Rail20とPursuerで行く Kanさんの旅路

ヤフーブログから移転しました もともとオートバイ主体のブログでしたが ミニベロのRail20が楽し過ぎて 自転車ブログになりました さらには 折り畳みミニベロ Pursuerが増車 二台の自転車のサイクルライフを 記すブログになりました よろしくお願いします

タグ:9速

皆様どうも。
私のミニベロ Rail20くん
メガサイズスプロケット(SunRACE CSM-990 9S 11-40T)装着にて
ややチェーン不安定
晴れ、時々チェーン落ち。

走りそのものは大変楽しいのですが、
常にチェーンに気を遣いながら通勤するのはちょっとストレス。

この問題を解決すべく、ついにドライブトレインにメスを入れました。

KIMG9157

KIMG9158


KIMG9159


これまでのRail20くん。

KIMG9162


さらば
microSHIFT RD-R51M。
幾多の戦いをともにした戦友と
別れるような気持ちになりましたが
あえて、さらなるステージへ!!
(RD-R51Mは保管)


KIMG9163~2
KIMG9164
新たなディレイラーはこれ。

もう、こうなったら

クラッチ付ディレイラー装着!!
シャドーRD+です
Dyna-Sysですよ。

最初から42Tまで対応する
Deore RD-M6000-GSも考えましたが、
ミニベロにMTB用のミドルケージは似合わない気がして…
ショートケージの素敵なZEEを選んだ次第であります。



KIMG9169
さらには、テンションプーリーのみRD-6700用に。ブッシュベアリングがベアリングになりました。
ガイドプーリー、セラミックベアリングなのですが、つけてみたら微妙だったのでやめました。

KIMG9170_03_BURST1009170


ただ、このディレイラーは10速MTB用。
私のEne-Ciclo フリクションサムシフターはシマノ旧10速ロード対応にて、このままではコントロールは無理そうです。メーカーも認めてました。

しかし、世の中、どうにかするアイテムがあるのです。

KIMG9166~2

KIMG9167


WolfTooth
"Tanpan"

ワイヤーの引きしろを変換し、MTB用ディレイラーをロード用シフターでコントロールするためのアイテム。

10速用、11速用あり。
10速は旧シマノ対応。
なので、うちのように9速にも対応(^^)d
4700Tiagraは、11速用を使えばOK(みたい)


取説は上記よりご参照ください。


で、組んでみました‼️

KIMG9171


構造はシンプル。
二層のプーリーで引きしろをアップします。
組み立てはそんなに難しくないですが、プーリーの位置がいい位置になるまで何回かやり直しました。不器用(笑)


この便利なパーツですが、ワイヤー固定用のビスが小さく、無くすとエライことになるので注意です。
強風のもとの青空メンテナンス、一度このビスを落としてしまい、行方不明になりかけて半泣きになりました。無くなんなくて良かった…


KIMG9172


ちなみにこのディレイラー
Max36Tとされており
当初、microHEROのディレイラーハンガーエクステンダーを介して組みました。
KIMG9175
トップ
KIMG9182
ロー

これで一度完成しましたが
トップでは、Bテンションボルト全開に締めないとチェーンが弛む感じでした。
クラッチをonにして走れば
安定しており、チェーン落ちの気配0。
これでOk?
と思っていましたが…

果たしてエクステンダーは本当に必要なのか?
と思い外して調整したところ、エクステンダーなしでも充分作動することがわかりました(笑)


KIMG9193


トップ

KIMG9194

ロー


ただ、Bテンションボルトは結構締めてます。
スプロケットとガイドプーリーの間を、シマノマニュアル通りの間隔にすると、40Tでかなり抵抗が出ますので、自己判断で広めにとってスムースな作動を得ています。
チェーンの張りは大丈夫そうですが、40Tはギリギリ感がありますね。

これで乗って、
クラッチもoffにしてみましたが
チェーン暴れは以前と比べかなり減った感じです。しばらく乗ってみましたが、とりあえずチェーン落ちはしてません。
ダートのダウンヒルをするわけではないので、しばらくクラッチoffで走ってみます。
(※やはり、クラッチonの方が安定するので、onで常用しています)
チェーンリング54T、スプロケット11-40TでこのZEEディレイラーは、きちんと作動している印象ですが、メーカー設定を越えたところで動かしているので、何か生じても自己責任ですね~😅
まあ、カスタム自転車なんて自己責任のカタマリだと思いますが、気を付けて乗ろう。






KIMG9273

Tanpanもちゃんと動いてます。
作動には全く違和感ないです。

いいアイテムだ‼️たぶん。

KIMG9205

シフトケーブルのアウターが長すぎになっちゃいましたが、ご愛敬と言うことで。
素人整備、いつも何かやらかしてしまうなあ。



※結局、気になったのでケーブルの長さは直しました。いい感じです。

KIMG9271

KIMG9275






KIMG9220

そんな我が愛車で
ワシン坂上に日の出を見に行って来ました。

KIMG9226

KIMG9227

走れ、走れ。











皆様こんばんわ。

自転車、楽しんでいますか?
最近、楽しくて仕方ありません。

私の愛車、KhodaaBloom Rail 20ですが、
チェーンリングを56Tの大径化としたことに伴い
リア周りはShimano SORA RD-R3000-SSCS-HG400-9 11-32Tの組み合わせで
ノーマル同等の坂道性能(ノーマル1速ギヤ比 1.73 うちのは1.75)を確保していました。

