Rail20とPursuerで行く Kanさんの旅路

ヤフーブログから移転しました もともとオートバイ主体のブログでしたが ミニベロのRail20が楽し過ぎて 自転車ブログになりました さらには 折り畳みミニベロ Pursuerが増車 二台の自転車のサイクルライフを 記すブログになりました よろしくお願いします

タグ:microSHIFT


KIMG9881

KIMG9872


週末は二台の自転車を洗車しました。

Rail20はしばらく掃除しておらず
Pursuerは先日、多摩川でグラベルライドをしてしまいほこりまみれに。


私は適当なので、洗車の仕方も適当。
必要があれば先にチェーンを掃除。
(今回は二台ともしました。Pursuerのチェーンが埃まみれで…)
軽く水洗い。
自転車丸洗いクリーナーでがーっとキレイキレイ、そして、気合があればバリアスコートを吹いて磨きます。

二台とも、きれいになったなあ。
Rail20は車体中に細かい傷や落ちにくい汚れがついてきたけれど、これは味というものか。
Pursuerも、やはり細かな汚れが増えてきたけれど、そりゃ乗っているものそうなるでしょう。

二台並べて悦に至ります。
安上りです。

その後、チェーンクリーナー乾燥後
チェーンオイルを塗ります。

KIMG9882


私が使っているのはこれ。
speedHeartのチェーンルブ
やや高価ですが、恐ろしく長持ちします。
グリス切れを生じる気が全くしません。
オートバイ用で、自転車にはオーヴァースペックな気がしますが、粘性がやたら高く、まったく飛び散らないです。
回転抵抗とか気にせず、タフなチェーンルブを求める方は、一度試してみてもよいかもです。

ただ、恐ろしく粘性が高いので、オイルを付けたくないところにつけると非常にべたべたするのでお気を付けを。

KIMG9883

KIMG9886

どちらもチェーンルブ塗って
いい感じ。


今日は、1号機Rail20くんで出勤。


2号機Pursuerが来て、少し出番が減ったRail20くんですが、やはり乗るといいなあと思います。
(私レベルですけれど(Kanさんはロードバイクなど乗ったことがない人です))

もとより軽量(カタログで8.6kg)なうえ
各種モディファイ施行、大変お気に入りであったのですが
KIMG9755


タイヤをMaxxis DTHに変更して以後
魔法のじゅうたんに乗っているような心持ちで走るようになりました。
幅広(20×1.5、38-406)でエアボリュームたっぷり。かつ軽量(295g)。
(今までのMaxxis Overdrive Eleteが365g、Panaracer Paselaが340g)

軽い車体に軽い大きめのタイヤで
かなり気持ちよく走れます。
カタログ重量11.4kgのPuesuerくんではこうはいかないかも~
って思います。
もちろん、Puesuerくんもモディファイしていい感じになってきてますが、良さが違いますね。

二台の性格の違う自転車を楽しめるようになったのは本当に良かったと思います。
一台だけでは気付かない
それぞれの良いところが見えてくる。



シフトも
KIMG9629


microSHIFT SL-M10R

装着にてめちゃくちゃ快適。
サムシフターにてインデックス。
カチカチとした操作感覚が大変気持ちよいのです。
EneCicloのフリクションサムシフターのちりちりとした無段変速感も気持ちいいのですが
(これは2号機Pursuerに装着)
インデックスでの確かなシフト感もしっくり来てよいものです。


ロードバイクと比較すると
低いレベルで楽しくなっている気もしますが(笑)
もとよりミニベロは速度など、数字を追求する乗り物ではなく、乗り手の感覚にあった走りをするのが楽しいと思っているので、全然問題なしですね😅



そんなRail20くんに乗って
仕事の帰り道

https://ban-nai.com/

坂内食堂によって
KIMG9888


青唐うま塩ラーメン(チャーシュー増)+ギョーザをいただきました。
(割引クーポン駆使)

いや、昨今の事情、飲食店はさぞやキツかろうと思い、少しでも力にならねばと義憤に駆られ…
美味しかった😊

天下一品も行きたいし本丸亭も行きたいしちょっと遠いけど相模原の博多一番や壱発ラーメンにも行きたいし…
町中華も好きなんだよね。
みんな頑張れ。財布に余裕あるとき、時間あるときに食べに行くよ。
新型コロナウイルスに対する政策に対しては、言いたいことはたくさんあるが、働き盛りや子育て世代を救う政策をとる政党があったらそこに一票入れるね。
まあ、いいか。

