたね。
この作業前の写真を撮ったとき
全く気付いていませんでした😆



KIMG7361

もう大丈夫ですね。


KIMG7370

チューブも直して
タイヤに組み込みOK

翌日通勤してみましたが
スローパンクなしでした。


ああ、よかった。

パンクしたらちゃんとタイヤやリムを見ないとだめですね。

治ってよかったです。

皆様もパンクにはお気を付けくださいね。
ではでは。

↑このページのトップヘ