もとより軽量なミニベロであり、近所の急坂レベルなら
そこまで大きな問題なく登れており
通勤などの日常使用に何の問題もなかったのですが、
今までのツーリングで前の自転車Focus Mares AX 3.0
でしばしば激坂で撃沈していた私は、
今後来るべき激坂との闘いのため
もっと心に余裕のあるギアが欲しい!という思いがぬぐえませんでした。
(いつ激坂に行くのかは知らないけど)

いろいろ考えたなかには
10速化してshimano "ZEE"ディレイラー RD-M640-SS
を組み、ショートケージで11-36Tを動かす!という案があったのですが
通勤使用であり9速の耐久性/信頼性のほうが有益性が高く、
この案は没になりました。

ただ、9速でいくと現在の32Tの上を行くのは34Tなのですが
このRail20に組み合わせたいディレイラーがなかなかなく
悩んでいました。
素直にSORAのRD-R3000-GSを組めばよいのですが、
ミニベロにGSケージはどうなんだろう?とかいろいろ悩んでいたのです。

GSゲージは20インチ以下の小径車には使用しないほうがいい
というShimanoの説明書の文言もあり
(Zombieさんのブログの
(「ディレイラー交換とサムシフター化」を参考にいたしました)
うう~んって頭を抱え
「これは、もう32Tで坂に挑め!ということだ!」と自分に言い聞かせていたのです。
でも、その後、105のディレイラー説明書にはそんなことは書いていない
ことに気づき、ええ~?GSゲージをミニベロに組んでもいいのかな?などと思い始めます。
そして、ある日Birdyのミニベロを見かけたとき
birdymonocoquestandard_cyan





birdymonocoque_image03
すげえディレイラーが地面の近くまで来ている!
ことに気づいてびっくりしました。
これで市販している自転車があるのなら、
SGSゲージを組むわけでもないのにそこまで神経質にならなくてよいのではないか?
という気持ちになりました。

アラヤのマディフォックスミニ
のようにSGSゲージを採用しているミニベロもあることにも気づきました。

で、あれば私も34Tを!
行くぞ!行ってやる!
(…でも、できればSORAじゃないディレイラーで組みたい…)
何て悩んでいた時に
こいつの存在に気づいてしまいました。

microSHIFT RD-R51M


RD-R51M
なんですか、このかっこいいディレイラーは!
4600Tiagraや5700 105、旧Shimano10速と互換性あり。
(当然9速も大丈夫)
ロースプロケットは34Tまで許容。
microSHIFTは手持ちのミニベロ本を観ていたら
ディレイラーメーカーで名前が出ていて存在を知りました。
台湾のメーカーで、シマノ、カンパニョーロ、スラムに続く第4のコンポメーカーとも言われているそう。

個人的に台湾が好き(いいとこですよ)なこともあり、
一気にスイッチが入ります。
KIMG5593


KIMG5621

Amazonで一気に購入!してしまいました(笑)
ああ…ああああ…

KIMG5603~2
先日ゲージゆがみが判明、外していたSORA RD-R3000-SS と長さを比べますと
ミドルゲージでは、そんなに極端に長さが違うわけではなさそうです。

KIMG5625
KIMG5626
KIMG5627

組付けました!

組付けは非常にスムーズで、精度に問題は感じませんでした。
調整にて11-34Tでパキパキ気持よく変速します。
SORAや、前の自転車で使用していた105のディレイラーとも遜色ないフィールです。
(調整はShimanoのディレイラー調整と同じです。外から2枚目のギヤから3枚目に行くところでシフターの遊びの分を押し、異音がし始めるところがベスト。この状態になるととてもうれしいです)

シルバーのポリッシュで質感が大変高く、
高級感を感じます。
めっちゃかっこいい!

KIMG5631

「Mega Sprocket」の文字が誇らしげ。




これだよmicroSHIFT
とびきりのスプロケットを生かす
とびきりのディレイラー
どうしてこんなディレイラーを作れるんだ

…湾岸ミッドナイトの平本っぽく感動。
自分の趣味にお金を使うと、
平本みたいな気持ちになってしまう
(スケール違うけど)
世界一愚かな男だ(嘘)



KIMG5531

SORA(RD-R3000-SS)と比較。
機能的にはSORAで十分なんだけれど
質感でRD-R51Mの勝ち。
Shimanoでも、ああいう質感のディレイラーがあればいいのに。
クロモリバイクとかに組めば
すごい雰囲気よさそうだと思う。


KIMG5628

僕の自転車、
だんだんかっこよくなってきた!
…自己満足。

あ、11-34T(11-13-15-17-20-23-26-30-34T)は、
11-32T(11-12-14-16-18-21-24-28-32T )と比較し
私はワイドレンジで乗りやすいと思っています。
チェーンリングを56Tにしてから5-8速あたりを多用していますが
52T時代と比較しすべてに余裕があり、長距離も楽です。
普通の急坂は3速で登ります(?)

近所のきつい急坂も試しましたが、
ローギヤがたった2T増えただけなのにすごい余裕感がありました。


本当、自転車が楽しくてやばい。
事故らないように気を付けようと思います。


ではでは。




↑このページのトップヘ