良くないけど。

KIMG9895


その後、満腹のままに地蔵坂登って、フェリスや外人墓地の前を走り抜け、ワシン坂上で夜景を満喫。


KIMG9897



山下のガンダム、ちょっと見たかったけど残念ながら時間切れ

KIMG9902


仕方ないので、山下公園からみなとみらいを眺めて帰宅。
(公園内は自転車押してます)


Rail20くん、やはりいいなあ。
そのうち、Rail20くんでもロングライドに行きたいな。

たくさんたくさん、走りに行きたいな。

ではまた。



どうもこんにちは。
年末、いかがお過ごしでしょうか。
お体に気を付けてよい年末をお過ごしくださいね。

ところで、皆様は、microSHIFTのサムシフターを使ったことがありますか?



…たぶん、使ったことない人多いですよね。
私もそうでした。

そんな私ですが、先日初めてこれを操作してみたんです。

KHSの試乗会がありまして、そこで

に試乗してみたのですが
これが素晴らしかったんですよ。
Reynolds500のクロモリフレームって、こんなにいいんだ
しなやかでしっとりしていて、どこまでも走っていけそう。
うわすげえ…

なーんて思って、感動していたんですけどね。

このバイクが、microSHIFTのサムシフターを装着していたんですよ。
インデックスモードだったのですが、
その操作感の良さ!
カチカチって動く。
インデックスだけど、でも何速も一気に操作することも可能。
このシフター、凄くいい!


って思ってですね…
私の1号機、Rail20くんにつけたい!って思ってしまって…

買っちゃったんですよ…



MTB、10速用。
Circlesで右のみ購入。

KIMG9503

KIMG9505


いや、インデックスモードで動かしてみると
カチカチ動く~‼
気持ちいい!

ただ、フリクションモードで動かすと、本当にフリクションで動く感じ。
フリクション式であればDia-Compeのサムシフターのほうが気持ちいいのかも。



このシフターは、インデックスモードで用いて
真価を発揮する…

そう思いました。


私のRail20は9速…
このシフターは10速…

すでにリアディレイラーはRD-M640-SS”ZEE”に変更しており
このシフターであればWolftooth"tanpan"を用いずして
操作可能です。
フリクションで用いれば9速のままで問題ないけど
インデックスモードで動かすなら、
10速にする必要がある…



やるか。






10速化、決意。


通勤車でありチェーンの寿命や日常の使い勝手を考えると
9速で十分‼とずっと思っていましたが
あの、シフトのフィールを味わうには、10速化しかない…

(9速用もあるんですが、本当入手困難)



当初、SunRACEの11-40T スプロケットを用いようと思っていましたが
AliExpressでもなかなかいい値段するんですよ。
おまけに、いつ入荷するんだかわからない感じだし。

どうしようかな~、と思っていたある日
知ってしまったんです。



実は、RD-M640-SSは11-42Tを動かしてしまえることに…

公称ロー32-36Tですので、自己責任だと思いますが
きっと、動くぞこれ!
ってことで


KIMG9601~2

Shimano HG-500 11-42T購入。

11-13-15-18-21-24-28-32-37-42T。
いったい、こんなスプロケット、どこのミニベロが必要とするのか…

現状の9速 11-40T(11-13-15-18- -21-24-28-34-40)であっても、
40Tを使用する機会は99%ない(笑)
っていうか、ほとんど3速以下を使っていない、日常では。

しかし、葉山教会や武山など
心折れそうな激坂登頂には、メガスプロケットが、必要なのですよ…たぶん。
ヒルクライムで心折れそうなとき、最後の切り札が必要ということを
あの箱根旧道が教えてくれた…と思う。

私がやらずして
誰がこんなミニベロを作るのか…






KIMG9600~2

KIMG9602~2

チェーンはHG-X.
Shimano CN-HG95。
ミッシングリンクを介して装着。

KIMG9598
つどいしパーツたち。




さあ、やりますか…
KIMG9604コピー
現在のDia-Compeのサムシフター。


KIMG9605

現在のシステム。
SunRACE CSM990 11-40T。
Wolftooth"tanpan"
RD-M640-SS”ZEE”



KIMG9609

Dyna-Sys対応MTB10速シフター装着に伴い
Tanpanが不要に。
ただ、このディレイラーには、ケーブルのアジャスターがないため
Ritcheyのロードバレルアジャスターを併用しました。


KIMG9610

スプロケットも

KIMG9611

変更。


KIMG9612

406のミニベロに11-42T…
なんていうか、破廉恥というかお下劣というか…

すげえ気に入った(笑)

こう、無敵な感じがするね。
ハッタリが99%ぐらいかもしれないけれど、
でも、こういうのたまらない。


KIMG9613

出来た!


