Rail20とPursuerで行く Kanさんの旅路

ヤフーブログから移転しました もともとオートバイ主体のブログでしたが ミニベロのRail20が楽し過ぎて 自転車ブログになりました さらには 折り畳みミニベロ Pursuerが増車 二台の自転車のサイクルライフを 記すブログになりました よろしくお願いします

タグ:TheNationalAnthem

                                                             

Radiohead 「The National Anthem」

2000年発表のRadioheadの永遠の名作
Kid Aより。
(私はこのアルバムでRadioheadに入りました)
2006年にも記事にしていましたね。
2009年にも取り上げていました。



Everyone
Everyone around here
Everyone is so near
It's holding on
It's holding on

Everyone
Everyone is so near
Everyone has got the fear
It's holding on
It's holding on

It's holding on
It's holding on
It's holding on

ここにいるみんな 

みんながまとまって
もちこたえている
もちこたえている

みんな
みんながまとまって
みんな不安を抱いて
もちこたえている
もちこたえている

もちこたえている
もちこたえている
もちこたえている

【歌詞解説】The National Anthem / Radiohead – いまや国をまとめ上げるのは忠誠心ではない
より引用いたしました。

20年前に、コロナ禍における世界のアンセムが生まれていたとは…
コロナ禍の不安に恐れ戦き、心病んでいく人々の姿を
残酷なまでに提示していると思う。


果たして、この世界はどうなってしまうのか。





ライブもいいねえ。
搔き鳴らされるギターの壊れた旋律。
のたうち回るアナログシンセの音色。

なんだかんだでいろいろ忙しく
日々働いております。
何となく、心に移ろいを感じる日々です。
何か、どうにもならない何かがある感じがする…



日差しに陰りを感じる
朝の横浜の街を走りながら、
ふと心にかかってきたのが



Radiohead 「Street Spirit(Fade Out)」

Rows of houses all bearing down on me
I can feel their blue hands touching me
All these things into position
All these things we'll one day swallow whole
And fade out again and fade out


This machine will not communicate
These thoughts and the strain I am under
Be a world child, form a circle
Before we all go under
And fade out again and fade out again


Cracked eggs, dead birds
Scream as they fight for life
I can feel death, can see it's beady eyes
All these things into position
All these things we'll one day swallow whole
And fade out again and fade out again


Immerse your soul in love
Immerse your soul in love.



魂を愛で満たせ!


トム・ヨークの悲痛な叫びが胸を打ちます。
美しいアコースティックギターで紡がれるメロディも素晴らしい。

「ザ・ベンズ」収録の名作ですね。






Radioheadは大昔(そう、そんな昔になってしまった???)このブログでも
記事にしましたが、今聞いてもやはりいいですね。

私が彼らに魅かれたのはこの曲と出会ったから。


The National Anthem


Everyone
Everyone around here
Everyone is so near
It's holding on
It's holding on


Everyone
Everyone is so near
Everyone has got the fear
It's holding on
It's holding on


It's holding on
It's holding on
It's holding on



以前このブログで記事にしたKID Aに収録。
「みんな何かを恐れている、そう、みんな」
fragileな時代に生きる人間達の「国歌」。
壊れたギタープレイ、アナログシンセとベースが織り成す
不穏すぎるファンクナンバー。
当時の私は虜になりました。






そして、一番好きなのがこの曲。


 


Everything in Its Right Place


everything
everything
everything
everything
in its right place
in its right place
in its right place
in its right place


yesterday i woke up sucking on lemon
yesterday i woke up sucking on lemon
yesterday i woke up sucking on lemon
yesterday i woke up sucking a lemon


everything
everything
everything
in its right place
in its right place
in its right place
right place there are two colors in my head


there are two colors in my head
what what is that you tried to say
what rhyme was that you tried to say
tried to say
tried to say
tried to say
tried to say


everything
everything
everything



すべて すべて すべてがあるべきところにある あるべきところに あるべきところ

私にとってこの曲の詩の素晴らしさは
この上の一節に集約しています。



そう、すべてがあるべきところにある。

今、貴方があるのは
今の貴方があるべき場所なのだ。


貴方が生きることに喜びを感じ日々の生活に充実感を覚えているのも、
貴方が生きることに苦しみを感じ日々の生活に失望感を感じているのも、

不自由なく幸せな生活を送っているのも、
泥水をすするような苦々しい思いを抱えて生きているのも、

すべては今の貴方が、あるべき場所にいるから。

そこが、貴方のあるべき場所なのだから…

すべては、あるべきところにある


私も、この曲と出会って以来、
「今の自分は今の自分がいなければならない場所にいるのだ」

と幸せなときも辛いときも、
いつも、その状況に必然性を覚えるようになりました。


すべては必然によって定まっている…


そんな気が、なんとなくしています。




では。

↑このページのトップヘ