KIMG9614

42Tも動く!!!
やったやった!


サムシフターの操作で一段一段しっかり変速します。
ワイヤーを調整、スムーズにチェンジします。
(ただ、SISのように、外から3段目のギヤで半押ししてうんたら…はこのシフターにはないです)


Bテンションボルトは40Tの時から、
さらにもう少し締めこみ。
もう、ほぼ余裕ない感じ。
自己責任で…




KIMG9625

チェーンリングは引き続き54T。
これには不満なし。





KIMG9620

迫力あるリアビュー。
このでかいスプロケットが、
この自転車のありかたを物語っているかのよう。

痺れる~。

KIMG9626

さっそく試運転。

近所の21-29%の坂(たぶん、激坂)を一気にすいすい登る。
この破壊力、たまらない。

KIMG9627

いやいや、いいねえ。


KIMG9629

サムシフターのフィールもいいね~
最高。
カチカチ動く。
一段一段正確に動くけど、
結構一気に数段シフトすることもできる。

もう、シフトしたくて仕方ない(笑)





KIMG9630

1号機Rail20くん、
さらなる戦いの予感…







KIMG6111
9Sながら11-40Tのワイドレンジスプロケットを装着、microSHIFT ADVENT コンポで作動していたうちのRail20君でしたが、最近
KIMG6164
以前の11-34T+microSHIFT RD-R51Mに戻しました。

理由としては、
オーバースペック気味になってしまったというのがあげられます。

KIMG6146

11-40T仕様で
13%程度の斜度と言われる横浜某坂に挑んでみたのですが、全然ダメでした。

というのは、
漕ぐのはまだ余裕があるのですが、
こぐのがきつくなる前に
フロントが浮いてビビりが入ってしまう(笑)
坂は、ある程度から先は
ギヤの大きさじゃなくて
ダンシングなどの技術の問題になる、
と何かで読みましたが、
その事を痛感した次第です。

ギヤがでかくなりすぎると
人間の足では踏めなくなる…確かに。


また56Tのチェーンリングとの組み合わせは
どうも無理があるらしく、
シフトが調子悪く
7-8-9速が不安定だったり
ナローワイドチェーンリングにも拘らず
チェーン落ちしたりしていたため、
このシステムでの維持には無理がある…
と思った次第てす。

もちろん、ADVENTに罪はなく
MTBを9Sでワイドレシオ化して
ガンガン走る、という本来の使い方でない仕様にしたことが良くなかったのでしょう。


KIMG6174


シフター、ディレイラー、スプロケットを前仕様に戻して、再びいい感じになりました。

もともと変更した理由が
激坂でヘタレだった、
というだけで
この仕様で実用上は大いに満足していたので、戻して走りやシフトが安定したためほっとしています。
シフトフィールはこちらのほうがずっと良いです(^_^;)

一方、リヤタイヤの大型化(20×1.95)は
そのまま継続しています。
フロントの軽快感(うちのフロントは20×1.35)は維持したまま、451並みにハイギヤード化したので、スピードを維持しやすくなりました。

しかも、エアボリュームが一気に増したので乗り心地も良好です。

KIMG6205
KIMG6206


KIMG6178

カッチョいいし(爆)

どうしてあんまりなされないのか
不思議です、funnybike化。




で、行き場を失ったADVENTのコンポ、SunRACEのスプロケットは
新たな主を求め旅に出たのですが…


KIMG6181

その旅立ちの場に
私が昨年手放したFocus君がまだおった‼️

…ちょっとショック。
もう次のオーナーのもと
走り回っていると思い込んでた。

良い主に出会えることを願って
立ち去りました。

(12/1追記 ADVENTのシフターとディレイラー、SunRACEのスプロケットはあっさり販売リストから消えてましたね‼️次の主の方、是非楽しんでください!!)

そのあと
KIMG6185
KIMG6183
元町の公園や

KIMG6190
山下の夜景を楽しみ

KIMG6200
きらびやかなみなとみらいを眺め
帰宅の途に。


自転車、奥深いなあ…


先日、大楠山にて
ミニベロダートアタック(笑)を敢行

KIMG5853



自分的にはかなりいい感じだったものの
序盤の激坂にて撃沈
KIMG5877


悔しい思いをして帰ってきました。


なんとかリベンジ!!
と思っているのですが…

あの坂で心折れたとき
「11-34Tじゃダメだ、40Tぐらいじゃないと」
と直感で感じてしまったんですよね。
さらなる激坂仕様の構築を検討開始です。

もちろん、乗り手の問題もあるでしょう。
フロントを浮かさないように荷重するとか
根本的に脚力とか(笑)

ただ、私を鍛えても
現状ではあそこは登れない気がする。

フロントシングルの56Tを小さくするというのも一考ですが、
通常使用では56Tのおかげでだいぶ楽ちんなので
これは受け入れられない感じです。

さらなるでかいスプロケ!!といっても
ETRTO406の20インチのRail20君であり、
ものには限度があります。

シマノであれば
9SであればDeoreのディレイラーがありますが、
これはSGSゲージなので、さすがにミニベロには無理がありそう。
かつ36T、私がめざす40Tには遠い…

10S化すれば、DeoreでGSゲージのディレイラーがあります
これを用いれば11-42T化できます。
実際、ternのVerge P10のように
vergep10-g1-unfold-00-silverred

10Sで11-40Tのワイドレンジのスプロケットを搭載しているミニベロもあるし。

でも、10S化は、うちの自転車には合わない感じがしてやりたくない。
通勤マシンである以上、
耐久性は大切であり、
パーツのライフで劣り
メンテナンスも神経質になる
10Sや11S化は基本的に却下なのです。

シマノは、9Sででかいスプロケをつけたい人のことは
もう考えてくれないんだ…
と思うと、若干さみしくなりました。





とりあえず、スプロケget‼というところで
SunRACE CSM990
を購入してしまいました。
9Sの11-40T 、鉄製でずしっときます。
thVJ03VQO7

(私のは黒)
重いです。

ディレイラーエクステンダーと適当なショートゲージディレイラーで組み合わせて
なんとか40Tを動かすようにしようかな~
なんて思っていたのですが、
ディレイラーエクステンダーのような
不安定要素が高いものを
通勤で毎日乗る自転車に組みたくない…
とさらなる悩みを抱えてしまっていたのでした。



しかし、世の中には神がいるものです。
われらがmicroSHIFTが、やってくれました。
(RD-R51Mを装着後、microSHIFTに私はぞっこんです)

microSHIFT ADVENT
9Sにこだわる漢のためのコンボ。
10Sや11Sが失った何かを求め、2019年登場。
質実剛健、走りの9S。


「これだよ、これ!!!」と思いましたが…
国内ではまともに売っていない(笑)


しかたないので
海外アマゾンで購入
ペンシルバニア州、ランカスターのショップから
FedEXでやってきましたよ。




ディレイラーはRD-M619M
シフターはSL-M8195-R

にしました。
リアディレイラーはミドルゲージ。
さすがにクラッチはいらないだろう。
シフターはベアリング入りをおごりました。


スプロケットも、といいたいところですが
ここは先に購入したSunRACE CSM990
を合わせることにします。



さあ、装着!


KIMG6009

まずはスプロケ
今まで組んでいたHG400-9S 11-34Tと比較
でかさが違います。
計測していませんが、重いです。


KIMG6014~2
今までありがとう
RD-R51M。

KIMG6036~2
Altusのシフターもありがとう。
いい仕事をしていました。
これらはストックパーツに。

また、使う可能性がそれなりにあります。

KIMG6017~2
でてきましたよ
ADVENT ディレイラー!RD-M619M。


KIMG6018

KIMG6019

RD-R51Mと比較。
同じミドルゲージなはずなんですが
ゲージ、長くない(笑)?

大丈夫かな…


KIMG6028

とりあえず、装着
(メンテナンス環境の都合上、車体をひっくり返して装着)
あと、今までつけていたディレイラープロテクターは
干渉してしまったのでとりあえず外しました。



RD-R51Mに装着していた
デュラエースのガイドプーリー、テンションプーリーを移植できないかな?
と思いましたが、

KIMG6050
ガイドプーリーは同じ11Tだけど大きさが違う
テンションプーリーは厚みが違うなどあり
そのままでの装着は無理そうでした。

KIMG6051

プーリーのなかはこんな感じ。
このあと、グリスアップして装着しました。

KIMG6038~2


シフター
SL-M8195-Rも登場です。

写真に残し忘れましたが
ちゃっかりと装着
ワイヤーは付属のものをそのまま使いました。


KIMG6030
チェーンは
今の112Lでは長さが足りないので、
装着時に切断した残りをコネクトピンで装着します。

KIMG6035
116Lで大丈夫でした。
(マニュアルによると、インナーリンクが二つ以上重なるように長さを調整するようです)


このあと、
用事があったため巻いて組み立てます(笑)

KIMG6041
ついた!
(実はシフトケーブルの取り回しを間違えています。急いでやるとなんか間違えますね)
KIMG6082

後で直しました。

KIMG6062

1速
KIMG6065

途中
KIMG6067
9速

きちんと変速します。

ただ、ディレイラーのケージと地面が
だいぶ近づいてしまったような…



KIMG6059


この後試運転。
近所の急坂がとても楽ちんに。

これなら、あの坂に負けないかも…


その後、通勤でのって
徐々に慣れてきました。

もっとも、もともとの11-34Tのギヤ構成が
11-13-15-17-20-23-26-30-34Tであったのに対し
この11-40Tは
11-13-15-18-21-24-28-34-40Tなので、
通常使用で多用する4速から9速はほとんど変わらない感覚で乗れます。
1速から3速は、つらい時にあると嬉しいです。

また、これは私だけが感じているのかもしれませんが、
スプロケットが大きく重くなったことで
フライホイール効果が生まれている感じがします。

ある程度漕いでいくと、
一定のリズムでペダリングするのが楽なのです。
自転車から、前進する力を感じます。
以前より巡行しやすくなりました。

オートバイも
クランクやフライホイールが重いと
鋭い加速には不利ですが
ゆったり乗るのには有効だと思います。

もしかしたら、
この鉄のでかいスプロケには
そういう効果があるのかもしれません。


シフターのフィールは
今までのAltusと比べると
カチカチしている感じです。
一速一速きっちり変速します。
ただ、RD-R51M+11-34Tスプロケのほうが
変速はスムースかも。
ちょっと、がちゃってなることもあります。

でかいスプロケだから
あたりまえかな。

あと、試運転中に
一度だけチェーン落ちしました。
ナローワイドチェーンリングのおかげで
今までチェーン落ちしたことなかったので
ついにしたか!と思いました。

その後調整を続け
再発はないのですが、
必要ならチェーンウォッチャー装着も検討します。




KIMG6063




あと、ミドルゲージとはいっても
やはり地面にディレイラーが近づいていますよね。
舗装路ではそうそうヒットしないと思いますが、
ダートではディレイラーを地面にヒットさせてしまう予感がします。

それに対しては
腹案があります(石橋家の息子みたいだな)



こうご期待?

皆様こんばんわ。

自転車、楽しんでいますか?
最近、楽しくて仕方ありません。

私の愛車、KhodaaBloom Rail 20ですが、
チェーンリングを56Tの大径化としたことに伴い
リア周りはShimano SORA RD-R3000-SSCS-HG400-9 11-32Tの組み合わせで
ノーマル同等の坂道性能(ノーマル1速ギヤ比 1.73 うちのは1.75)を確保していました。

もとより軽量なミニベロであり、近所の急坂レベルなら
そこまで大きな問題なく登れており
通勤などの日常使用に何の問題もなかったのですが、
今までのツーリングで前の自転車Focus Mares AX 3.0
でしばしば激坂で撃沈していた私は、
今後来るべき激坂との闘いのため
もっと心に余裕のあるギアが欲しい!という思いがぬぐえませんでした。
(いつ激坂に行くのかは知らないけど)

いろいろ考えたなかには
10速化してshimano "ZEE"ディレイラー RD-M640-SS
を組み、ショートケージで11-36Tを動かす!という案があったのですが
通勤使用であり9速の耐久性/信頼性のほうが有益性が高く、
この案は没になりました。

ただ、9速でいくと現在の32Tの上を行くのは34Tなのですが
このRail20に組み合わせたいディレイラーがなかなかなく
悩んでいました。
素直にSORAのRD-R3000-GSを組めばよいのですが、
ミニベロにGSケージはどうなんだろう?とかいろいろ悩んでいたのです。

GSゲージは20インチ以下の小径車には使用しないほうがいい
というShimanoの説明書の文言もあり
(Zombieさんのブログの
(「ディレイラー交換とサムシフター化」を参考にいたしました)
うう~んって頭を抱え
「これは、もう32Tで坂に挑め!ということだ!」と自分に言い聞かせていたのです。
でも、その後、105のディレイラー説明書にはそんなことは書いていない
ことに気づき、ええ~?GSゲージをミニベロに組んでもいいのかな?などと思い始めます。
そして、ある日Birdyのミニベロを見かけたとき
birdymonocoquestandard_cyan





birdymonocoque_image03
すげえディレイラーが地面の近くまで来ている!
ことに気づいてびっくりしました。
これで市販している自転車があるのなら、
SGSゲージを組むわけでもないのにそこまで神経質にならなくてよいのではないか?
という気持ちになりました。

アラヤのマディフォックスミニ
のようにSGSゲージを採用しているミニベロもあることにも気づきました。

で、あれば私も34Tを!
行くぞ!行ってやる!
(…でも、できればSORAじゃないディレイラーで組みたい…)
何て悩んでいた時に
こいつの存在に気づいてしまいました。

microSHIFT RD-R51M


RD-R51M
なんですか、このかっこいいディレイラーは!
4600Tiagraや5700 105、旧Shimano10速と互換性あり。
(当然9速も大丈夫)
ロースプロケットは34Tまで許容。
microSHIFTは手持ちのミニベロ本を観ていたら
ディレイラーメーカーで名前が出ていて存在を知りました。
台湾のメーカーで、シマノ、カンパニョーロ、スラムに続く第4のコンポメーカーとも言われているそう。

個人的に台湾が好き(いいとこですよ)なこともあり、
一気にスイッチが入ります。
KIMG5593


KIMG5621

Amazonで一気に購入!してしまいました(笑)
ああ…ああああ…

KIMG5603~2
先日ゲージゆがみが判明、外していたSORA RD-R3000-SS と長さを比べますと
ミドルゲージでは、そんなに極端に長さが違うわけではなさそうです。

KIMG5625
KIMG5626
KIMG5627

組付けました!

組付けは非常にスムーズで、精度に問題は感じませんでした。
調整にて11-34Tでパキパキ気持よく変速します。
SORAや、前の自転車で使用していた105のディレイラーとも遜色ないフィールです。
(調整はShimanoのディレイラー調整と同じです。外から2枚目のギヤから3枚目に行くところでシフターの遊びの分を押し、異音がし始めるところがベスト。この状態になるととてもうれしいです)

シルバーのポリッシュで質感が大変高く、
高級感を感じます。
めっちゃかっこいい!

KIMG5631

「Mega Sprocket」の文字が誇らしげ。




これだよmicroSHIFT
とびきりのスプロケットを生かす
とびきりのディレイラー
どうしてこんなディレイラーを作れるんだ

…湾岸ミッドナイトの平本っぽく感動。
自分の趣味にお金を使うと、
平本みたいな気持ちになってしまう
(スケール違うけど)
世界一愚かな男だ(嘘)



KIMG5531

SORA(RD-R3000-SS)と比較。
機能的にはSORAで十分なんだけれど
質感でRD-R51Mの勝ち。
Shimanoでも、ああいう質感のディレイラーがあればいいのに。
クロモリバイクとかに組めば
すごい雰囲気よさそうだと思う。


KIMG5628

僕の自転車、
だんだんかっこよくなってきた!
…自己満足。

あ、11-34T(11-13-15-17-20-23-26-30-34T)は、
11-32T(11-12-14-16-18-21-24-28-32T )と比較し
私はワイドレンジで乗りやすいと思っています。
チェーンリングを56Tにしてから5-8速あたりを多用していますが
52T時代と比較しすべてに余裕があり、長距離も楽です。
普通の急坂は3速で登ります(?)

近所のきつい急坂も試しましたが、
ローギヤがたった2T増えただけなのにすごい余裕感がありました。


本当、自転車が楽しくてやばい。
事故らないように気を付けようと思います。


ではでは。




↑このページのトップヘ